水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

原因別のトイレのトラブル料金について

カテゴリー:トイレの水漏れについて

トイレは、家族みんなが快適に生活するために、欠かせない場所です。 一日に何度も使うのが当たり前ですが、時間の経過と共に、徐々にトラブルも増えてしまいます。

万が一トイレのトラブルを発見したときには、素早く行動することが大切です。 いざというときに迷わないため、トイレの各種トラブル解決を専門業者に依頼した場合、費用はどれぐらいかかるものなのか、目安をお伝えしていきます。

トイレのつまりトラブル

レンチイメージ

一般的なトイレのトラブルとして挙げられるのが、「つまり」です。 トイレがつまってしまうと、水を流すためのボタンやレバーを押しても、水や汚物が流れていかなくなってしまいます。

普段なら水の量が一定ラインを超えないよう設計されているトイレですが、うまく排水されないことで、便器から水があふれることにもつながってしまいます。

軽度のつまりを放置すると、より重大なトラブルへと進行してしまうケースもありますから、異常を発見したら素早く行動することが大切です。

トイレのつまりの原因はさまざまですが、トイレ設備のどこにどのようなものがつまっているのかによって、作業内容も変わってきます。 当然作業費用も変わってきますから、注意する必要があります。

気になる作業内容と費用の目安

電卓

一般的なトイレつまり解消用の専門機具を用いてトラブルを解決する場合には、基本料金に作業料金を含めて、11,000円~15,000円程度で済むことが多いようです。

これではつまりが解消できないと予想される場合には、より高度な専門機具を用いて作業を行うことになります。 ハイスパットと呼ばれる、強い水圧を用いた機械を使ったときの費用は、15,000円から18,000円程度を予想しておくと良いでしょう。

配管の内部に異物が混入しており、水圧で押し流すことができないと判断されたときには、先端に金具のついたワイヤーを配管の中に差し込み、内部を清掃することになります。

このときに使われるのがトーラー機と呼ばれる機械ですが、基本料金と作業費込みで15,000円から25,000円程度が目安の費用です。 ワイヤーをどれだけ伸ばす必要があるのかによっても費用が変わってきますから、事前にしっかりと見積もりをしてもらいましょう。

このほか、高圧洗浄機を用いて作業を行う場合もあります。 費用の目安は20,000円程度ですが、こちらも長さによって追加費用がかかるケースがあるので、事前に確認しておくと安心です。

最後に、最も費用がかさみがちな作業が、便器の取り外しを伴うつまり解消作業です。 便器の内部や、その先の配管内でつまりが生じている場合、便器をいったん取り外して作業をしなければならないケースもあります。

その分作業員の手間がかかってしまいますから、料金も23,000円~28,000円程度と高額になりがちです。

出張費や調査費を含めた価格だからこそ

トイレのつまりを解消するだけで10,000円から30,000円程度の費用がかかることを考えると、「やっぱり高いな」と思う方もいるかもしれません。

しかしこれらの費用には、出張費や現場の調査費用が含まれているケースがほとんどです。 プロの手にかかればあっという間にトラブルを解決してくれますから、費用対効果は高いと言って良いでしょう。

つまってしまったトイレは、生活の中で使うことができません。 プロの手を借りれば、できるだけ早くいつもの生活に戻れるでしょう。

トイレの水漏れトラブル

トイレのイメージ

つまりと共に多いのが、トイレの水漏れトラブルです。 水漏れトラブルの解決を業者に依頼した場合の費用の目安について、解説していきます。

トイレの水漏れ、原因は?

トイレで水漏れが起きる原因は、主に以下の2つです。

  • パッキンなど、部品の劣化
  • トイレタンク内への異物の混入

水が欠かせないトイレだからこそ、パッキンなどの専用の部品を用いて、水漏れが起きないように工夫されています。 しかし残念ながら、時間の経過と共にこれらの部品は徐々に劣化してしまいます。 きちんとした性能を保てなくなったとき、水漏れという形でトラブルが起きる可能性があります。

また、トイレで水が流れるのは、タンク内の「浮き玉」と呼ばれる部品がきちんと働いているからです。

何らかの事情でトイレタンク内に異物が混入すると、この「浮き球」の働きが阻害されてしまうケースがあります。 水を流したり溜めたりといった作業がうまくできなくなり、水漏れトラブルの原因になってしまうでしょう。

作業内容と費用の目安について

ではトイレで水漏れが起きてしまったときには、どのような修理作業を行うことになるのでしょうか。 気になる費用の目安と共に見ていきましょう。

トイレの水漏れは、部品の外れや緩みなど、ちょっとしたことが原因で起きている可能性もあります。 この場合、必要となる作業はプロの手による「調整」のみです。 出張費などを含む基本料金と作業費用を合わせて8,000円から10,000円で水漏れトラブルを解消できることでしょう。

パッキンなど、小さな部品が劣化している場合は、これを交換する必要があります。 こちらの作業も基本料と作業費で8,000円から10,000円程度が目安となります。

タンク内に異常がある場合は、タンクを開けて修理作業を行うことになります。 この場合は12,000円から15,000円程度の修理費用を目安にしておくのがおすすめです。

タンクを一度取り外す必要がある場合には、この費用に4,000円から5,000円程度の料金が上乗せされます。

トイレの水漏れでは、トイレと床の間から水が漏れてくるケースも少なくありません。 この場合、原因を正しく究明し、トラブルを解消するために「便器の取り外し」が必要になります。 水漏れ修理代金に、便器の取り外し費用がプラスされますから、事前にしっかりと説明してもらいましょう。

事前の見積もりが重要です

トイレの水漏れの原因はさまざまで、トラブルが起きている箇所によって、見積もり金額も変わってきます。 どこにどの程度のお金がかかるのか、わかりやすく説明してくれる業者を選ぶと安心です。

トイレの部品交換や取り付けについて

トイレの部品

近年では、トイレの劣化やトラブルが原因ではなく、「より快適な空間にするために」という理由でトイレの部品交換や器具取り付けを依頼される方も増えてきています。

たとえばシャワートイレや和風便座から洋風便座への交換などがこちらに当たります。 もちろん専門業者で請け負ってもらえますから、安心してください。

シャワートイレの取り付けは8,000円から15,000円程度、洋風便座への交換は27,000円から30,000円程度を提示されることが多いようです。 このほかにも、古いトイレの処分費用などがかかることがあるので、作業前に確認しておいてください。

まとめ

トイレのトラブルチェック

トイレのトラブルはできるだけ早く解決することが、二次被害を防ぐためのコツとなります。 水漏れなどのトラブルを放っておくと、カビや設備の劣化などにつながってしまう可能性も高いです。

「専門業者に依頼をするのは高いから…」と感じるかもしれませんが、トラブルを根本から解決し、より長く使える状態にするためには必要経費と言えるでしょう。

トラブルが深刻化しないうちにプロの手を借りることで、修理費用を節約できる可能性も高いですから、早めに決断することをおすすめします。

最後に、今回紹介した修理費用の目安は、あくまでも一例です。 業者によっても提示される価格には差がありますから、事前にしっかりと確認しましょう。

また、同じ「基本料金」でも、どこまでの内容が含まれるのかは、業者によって異なります。 必ず「全体でいくらになるのか」を聞いてから作業を依頼するようにしましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください