水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

キッチンの蛇口から水が止まらない!トラブル別に見る解決法

カテゴリー:キッチン・台所の水漏れについて

キッチンで水を使用した後、蛇口をしっかりと閉めたにもかかわらず水が止まらなくなってしまった経験があるという人もいるのではないでしょうか。水道トラブルは、一時的なトラブルであっても、水が出ている限り、水道の使用代金が請求されてしまいます。このため、トラブルにあったときには特に慌ててしまうという人もいることでしょう。

ここでは、水道トラブルにあったときに落ち着いて対応するために事前に知っておきたい、自分でできる解決方法についてトラブル状況別にご紹介します。

まずは確認しておきたい!トラブルを起こしている蛇口の種類

蛇口のイメージ

水道トラブルの修理を行うためには、まず、トラブルを起こしている水道の蛇口の種類を知ることが必要です。蛇口の種類によって行うべき対応方法は異なってきます。一般的な住宅で使用されているキッチンの蛇口は「2ハンドル混合水栓」と「シングルレバー混合水栓」の2種類です。

2ハンドル混合水栓には、お湯が出るハンドルと水が出るハンドルの2つのハンドルがあります。ハンドルを開閉させることでそれぞれから出る水とお湯の量を調整させて、バランスを取りながら温度調整を行うスタイルの蛇口です。

一方、シングルレバー混合水栓のハンドルは1つしかありません。1つのハンドルを左右上下に動かすことによって、水を出したり止めたり、また温度を上げたり下げたりといった調整を行います。2種類の蛇口は使用方法が異なるだけではなく、内部の構造も違うため、水漏れなどのトラブルがあった際には、それぞれの造りに合った修理を行うことが必要となるのです。

2混合水栓のハンドルからの水漏れはパッキンの劣化が原因

2ハンドル混合水栓の水漏れで多く見られるのがハンドルの下などから水が漏れだすケースです。このようなトラブルの原因として考えられるものとして、ハンドル部に付いているパッキンの劣化を挙げることができます。パッキンの劣化によるトラブルは、大量に水が漏れるわけではなく、少量の滴がポタポタと落ちるような水漏れが起きるケースが多いことが特徴です。また、2ハンドル混合水栓は構造的に比較的長持ちする商品が多いという傾向があります。このため、寿命が長い分、使っているうちに蛇口が劣化して水漏れが起こりやすくなるのです。

劣化による水漏れは、ハンドル部に付いたパッキンを新しいものと交換することで解決します。

まず、ハンドルなどパッキンの上に取り付けられているものを本体から外しておきます。そして、古いパッキンを取り除いたら、新しいパッキンを取り付けてハンドルなど外した部品を元通りに組み立てていきましょう。商品にもよりますが、新しいパッキンはホームセンターなどで比較的安価に購入することが可能となっています。

ハンドル内部のパッキンの劣化!2ハンドル混合水栓の吐水口からの水漏れ

ハンドルをしっかりと止めても、吐水口からポタポタと出る水が止まらないといった水道トラブルもあります。2ハンドル混合水栓で、このようなトラブルが起きる原因として考えられるのは、ハンドルからの水漏れと同じくパッキンの劣化が原因です。ハンドルの内部にあるパッキンが劣化していることにより、ハンドルをしっかりと閉めてきることができなくなって水漏れを引き起こしています。

このような水漏れへの対応としては、ハンドルからの水漏れと同じように、パッキンの交換が必要です。パッキンの上に付いている部品をすべて取り外し、古いパッキンを新しいパッキンに交換することが解決法となります。多くの場合、この方法で解決することが多い傾向です。しかし、パッキンを交換しても水が止まらなかった場合には、水栓全体の劣化が原因となっているため、本体すべてを交換することが必要となります。

シングルレバー混合水栓の吐水口から水漏れ!カートリッジの交換が必要?

ハンドルで流水を止めているのに吐水口から出る水が止まらないといった水道トラブルはシングルレバー混合水栓でも起こるトラブルです。このようなトラブルはバルブカートリッジの故障によって起こることがあります。バルブカートリッジは使用されている蛇口によって異なるため、事前に適合するバルブカートリッジの型番を確認してから購入することが必要です。

バルブカートリッジをどこで手に入れればよいのかわからない場合には、メーカーなどに販売先を問い合わせてみましょう。バルブカートリッジを交換する際には、まず、水道の元栓を閉めておき、レバーハンドルを外します。レバーハンドルは通常、ハンドル後部にあるネジを外すと取り外すことが可能です。その後、順に、止めバネやスペーサー、ストッパーと部品を分解していきます。そして、古いカートリッジを新しいカートリッジに交換したら、取り外したときと同じように部品をすべて元に戻しておきます。

シングルレバー混合水栓のレバー下から水漏れ!原因は構造上できる「遊び」のスペース

シングルレバー混合水栓のイメージ

シングルレバー混合水栓はレバーを上下左右に動かすことで水量や水温を調整する蛇口です。このため、レバーを動かしやすいように、構造上、レバーの下の部分に「遊び」の空間が造られています。

そして、このシングルレバー混合水栓特有の「遊び」の空間から水漏れが起きてしまうことがあるのです。このような水漏れの対処法には、バルブカートリッジを交換するという方法があります。バルブカートリッジで使用されている部品の中のどれかに劣化や損傷が起きていることでレバー下の「遊び」のスペースで水漏れが起きてしまっている可能性があるからです。

バルブカートリッジは一般的に10年以上使用すると劣化した状態となりやすいとされています。長く使用している場合には、大きなトラブルとなる前に、早めに交換しておくと安心でしょう。

まとめ

蛇口のイメージ

一口に蛇口からの水漏れと言っても、蛇口にも種類がありますし、原因となっている箇所も様々です。 まずは水漏れしている蛇口の種類をきちんと把握し、それから原因を探れば、ご自身での修理も可能です。

ただ原因がよく分からない状態で作業してしまうのは危険なので、少しでも不安があればすぐ業者に相談するようにしましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください