水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

マンションの水漏れ、発生原因と未然に防ぐ方法

カテゴリー:よくある水漏れトラブル

水漏れはただでさえ厄介な問題です。 これがマンションのような集合住宅となると、さらに悩ましい事態を引き起こします。 自分には落ち度はないのに部屋が水浸しになることもあれば、反対にこちらのミスでほかの住人に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

そんな二重三重のトラブルに発展する恐れのあるマンションの水漏れが起きる原因と、水漏れを未然に防ぐ方法を紹介します。

マンションの水漏れはなぜ起こるのか? 

マンション

マンションの水漏れの原因はさまざまです。 発生場所は台所・風呂・トイレなどの水回りがやはり多いですが、意外なところではエアコンなどの家電から水漏れが起こることもあります。 そのほかに、各所へ水を送る配管が壁の中や床下(天井裏)にあり、そこから水漏れが起こる場合があります。 さらにこれらを大きく分類すると、水の流しっぱなしなどの人為的な原因と、建物自体の劣化や欠陥による原因にわけられます。

マンションの場合は、そこに上下左右に暮らす住人という問題が加わってきます。 自分が被害者になる場合と加害者になる場合、その両方の可能性があるのです。 この問題が状況をややこしくしていきます。

マンションの水漏れの具体的ケース

配水管

もう少し具体的な例を見てみましょう。 台所の排水口やトイレに異物を流してしまい、配水管が詰まって水があふれることがあります。 古いタイプの浴槽なら、お風呂に水をためていたことを忘れてあふれることもあります(放置しておくと、部屋中水浸しです)。

それだけで悲惨な事態ですが、マンションの場合は下の階まで水が染み出てしまうことがあります。 床下、つまり下階の天井が抜け落ちたという、最悪の例も存在します

また、詰まった異物が他の階まで回ってしまうこともあるのです。 そのほか、ベランダに置いた洗濯機のホースが壊れたり、ベランダの植木鉢に水をやりすぎたりすることが原因となることも・・・。 その水が下の階にこぼれ落ちてしまうことも起こり得るのです。

マンション自体の不備による水漏れ

上記は住民側が原因になる事例です。 ほかには、マンション側の不備によって水漏れが起こるケースもあります。

特に、年数の経過した建物はどうしても給水管や配水管が劣化してしまいます。

外壁にできた亀裂から雨水が侵入し、雨漏りが起こることもあります。

また、新築なのに欠陥によって水漏れが発生することもあり得ます。 いずれにせよ、目に見えないところで進行しているという怖さがあります。

御近所トラブルは避けたい! 水漏れを未然に防ぐ方法は?

こうした事態に陥る前に、水漏れを防ぐ方法はあるのでしょうか。 自衛としてすぐできることは、家の中を定期的にチェックすることです。

台所では排水口の詰まりがないかを見ます。 さらにシンク下の確認も必要です。 水が漏れたような跡があるかもしれませんし、カビが繁殖しているかもしれません。 見えにくい裏側などもチェックしましょう。

「亀裂チェック」も重要です。 洗濯機なら排水ホースに亀裂がないかを見ます。 浴槽やトイレに亀裂が入る可能性もゼロではありません。

「シミチェック」も忘れてはいけません。 トイレや風呂場に不自然な濃いシミはないかどうかをチェックしましょう。

これらを毎日行う必要はありませんが、年に数回でも実行しておくと、変化に気づきやすくなり水漏れを防ぐことにつながります。

では、ほかの住人やマンション自体に問題がある場合はどうでしょう。残念ながら完全に防ぐのは難しいのですが、定期的にチェックすることで被害を最小限に抑えることは可能です。 壁や天井にシミがある場合などは、外からの影響が疑えます。

異変を見つけたら、早い段階でマンションの管理者に連絡しましょう。 大切な自分の家を守るばかりか、ご近所さんたちの生活を守ることにもつながるのです。

まとめ

蛇口

「上階のベランダから水が落ちてくる」 「天井にシミがある」 「家中の蛇口を閉めても、どこかで水が流れる音がする」

親しい住人同士なら直接言えるかもしれませんが、そうとは限りません。 また、原因の正確な特定は素人では困難なので、まずは管理人や管理会社などに相談してみましょう。 早期発見することが早期解決につながります。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください