水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

キッチンやトイレなどの水まわりのリフォームは何年が目安?

カテゴリー:よくある水漏れトラブル

新築時はあんなにピカピカだったキッチンやトイレ。 大切に使っているつもりでも、水まわりの設備は徐々に劣化してしまいます。 不具合が出た場所を修理して使い続けるのも良いですが、全面リフォームすることで、より快適な空間を作ることも可能です。

キッチンやトイレ、洗面台やお風呂など、水回りの設備は、いったいどれぐらいでリフォーム適齢期を迎えるのでしょうか。

キッチンは10年~20年が目安!

キッチン

毎日使うキッチンは、家族の健康を守るためにも重要な場所です。 美しく機能的なキッチンは、そこで働く人の意識にまで良い影響を与えます。 キッチンで過ごす時間が楽しく、また快適なものであれば、料理をすることも苦ではなくなるでしょう。

キッチンのリフォームを検討すると良い目安の時期は、設置後10年~20年が経過した頃です。

もちろん、自炊をする頻度に応じて、キッチン設備の傷み具合は変わってきます。 毎日料理をする習慣がある人の場合は、劣化や傷、そして不具合が気になりやすくなるでしょう。 キッチンのリフォームには「費用がかかる」というイメージもあるかもしれません。

しかし思い切ってキッチン全体のリフォームを行うことで、不具合の連鎖を止めることができます。 次から次へと故障するパーツにそれぞれ対応するよりも、費用も抑えられるでしょう。

10年~20年が経過すると、キッチンの性能も、より良い商品が発売されてきます。 大切に使ってきたキッチンだからこそ、より快適性を求めて、新しいものにリフォームするのも良いでしょう。

トイレは15年が目安!

トイレ

毎日欠かさず使うトイレは、どれだけ丁寧に清掃していても、段々としつこい汚れに悩まされる場所でもあります。 トイレの性能自体は、非常にシンプルなものです。 排泄したものを流すだけなら、数十年使い続けることも可能だと言われています。

とはいえ、配管が故障すればつまりや水漏れの原因になりますし、汚れが溜まった設備は清潔とはいえません。 15年程度でリフォームするのが目安とされています。

節水タイプや自動お掃除機能、そして便座暖房機能などを持つものへ替えるタイミングを、リフォームで検討する方も多いです。 半日から1日程度でリフォーム工事は可能ですから、家族への負担も少なくて済みます。

洗面台は10年~20年が目安!

洗面所

水回り設備の中でも後回しにされてしまいがちですが、洗面台も時期が来たらリフォームする必要があります。 経年劣化に気付かないまま使い続ければ、破損や水漏れなどのトラブルに合う可能性も高くなってしまいます。

特に多いのが、洗面ボウルの破損やひび、そしてパイプからの水漏れです。 10年を超えると、こうしたトラブルが起きるケースも増えてきます。 もちろん、必要なパーツを取り替えて修理対応することもできるでしょう。 とはいえ設置から10年を超えていたら、リフォームを検討しても良い時期です。

家族が使っていて何か不満がある場合は、ぜひその不満を取り除ける設備へとリフォームしてみてください。 毎日使う場所だからこそ、家族の満足度もアップするはずです。

お風呂は10年~15年が目安!

浴室

意外に思われるかもしれませんが、思っているよりも早くリフォームのタイミングを迎えるのがお風呂です。 推奨されるリフォーム時期は、キッチンや洗面台よりも早くやってきます。 10年を超えると、トラブルが徐々に増えてくるはずです。 15年を迎えるころには、さらにトラブルが重なってくるため、真剣にリフォームを検討するようにしましょう。

大量の水やお湯を使うお風呂は、家の中でも劣化が激しい場所です。 水漏れや結露などのトラブルが起きれば、家全体の傷みにつながってしまう可能性もあります。 古い設備を使い続けた方が、結果的にコストアップとなるケースも少なくありません。

お風呂の壁や床にヒビが入っていたり、周辺に水漏れしたような跡があったりする場合は要注意です。 また、掃除をしても排水溝がどことなく臭うようなケースも、慎重に対応しましょう。 内部でトラブルが起きているときには、リフォームで全て新しくすると安心できます。

まとめ

電卓

こうしたデータを見ると「想像よりも早い!」と感じる方も多いのではないでしょうか。 新築で設備を購入した場合には、ローン返済中にリフォーム時期を迎える可能性も高いです。

あらかじめリフォームの適正時期を頭に入れて、費用を計算しておくと良いでしょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください