水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

冬到来!水道の凍結トラブルに備える防止法と対処法

カテゴリー:水道管・排水管の水漏れについて

目次

冬場になると各地で起こるのが 水道の凍結トラブルです。水道が凍結すると、お風呂やトイレ、台所など、全ての水道が使えなくなってしまうこともあります。ここでは、そうした水道の凍結トラブルのための対処法を「被害」「凍結の予防法」「凍結時の対処」という3つの観点から解説していきます。

水道が凍結してしまった!そのときに起こる被害とは?

水道の凍結が引き起こす一番深刻な被害が水道管の破裂です。

冬場に気温が氷点下3度以下になると水道管の中の水が凍りやすくなります。水が凍って個体になり、狭い水道管の中で体積が増えると、水道管を内側から膨張させて破裂させてしまうのです。ひとたび水道管が破裂してしまうと、その次に起こる被害が断水です。水道管が破裂した箇所によって断水の規模は変わってきますが、1軒のみや数戸の断水で済むケースもあれば、1万戸単位の大規模な断水が起こったケースも記録されています。

断水で水道が使えなくなってしまうと、たちまち日常生活に支障をきたします。お風呂やシャワーが使えなくなり、トイレが流せなくなります。煮炊きが必要な食事の準備ができなくなり、ミネラルウォーターやレトルト食品などで急場をしのいでも、食器や調理器具が洗えなくなってしまうので日々の食事にも困ります。断水が長期間続くようなことがあれば、私たちの日常は完全に破綻してしまうのです。

水道管の凍結トラブルの中では、漏水も厄介な被害を引き起こします。凍結して破裂した水道管からどんどん水が漏れて、水浸しになってしまうのです。漏水の恐ろしいところは、気付かないうちに被害がどんどん広がってしまうことだといえます。例えば、冬場に長期間留守にしていた家で凍結による漏水が起こり、帰宅してみると水浸しになっていた事例があります。一軒家であれば被害は自宅だけで済みますが、アパートやマンションだと漏水の被害は階下にまで及びます。

冬への備え!水道を凍結から守ろう

水道凍結の対処法として必要なのは、「どういった場所の水道が凍結しやすいかを知ること」です。特に凍結しやすいのは、以下のような場所を通っている水道です。


・屋外に設置されている蛇口や散水栓
・北向きにあるトイレや洗面所の水道
・給湯器に接続されていて一部がむき出しになっている水道管

こうした場所の蛇口や水道管には、保温材での保護が有効です。簡単に取り付けられる専用の保温材がホームセンターなどで売っているので、冬が近くなってきたら準備しておきましょう。また、保温材はタオルや毛布などでも代用可能です。ただし、気温が非常に低くなる地域や寒波が長期間続くような時期には、保温材で覆っていても凍結が起こることがありますので、油断しないようにしましょう。冬場は水道の蛇口を完全に締めずに少しだけ開けて出しっぱなしにして常に水を流しておくことで凍結を防ぐことができます。夜間に水を出しっぱなしにしておくのはもったいないようにも思えますが、凍結による破裂や断水による不便さを考えると背に腹は代えられません。せめて再利用できるようにバケツなどに貯めておきましょう。

冬場に長期間家を空けることがわかっている場合には、止水栓を締めておきましょう。留守中に水道管が破裂しても、止水栓さえ締めておけば漏水を防ぐことができます。

水道管が凍ってしまった!適切な対策と行動

いくら予防策を講じていても、自然が相手のことですから予想外の寒波や大雪で水道管が凍結してしまうことはありえます。水道管が凍結してしまったら、凍結している部分にタオルなどをかぶせて、その上からぬるま湯をかけましょう。また、蛇口や水道管にドライヤーの温風を当てるのも有効です。この時に注意しなければいけないことは、決して熱湯をかけたり、設定温度を高くした熱風を当てたりしてはいけません。急激な温度変化のせいでかえって水道管を破裂させてしまう危険性があるからです。水が出ない原因が明らかに水道管の凍結だとわかっている場合は焦って解凍してしまいがちですが、気長に時間をかけて解凍しましょう。

また、「どこが凍結しているか」を特定するために、出ないのが水なのかお湯なのかを確認しておくことも有効です。お湯だけが出ない場合は、給湯器の給水管が凍結している可能性が高いといえます。水もお湯も出ないというときは、水道メーターや給湯器付近の露出している水道管に原因がある可能性が高いです。こうした処置で解決しない場合や、凍結で水道管が破裂してしまった時には、すみやかに水道修理業者に連絡しましょう。水道のトラブルは一刻を争うので連絡をすればすぐに駆けつけてくれますし、業者によっては早朝や深夜でも対応してくれます。特に、漏水が発生している時には修理が遅れれば遅れるほど被害が広がってしまうので、水道修理業者へ早めに連絡しましょう。

まとめ

冬場の気温の低下で水道管が凍結・破裂してしまうと、断水や漏水などの被害が出てしまいます。防止策としては、「水道管を保温材などで保護する」「蛇口を少しだけ開けておく」「長期間留守にするときには必ず止水栓を締めておく」などの方法が有効です。それでも解決しない場合や水道管が破裂してしまった時には、すみやかに水道修理業者に連絡をしましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください