水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

アパートで下の階に水漏れ被害・・・損害賠償を請求される?

カテゴリー:よくある水漏れトラブル

キッチンやトイレ、そしてお風呂など、人が生活していくなかで「水」は欠かせないものです。 家の中を見渡してみると、水が使える場所は意外と多くあります。

水が使えるということとセットで考えておかなければならないのが、「水漏れ」のリスクです。

もしアパートで生活していて水漏れを起こし、階下の部屋に損害を与えてしまったら、損害賠償を支払わなければならないのでしょうか。 いざというときのために、知っておきたいポイントをお教えします。

もちろん損害賠償を請求されます!

水漏れイメージ

アパートで生活していて、自身の不注意から水漏れを起こし、その被害が階下にまで広がってしまったら、当然損害賠償を請求されることになるでしょう。

水漏れ被害は、自室よりもむしろ階下の部屋に深刻な被害を与えてしまいます。 自室では床一面が水浸しになるかもしれませんが、階下の部屋では天井から突然水がしたたり落ちてくるという状況になります。 時間が経過するほどに、水漏れする量はどんどん増えてしまうでしょう。 家具や家電が水浸しになれば、もちろん故障や不具合が起きてしまいます。 また、水漏れ量が多ければ、復旧が完了するまで、そこで生活するのも難しくなってしまうでしょう。

階下の住民には何の落ち度もありません。 寝耳に水の出来事に対して、きちんと賠償をする必要があります。 とはいえ、損害賠償の範囲がどこまでに及ぶのかは、素人に判断するのは難しいところなので、プロの目に任せると安心です。

契約時の書類をチェック・・・保険で対応可能なケースもあります

書類

「損害賠償を請求される」と聞いて、ギョッとした方も多いはずです。 もちろんトラブルが起きないよう、事前にきちんとメンテナンスや清掃、そしてチェックも行っておくことが重要です。 しかしアパートやマンションの構造を考えると、リスクをゼロにするのは難しいと言えるでしょう。

だからこそ、万が一の事態が起きたときのために保険が用意されています。

通常、賃貸物件を契約するときは、保険への加入が義務付けられています。 火災保険や家財保険という名前で準備されていることが多いですが、水漏れへの補償がセットになっている保険商品も多くあります。 もし保険の内容に水漏れへの補償が含まれていれば、階下の部屋の原状回復、そして漏水で被害を与えてしまったものを新しくするための費用が、保険から支払われます。

自分の不注意で第三者に損害を与えてしまったとき、補償してくれる保険を「個人賠償責任保険」と言います。 階下の住人に水漏れで損害を与えてしまったとき以外にも、自転車で誰かを怪我させてしまったり、不注意で他人のモノを壊してしまったりしたときにも利用が可能なので、覚えておくと良いでしょう。 いくらまで補償されるのか、事前にチェックしておくとより安心です。

気持ち良く生活していくために、気を付けたいこと

浴室

たとえ損害賠償が保険で賄えるといっても、その範囲には限界があります。 水濡れでダメになってしまった物は、保険金で新しくなるかもしれませんが、元通りに戻るというわけではありません。 一度水漏れトラブルを起こしてしまうと、その後、近隣との関係がぎくしゃくしてしまう可能性も高いです。 お互いに気持ち良く生活していくためには、普段から注意しておくことが重要です。

水漏れトラブルの事例で多いのは、以下のようなものがあります。

  • お風呂の水を出しっぱなしにしてしまった
  • 洗濯機のホースが、いつの間にか外れてしまっていた
  • トイレを詰まらせて、水が止まらなくなってしまった
  • 冬場に水道管が凍結、破裂してしまった

どれも日常生活の中であり得ることで、ある日突然起こることも考えられます。 水漏れを起こさないよう、普段から気を付けて生活することが大切です。

また、万が一水漏れトラブルを起こしてしまったときの対応も重要です。 水漏れを早期発見し、適切に対処できれば与える損害も小さくできます。

想像以上の損害賠償金額で慌てないためにも、しっかりとチェックしておきましょう。

まとめ

アパート

アパートでの水漏れトラブルは、実はかなり多いトラブルの一つでもあります。 損害を与えてしまったときにきちんと賠償するのはもちろんのこと、自分自身が被害者の立場になる可能性があることも頭に入れておきましょう。

もしトラブルが起きてしまったときには、修理やそれにかかわる見積もり、そして保険など、専門家がそれぞれの任務を請け負います。 できるだけ早急に各所へ連絡できるよう、心の準備も整えておくと安心です。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください