水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

トイレタンクを交換するメリットと交換時期の目安

カテゴリー:トイレの水漏れについて

住宅に欠かせない設備の一つが「トイレ」です。 一度設置すると交換するのが難しい設備ですが、適切な時期にリフォームを行うことで、さまざまなメリットを得られます。 トイレタンク交換に適した時期とは、具体的にいつ頃なのでしょうか。 また、交換リフォームを行うことで得られるメリットとは、どのようなものなのでしょうか。

気になる点を詳しく解説していきます。

トイレの交換、目安は20年程度

給湯器

トイレの便器やタンクは、陶製のものが多く、非常に頑丈にできています。 素材そのものが劣化するということはないので、環境が良ければ50年以上使うことも可能だと言われています。

とはいえトイレは、便器と便座のみで作られているわけではありません。 タンク内部には水を流すために必要なパイプやパッキンといった、消耗する部品などが使われています。 また便座にも、ウォシュレットや暖房機能がプラスされているものも増えています。 残念ながらこうしたパーツは、便器やタンクのように長持ちするものではありません。

設置から10年が経過すると、徐々にトラブルが起き始めます。 20年経過するころになると、故障部位が多くなったことや、全体の汚れが気になるなどの理由で、リフォームを検討する方が増えてきます。

また、タンクや便器のひびわれや破損など、何かトラブルを発見したときにはもちろんすぐに対処しましょう。 目安年数にこだわらず、修理や交換を行うことで、更なるトラブルを防ぐことができます。

20年が経過すると、トイレ業界の技術も進み、より良い商品が発売されていきます。 また、生活する家族のスタイルも変わっていることでしょう。 「今の家族」に合わせて、最新の美しいトイレに変えることは、生活の質を向上させることにつながるはずです。

トイレタンク交換のメリットとは?

シャワー

トイレタンクを交換するメリットは、以下の三つです。

  • 節水効果が期待できる
  • トイレスペースを有効活用できる「タンクレスタイプ」も選択できる
  • 清掃性が向上している

最近のトイレは、20年ほど前の機種と比較して、使う水の量がかなり少なくて済みます。 1975年以前のトイレは、一度の排水で20リットルもの水を使っていました。 しかし最新のトイレでは、一度に使う水の量を5リットル以下に絞っている節水タイプの機種も多くなってきています。 節水効果が高くなれば、当然ランニングコストにも差が出てくるでしょう。

また、人気が高いタンクレスタイプを選択できるのもメリットの一つです。 トイレと言えば、ごく限られたスペースというイメージを抱く方も多いはずです。 その限られたスペースを有効活用できるのが、タンクレスタイプのトイレです。 タンクがない分、スペースを広くできるので、人が動くスペースや収納場所が広く確保できます。

さらに、掃除のしやすさにこだわるトイレも数多く発売されてきています。 家の中でも汚れが気になりやすい場所ですが、自動で洗浄してくれる機能や、汚れが付きにくい工夫が施されているトイレが増えていますから、毎日の掃除も楽になるはずです。

交換リフォームが気になったら

給湯器

トイレの交換リフォームが気になったら、水回りのプロに相談するのが一番良いでしょう。 トイレの交換を素人が行おうとすると、水に関するトラブルを起こす可能性が高くなります。 快適に使い続けていくためにも、取り換え工事はプロに任せましょう。

トイレ交換を請け負ってくれる会社は数多くありますから、まずは見積もりを依頼し、詳しい話を聞いてみましょう。 メリットだけではなく、デメリットにまで目を向けて、詳しくアドバイスをしてくれる業者であれば信頼して任せられます。 いくつかの業者を比較検討した上で、施工を依頼する業者を決定すると良いでしょう。

まとめ

バスルーム

住宅リフォームや設備交換の中でも、トイレリフォームは人気メニューの一つです。 毎日欠かさず使う場所だからこそ、トラブルを発見した場合には速やかにプロに依頼をしてみてください。 家族みんなの満足度がアップするはずです。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください