水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

家の中で水の流れる音がする!原因の特定方法と対処法

カテゴリー:よくある水漏れトラブル

水漏れを起こす原因が外部に露出していて、目に見える場合は場所の特定は簡単です。その一方で、水漏れが壁の内部で起こっているような場合は直接見えないため、場所の特定は困難になってしまいます。水漏れのような音がしていても、水漏れをしていない可能性もあるのです。そこで、この記事では水漏れの音がする場合の原因の特定方法と対処法について紹介します。

ケース1:天井裏から水漏れの音がする場合

天井裏のほうからポタポタという音がしているときは、「水漏れを起こしている」「塩化ビニールのパイプが熱で伸びている」の2つの原因が考えられます。水漏れを起こしているケースでは、天井にある水を通すパイプに何らかの原因で亀裂や穴が開いてしまっている場合があります。

住宅にある水道パイプは上水道に使われる給水管と下水に流される配水管の2種類です。天井裏でポタポタという音がしているということは、2種類のうちのどちらかが水漏れを起こしている可能性があります。この場合の対処方法としては、原因の箇所のパイプを新しく交換するしかありません。天井裏での水漏れは天井材の腐食を起こす原因となってしまうこともあるので、早めの処置が重要です。

一方、塩化ビニールのパイプが熱で伸びている場合、水漏れは起こっていません。塩化ビニールは熱に弱いため、お風呂などから流れる熱湯によってパイプが伸びてしまうことがあります。この場合、パイプと木材が接触する箇所でポタポタという水漏れのような音がすることがあるのです。原因の箇所に発砲スチロールや布といった緩衝材を挟むことで、音がしなくなります。

いずれにしても、天井裏の作業は素人では難しいケースが多いので、気になる音がしたら業者に依頼するほうがよいでしょう。

ケース2:キッチンの床下から水漏れの音がする場合

キッチンの床下が水漏れを起こしているときには2つのパターンが考えられます。まず、1つ目の原因としてはキッチンの床下にある配水管が原因である場合です。配水管自体が劣化していて水漏れを起こしていることがよくあります。また、シンクの下には下水臭を和らげるためにS字のトラップがしかけられており、構造が少し複雑なのでその部分から水漏れしていることも多いです。そのほかによくあるケースとしては、配管同士をつなぐためにあるパッキンやゴムの劣化によって、つなぎ目部分からポタポタと水が落ちている事例があります。

この場合の対処法は、基本的に新しい部品と交換することです。パッキンやゴムの劣化であれば比較的低予算で修理できますが、配水管そのものの劣化となると少し高い金額になることもあります。シンク下部にある配水管は汚水にさらされる時間が長いので、劣化するペースも比較的早いです。おかしいなと感じたらチェックしてみましょう。

キッチンの床下で水漏れを起こすもう一つの原因としては、ウォーターハンマー現象が考えられます。ウォーターハンマー現象とは、蛇口を急に閉めることによって蛇口の栓に水がぶつかることで「ドーン」というような衝撃や音が発生する現象です。その衝撃によって水道管に亀裂が入ってしまい、水漏れが起こっている可能性があります。蛇口を手で回すタイプの水道ではウォーターハンマー現象は起こりにくいといわれていますが、可能性がまったくないわけではありません。

このような場合の対策としては、蛇口をゆっくりと閉めることです。ただし、ドラム式洗濯機のように自動給水する家電製品などは自分で操作できないので、頻繁に起こるようでしたら水撃防止器などの器具を取り付けたほうがよい場合もあります。

ケース3:水漏れの音がするけど場所がわからないときの対処法

ポタポタと音がするのにどこからかわからないという場合は、まず水道メーターを確認してみましょう。まったく水道を使っていないにもかかわらず、赤いパイロットと呼ばれる部分が動いている場合はどこかで水漏れが起こっている可能性が高いです。また、キッチンやお風呂場などの配管が確実に通っている場所にある壁や羽目板が使っていないときでも濡れているような場合も漏水が起こっている可能性があります。さらに、水道料金の請求書や領収書でチェックしてみるという方法も効果的です。それほど使用量が変わっていないにもかかわらず、大幅に水道料金が上がっていたら水漏れを疑ってみてもよいでしょう。

もしも、運よく水漏れをしている箇所の特定ができたら、止水栓を止めると水の供給が止まるので水漏れも止まります。その間に業者を呼んで修理してもらえばよいのです。止水栓は水を使うほとんどの設備に取り付けられており、「ドライバー式」「内ネジ式」「ハンドル式」の3種類があります。開閉については基本的に右に回すと閉じて、左に回すと開く仕様です。水漏れがひどいにもかかわらず、原因が特定できない場合は一般的に水道メーターの横にある元栓を閉めましょう。ただし、この方法では家中の水が止まってしまうので、注意しなければいけません。

いろいろ探してみても原因がわからなければ、やはりプロの業者に依頼するほうが無難です。プロの業者が実際に現場を確認してくれるので、仮に水漏れでなかったとしても不安感を払しょくしてくれるでしょう。

まとめ

ポタポタというような水漏れの音がしていても、必ずしも水漏れをしているとは限りません。しかし、もしも水漏れを起こしていると水道料金が高くなってしまうだけでなく、住宅そのものが痛んでしまう可能性があります。結果的に高額な修理代金が発生してしまうかもしれませんので、できるだけ早めに確認しておくほうが無難です。自分で確認するのが難しいようであれば、業者に点検してもらうようにしましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください