水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

ポタポタと水が止まらない!蛇口を閉めても水が止まらない問題を解決

カテゴリー:よくある水漏れトラブル

人間が生きていくうえで欠かせないのが「水」です。毎日何気なく使用していた水道の蛇口が、突然トラブルを起こして焦った経験を持つ人もいるのではないでしょうか。なかでも、多くみられるのが「蛇口を閉めてもポタポタと水が止まらない」というトラブルです。一体、どのような原因により、水が止まらなくなってしまうのでしょうか。ここでは、蛇口の水が止まらなくなる原因や、対処法について紹介します。

蛇口の水が止まらない原因とは?

しっかりと蛇口を閉めているはずなのに、ポタポタと水が止まらない場合は、以下の2つが大きな原因として挙げられます。

まず、1つ目は「スピンドルやケレップ」に問題があるケースです。スピンドルとは、水が出る弁座にある「ケレップ」という部品を押さえるためのものです。スピンドルとケレップの状態が正常だと、スムーズに連動して水を完全に止めたり量の調整をしたりできます。ケレップは別名「コマパッキン」とも呼ばれ、水の出る部分を直接押さえるための部品です。スピンドルに異常が見られないのに、ポタポタと水漏れする場合は、このケレップに何らかの問題が生じている場合があります。ハンドルタイプの水漏れの原因として多いのが、このスピンドルやケレップの劣化・摩耗なのです。

2つ目は「バルブカートリッジ」に問題があるケースが挙げられます。バルブカートリッジとは、水量や温度の調整を行う重要な部品です。レバータイプで水漏れが発生する原因は、このバルブカートリッジにある場合が多いとされています。

水を止めるにはどうすればいい?対処法を紹介!

劣化した部品と交換するための「新しい部品を購入」しておくのも重要です。このときに、「正しいサイズの部品」を購入するのが重要なポイントとして挙げられます。万が一、間違ったサイズの部品を取り付けてしまうと、新たなトラブルを招く原因になりかねません。部品を購入する際は、サイズ選びに充分注意しましょう。正しい部品を購入するには、蛇口のメーカーに問い合わせをするのも良い方法です。メーカー名や製造番号は蛇口の側面や背面に印字されているケースが多いため、部品購入の際にきちんと確認しましょう。

ハンドルタイプの部品交換の手順は、まず止水栓を閉めておきます。続いて、ハンドルの上部にあるキャップをドライバーで外しましょう。キャップを外したら十字ねじを緩め、ハンドルとアダプターを外します。次に、ナットをウォーターポンププライヤー、三角パッキンをドライバーでそれぞれ外していきます。その後、ウォーターポンププライヤーで座金ごとスピンドルを外し、新しい部品と交換して元の状態に戻せば完了です。なお、ケレップはスピンドルの下にあります。ケレップを交換する場合は、その部品を取り換えましょう。

レバータイプの部品交換の手順は、まず止水栓を閉めて、精密ドライバーで赤と青のキャップを外します。次に、プラスドライバーでネジを緩めていきましょう。万が一、ネジではなく六角ナットの場合は、六角棒レンチを使うと作業がスムーズです。ネジや六角ナットを緩めたらレバーハンドルを外し、スパウトのカバーを反時計回りで外します。そうすると、バルブカートリッジが外せるようになるため、新しいものと交換して元の状態に戻したら完了です。

確実にトラブルを解決したいなら!専門業者に依頼しよう

水が止まらない原因をきちんと突き止めて部品交換を行えば、自力でトラブルを解決できる場合もあります。ただし、なかには自分では対処しきれない原因が隠れており、それが引き金となって水漏れが起きている場合もあるため要注意です。水道の知識に精通していない状態でこのような原因を見極めるのは、容易なことではありません。

それに、自分で部品交換を行う場合、道具を用意したり手順を調べたりするなど、どうしても手間がかかります。きちんと蛇口のトラブルの原因を突き止めて、確実かつスピーディに問題を解決するには、専門業者に依頼するのが無難です。豊富な知識と経験を有する専門業者なら、詳細を伝えるだけでスムーズにトラブルを解決してくれます。自分で交換作業をするのが不安だったり、確実にトラブルを解消したかったりする場合は、無理せず業者に任せると安心です。

まとめ

蛇口周りのトラブルは、正しい手順で部品交換をすれば、自分で対処することも可能です。ただし、部品の交換だけでは済まないトラブルが隠れており、水が止まらない場合もあります。確実かつスピーディにトラブルを解決するには、専門業者を依頼すると安心です。水道は日常生活において欠かせない重要なものだからこそ、自分で対処するのが難しいと感じた場合は、速やかに専門業者へ依頼しましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください