トラブル一覧

全て

お風呂

キッチン

トイレ

その他

カテゴリー
お風呂

突然、浴槽の水の流れが悪くなってしまった!

一度に大量の水が流れるお風呂場。突然、流れが悪くなってしまうトラブルの声がたくさん寄せられています。
浴槽の水つまりは、お風呂の排水管が髪の毛や油分などによって塞がれてしまうことが原因の大半を占めています。
またほかにも、誤って石鹸やアクセサリーなどの固形物を流してしまったり、経年劣化や自然災害によって起こる下水トラブルによってつまってしまう場合もあります。長年のこびりついた汚れはなかなか落ちません。こうした原因が重なって、突然全く水が流れなくなってしまうこともあります。そんな時は水の生活救急車までお電話ください!状況を確認し、原因を調査した上で作業に入らせて頂きます。
髪の毛が原因でのつまりは、基本的には手で直接取り除きます。それが難しい場合には、ローポンプ(空気圧)やトーラー(ワイヤー)などを使用してつまりを解消することが多いです。
また、石鹸やアクセサリーなどの固形物がつまってしまった場合には、トーラー(ワイヤー)を使用して取り除くことが多いです。
調査してもつまりの原因が分からない場合には、詳細を伺い、排水管の状況を確認した上で、ローポンプ(空気圧)などの作業でつまりがとれるか確認します。
お風呂の排水溝は非常につまりやすいです。市販の排水溝用ネットなどをご利用頂き、日ごろから清潔にするよう気を付けて頂けると、トラブルが起こりにくくなります。

カテゴリー
お風呂

お風呂のシャワーから水漏れしている!

シャワーからの水漏れは、シャワー部品の交換か、混合水栓の部品交換で修理できることが多いです。
シャワーヘッドからの水漏れの場合は、残留水が原因となっている可能性があります。しばらく放置して残留水をなくすか、分解できるものであれば分解して頂き、シャワーヘッド内の水を抜きましょう。それでも止まらない場合は他の原因が考えられますので、水の生活救急車までご相談ください。
シャワーホースのどこかから水が漏れている場合は、シャワーホース自体が破れてしまっている可能性があります。新しいホースを付け替える作業が必要になります。
シャワーのヘッドやホースが原因でない場合は、混合水栓本体の故障が原因になっている可能性があります。
まずは壊れた部品や劣化したパッキンなどがどこにあるのか調査します。原因が特定できたらその部品を交換します。
混合水栓の劣化状況によっては、蛇口や本体の交換をお勧めすることもありますが、すべて水の生活救急車で対応できますので、ご安心してお任せください。

カテゴリー
キッチン

キッチンの排水溝がつまってしまった!

日常的に使用するキッチン。毎日色んなものを流すため、突然つまってしまうケースがあります。
排水溝に異物が詰まった場合にはそれを取り除くことで解決できるのですが、それ以外は食べかすや油汚れなどが固まって排水管を塞いでつまっている場合が多いです。ゴミや油汚れの塊は、トーラー(ワイヤー)を使用して取り除きます。
また、タワシや食器洗い用のスポンジといった固形物がつまってしまった場合にも、トーラー(ワイヤー)を使用して取り除くことが多いです。シンクしたのトラップで留まっている場合は、直接取り出すこともあります。
トーラーでの作業でつまりの原因を取り除けなかった場合には、まずは状況を詳しくお伺いし、空気圧でつまりが取れるかを確認することが多いです。状況によっては、高圧洗浄などの作業になることもあります。
キッチンのトラブルは目に見えにくいところに潜んでいる可能性があります。放っておくとつまり以外にも、悪臭やコバエ発生、パイプの破損などの大きなトラブルに繋がってしまう恐れがあります。
いつもと少しでも違うと感じたら、お早めに水の生活救急車までご相談ください。

カテゴリー
キッチン

キッチンの蛇口から水が漏れている!

キッチンのトラブルで一番多いのが、蛇口からの水漏れです。蛇口からの水漏れは、吐水口のフィルターなどが汚れてしまっていることが原因になっていることもあります。もし水漏れが止まらない場合は、一度この部分を確認してみてください。
フィルターが原因でない場合は、蛇口内部のパッキン交換やスピンドル交換で修理できることが多いです。修理する際は、まず止水栓を締めてから作業に入ります。その後水栓を分解し、蛇口内部の部品交換を行います。
また、それ以外にも蛇口自体が劣化・破損していることが原因で水漏れが起きてしまうこともあります。
原因はさまざま考えられます。水の生活救急車では詳しく状況を伺い、調査した上で適切な修理作業に取り掛かりますので、ご自身で原因や対処法が分からないようなトラブルでも、お気軽にご相談ください。

カテゴリー
トイレ

トイレがつまって流れない!

トイレは毎日何度も使いますよね。トイレットペーパーも一度に大量に流すと、つまってしまう恐れがあります。もしトイレットペーパーによってつまってしまった場合には、ローポンプを使用し、空気圧でトイレットペーパーを押し流します。
もしトイレットペーパー以外を流してつまってしまった場合には、どんなものを流してしまったのかお教えください。おむつを流してしまった場合には、便器を取り外す作業になることが多いです。なぜかというと、おむつは水を含んで膨張してしまうため、ローポンプの空気圧で押し流すことが難しいからです。そのため便器を取り外し、直接取り出さなければならないことが多いです。またタオルやハンカチといった布製品によるつまりの場合も、排水管でつまることが多いため、空気圧では押し流すことが困難です。そのため、便器を取り外して直接取り出します。
石鹸や小さなタワシといった、比較的小さな固形物がつまってしまった場合には、トーラー(ワイヤー)を使用して取り出します。小さなものは排水管の奥でつまりを起こすため、トーラー(ワイヤー)を使用します。
おもちゃや携帯電話、スマートフォンなどの少し大きい固形物の場合には、便器内で留まっていることが多いため、便器を取り外して直接取り出します。
トイレのつまりの原因もさまざまあります。まずは状況をスタッフにお伝えください!その後現場を調査し、適切な方法でつまりを解消いたします。

カテゴリー
トイレ

トイレの床が濡れている!どこかから水漏れしている!

気が付いたらトイレの床から水浸しになっていたという経験はありませんか?トイレの水漏れは、簡単に対処できない場合が多いです。すぐに原因を突き止めて対処する必要があります。もし便器と床の接地部分から水が漏れていた場合、結合部品の修理が必要になることがあります。その際は便器を取り外す作業になりますので、あらかじめ説明させて頂き、お見積りにご納得頂いてから作業させて頂きます。
トイレの水漏れの原因は他にも考えられます。給水管などのパイプのジョイント部分から水漏れしている場合は、パッキン交換で解決できることが多いです。給水管そのものが損傷している場合には、給水管の交換が必要になります。
タンク下からの水漏れは、密結パッキンの交換や密決ボルトの交換になることが多いです。その際はタンクを便器から外す作業となります。
意外と多いのが、ウォシュレットからの水漏れです。毎日使用する部分なので、自然と劣化してしまい、水漏れの原因となることがあります。ウォシュレット本体のタンクや接続部分から水漏れしている場合は、本体の修理や接続部分のパッキン交換が必要になります。
水の生活救急車ではどこが原因になっているのかしっかり調査した上で作業を行いますので、安心してお任せください。

カテゴリー
その他

排水管がつまっている!

水が流れにくい時、排水管がつまってしまっている可能性があります。多くの場合は、排水管内に残飯などのゴミや、洗剤カスや油汚れによるぬめりが原因となって、つまりを引き起こしています。一度つまってしまうと、年に1~2回程度、排水管の高圧洗浄が必要だと言われています。戸建て住宅に比べ、マンションなどの集合住宅の場合は勾配や落差が小さいため、排水しにくい特徴があります。メンテナンスを怠ると排水管の破損によって今度は水漏れや排水不良を起こし、悪臭を発する可能性もあります。排水管の洗浄や修理も、水の生活救急車にお任せください。素早く適切な作業でトラブルを改善致します。