水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

地中などに存在する水道管から水漏れが起きたときの原因と直し方

カテゴリー:水道管・排水管の水漏れについて

水道は、道路の下、住宅の下に埋められた水道管を通って、それぞれの家まで運ばれてきています。 自宅で使った水も同様に、家や駐車場の下に埋められた配管の中を通り、下水管へと流されていきます。

普段の生活の中で、これらの場所を意識する機会はほとんどないはず。 なぜなら、「ごく普通に使えることが当たり前」の設備だからです。

しかし残念ながら、さまざまな理由で「地中に埋められた水道管から水漏れが発生する」というトラブルが起きてしまうこともあるのです。

トラブルに気付かないまま放置しておくと、より一層深刻な問題につながってしまう可能性も…。 見えない部分の水道管に異常が出てしまう理由や、確かめるための方法、おすすめの対処方法など、気になる点をまとめました。 ぜひ参考にしてみてください。

なぜ地中の水道管から水漏れが発生する?

配管イメージ

目に見える部分の水道管ならともかく、地中に埋められている水道管から水が漏れるなんて…と思う方もいるかもしれません。しかし水道管も、万能ではありません。 以下のような理由で、水漏れが起きてしまう可能性もあるのです。

  • 水道管の老朽化
  • 自然災害による物理的破損
  • 外部からの衝撃

これらの原因の中でもっとも多いのが、水道管の老朽化です。 長い間使い続けていると、こうしたトラブルが起きる可能性も高くなってしまいます。

また、地震などの自然災害も地中での漏水の原因の一つです。 住宅の破損がゼロのように見えても、実は見えないところでトラブルが起きている可能性もあります。

そのため、こまめにチェックする体制を整えておくと良いでしょう。 もちろん、外部からの衝撃により、水道管が損傷することもあります。地中に埋められているから安全だろうと油断するのは禁物です。

水道管が埋められているのは、それほど深い場所ではありません。 想定外の力が加われば、当然トラブルのもとになってしまいます。

自分では気づきにくいという特徴も…

地中水道管イメージ

さまざまな原因で起きてしまう地中水道管からの水漏れですが、やはり「目に見えない部分からの漏水」ということで、住人による発見が遅れがちです。 漏水が発覚する流れで多いのは、

  • 水道代高騰
  • 水道メーター検針担当者からの指摘
  • 地盤沈下
  • シューっという水漏れ音が聞こえる
  • 晴れの日でも、常に地面が濡れている

これらのポイントをもとに、漏水トラブルが発覚するケースが多くあります。 普段から気を付けておくことで、目に見えない部分のトラブルにも敏感になれるでしょう。

もちろんトラブル発見のタイミングが早ければ早いほど、その後の補修や原状回復は楽に済みます。 ぜひ意識してみてください。

水道管から水漏れが発生しているかの調査方法

「もしかして、地中に埋められている水道管から水漏れが発生しているのかも…?」と思ったときには、できるだけ早く、調査をスタートしたいところです。

本当に水漏れが起きているのかどうか、きちんと把握しておきましょう。

「でも、どうやって調査すれば良いのかわからない!」という方に向けて、詳しい方法をお伝えします。

家の中の全ての水道を閉め、メーターボックスを見る

住宅にはそれぞれ、水道代を検針するためのメーターが設置されています。 多くの場合、玄関付近に設置されていますから、まずはこれを探してみてください。

次に家の中の水道を全て止めます。 その上で、水道メーターをのぞき込みます。

家の中で水道を使っていないにも関わらず、メーターがくるくると動いていたら、それは「どこかで漏水が起きている」という証拠になります。

もっとも手軽に確認できる方法ですから、まずはチェックしてみてください。

陥没している部分がないか、地面を探してみる

水道管が埋められている場所が「土」なら、漏水が起きている場所で陥没が起きている可能性が高いです。

これは水道管から水が流れ出ることで、どんどん土が流されてしまうことが原因で起こります。 水の勢いは、意外と強いもの。

放っておけばどんどん土が流れ、陥没が大きくなってしまいますから注意しましょう。

該当部分の土を掘ってみる

もし陥没部位を見つけたら、スコップで優しく土を掘ってみてください。 その近くで漏水トラブルが起きていれば、土が湿っていたり水が流れ出てきたりするはずです。 漏水箇所を見つけたら、自分で応急処置をすることもできるでしょう。

水道管の水漏れの一時的な修理方法

無事に水道管の水漏れ部位を見つけられたら、一時的な修理方法を試してみましょう。 水道管からの水漏れをそのままにしておくと、水道代はどんどん上がってしまいます。 また土や周辺の地盤への影響も無視できません。

水道管の水漏れを応急処置する際には、水漏れ専用テープを使って、水道管の穴や破損をふさいでください。

水漏れ専用テープは、水道管の補修を行うための専用アイテムです。 耐水性に優れており、トラブルを改善してくれます。

数百円で販売されているものもあれば、数千円する高級品もあります。 自分の用途に合わせたものを選択しましょう。 ホームセンターやインターネットショップなどで購入できます。

応急処置の後は、必ず根本的な解決を!

修復テープを用いた直し方は、あくまでも一時的なもの。 水道管のトラブルの原因を、完全に除去できる直し方ではないので注意が必要です。

専用のテープを使えば、あっという間に水は止まるかもしれません。 しかし、いつまた症状が再発するかわかりません。

特に地中の水道管の場合は、処置後に埋め戻すことが予想されます。 また気付かない内に漏水している可能性もあるのです。

水漏れトラブルを根本から解決するためには、プロに依頼をするのがベストです。 どこから漏水しているのかわからないケースでも、該当箇所を調査した上できちんと修理してくれますから、安心して生活できることでしょう。

水道管からの水漏れの対策方法

水道管からの水漏れへの対策方法として挙げられるのは、以下の4つです。

  1. 水道管も劣化するものと心得ておく
  2. 地中の水道管に余計な負担をかけない
  3. 普段から水道代の増減をチェックしておく
  4. 異常があれば、できるだけ早く行動を起こす

水道管からの水漏れは、どれだけ気を付けていても起こってしまうトラブルです。 毎日の生活の中で気を付けることも重要ですが、それ以上に「トラブルが起きたときにすぐに発見できる体制」を整えておくことが大切です。

自分でできる応急処置グッズを揃えておくことはもちろん、信頼してお任せできる業者の情報も集めておきましょう。 すぐに対応してもらうことができます。

まとめ

プロによる地中の調査

水道管のトラブルの中でも、発見しにくいのが「地中に埋められた水道管からの水漏れ」です。 しかし放置すれば、余計な水道代を支払うだけではなく、住宅全体が傾くなど、重大なトラブルにつながってしまう可能性もあります。

目に見えないトラブルだからこそ、大切なのは普段の生活の中でこまめにチェックしておくこと。 普段何気なく働いてくれている水道管だからこそ、定期的に状態を把握できるようにしておくと、安心できます。

「本当に漏水しているのかどうかわからない」というときでも、水周りのプロに依頼をすれば安心です。

水漏れが起きていなければそれで良いですし、万が一水漏れが起きていれば、事態が悪化する前にきちんと修理することができます。

まずは専門の業者に相談してみることで、解決への道が見えてくるでしょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください