水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

シャワーから水漏れする原因は?自分でできる対処法

カテゴリー:お風呂・浴室の水漏れについて

蛇口を閉めたはずなのに、シャワーからポタポタと水がしたたっているのは、水漏れを起こしている可能性があります。水漏れを放っておくと水道料金がかかってしまううえに、カビや雑菌が繁殖しやすくなり、衛生的にもよくありません。そこで、水漏れが起きる原因や対処法を紹介します。

水漏れの原因と見分け方

シャワーの清掃イメージ

シャワーが水漏れを起こしている場合、主に3つの原因が考えられます。原因の1つ目はシャワーヘッドの内部に残留水が残っている場合です。シャワーを止めた後、ヘッドの中に残った水がポタポタと漏れてくることがあります。しかし、これはシャワーヘッドの構造上起こり得る現象で、故障やトラブルではありません。残留水による水漏れは、シャワーヘッドを上に向ければ止まります。

シャワーヘッドを上向きにしても水漏れが止まらない場合は、蛇口や水栓が故障しているかもしれません。簡単な故障であれば、自分でナットやバルブを締め直したり、パッキンを交換したりするだけで解決します。

しかし、蛇口そのものが老朽化している場合は、交換が必要です。水栓にも問題がない場合は、シャワーヘッドやシャワーホースの故障と考えて良いでしょう。シャワーホースを無理に伸ばしたり強い力を加えたりすると、「ホースに亀裂が入る」「ヘッドとホースの接続部がゆるむ」ということがあります。

また、ホースの先端にあるパッキンの劣化や破損などのトラブルも考えられます。ただし、「接続部のゆるみを直す」「接続部にたまった汚れを取り除く」などで解決できる場合もあるので、一度ヘッドを外して状態を確認してみましょう。

シャワーヘッドの残留水の抜き方

シャワーヘッドの残留水による水漏れは、故障ではありません。しばらく放っておけば自然と水が止まります。止まるまで待てないようなら、ヘッドを分解して水を抜きましょう。

シャワーヘッドは左に回せば、簡単にホースから外れます。外したヘッドとホースの中から水を抜き、元通りに組み立てれば、水漏れを解消できます。しかし、シャワーを使うたびに分解して水を抜くのは手間がかかるので、残留水が漏れない仕組みになっているシャワーヘッドにとりかえるのもおすすめです。

購入したばかりのころは残留水がなかったにもかかわらず、水漏れを起こすようになったという場合は、シャワーヘッドが老朽化している可能性があります。シャワーの耐用年数は10年前後です。不具合が見られたらシャワーヘッドやホース、蛇口本体を含めて、劣化や老朽化している部分がないかチェックしてみましょう。

蛇口や水栓が故障している場合

蛇口からの水漏れイメージ

残留水を抜いても水漏れが止まらないようであれば、蛇口本体が故障している可能性が高いです。まずはバルブやナットがゆるんでいないか確認しましょう。ゆるんでいる部分があればしっかりと締め直します。

それでも水漏れが止まらなければいったん止水栓を閉め、蛇口本体を分解して中の状態を見てみましょう。劣化したり破損したりしているパーツがあれば、交換する必要があります。部品はホームセンターなどで実物を見ながら購入することをおすすめします。型番や品番が同じ部品、または互換性のある部品でなければ、組み込むことができません。

心配があれば、メーカーの相談窓口に問い合わせて、型番を聞いてみましょう。メーカーによっては直接部品を取り寄せられる場合もあります。ただし、蛇口本体が老朽化していると、パーツの交換だけでは対応できません。部品と同じく、蛇口も市販されているので、自分で取りつけることも可能です。蛇口を購入する際は、事前に水道管や給水管のサイズを確認し、合ったものを選びましょう。

また、蛇口を分解したり組み立てたりするときは、元通りに直せるよう携帯電話やスマートフォンで写真をとりながら作業をすると安心です。

シャワーが故障している場合

蛇口の修理や交換をしても水漏れが直らない場合は、シャワーヘッドやホースの故障を疑いましょう。シャワーヘッドはホームセンターなどでさまざまな種類のものが販売されており、交換も簡単です。

ただし、ホースの種類によっては、取りつけ用アダプターが必要になることがあります。アダプターはシャワーヘッドに付属されている場合が多いですが、合わなければ別途で購入しなければいけません。シャワーヘッドとホースがしっかり接続されていないと、やはり水漏れの原因になってしまうので気をつけましょう。

また、シャワーホースと蛇口の接続部から水漏れすることもあります。水漏れが確認できたら、まずは接続部のナットを締め直します。ナットを締めても改善されない場合はいったんホースを外し、パッキンがずれたり破損したりしていないかチェックしましょう。パッキンを交換しても解決しなければ、エルボが故障している可能性があります。エルボとは蛇口とホースの接続部分に入る部品です。エルボを新しいものに交換して、水漏れが直るか確認しましょう。

まとめ

蛇口本体のイメージ

水漏れの解消には、蛇口本体をとりかえなければならない場合もあります。蛇口そのものは市販されているため、比較的容易に手に入りますが、取り付けには専用の工具が必要です。

説明書をよく読み、自宅の給水管に合ったものを選ぶ必要があります。自分で取りつける自信がなければ、無理をせず専門業者に依頼をしましょう。見積もりは無料で行ってくれる業者も多いので、複数の業者に相談し、もっとも信頼できる業者を選ぶと良いでしょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください