水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

水道管・排水管からゴボゴボ音がするときの原因と対策・予防法

カテゴリー:水道管・排水管の水漏れについて

長く使っていると、水道が流れが悪くなった、排水管を通って行く時に、ゴポゴポと音がして何だか不気味な感じがする、ということはありませんか?

もしかすると、不気味がっている場合ではないかもしれません! ここでは、水道管、排水管からゴポゴポと音がなって、どうしたらいいかわからない時の対処法をご紹介します。

水道管・排水管からゴボゴボ騒音がする原因は?

配管イメージ

水道管、排水管からゴポゴポと音がなる時、どうしたらいいのでしょうか。 まずは原因を考えてみましょう。

水を流した時、ゴポゴポと音がなるのは、水が流れる時の水圧のせいです。

空気を引き込みながら流れていくので、ゴポゴポと音がなりますし、自分が使っていなくても、同じ建物の中で上の階の人が水道を流した時に、ゴポゴポとなぜか下の階でも鳴るという現象が起こります。

洗面台やお風呂など、排水口から空気が吸い込まれて、ゴポゴポと鳴ります。

最初からゴポゴポと鳴るのであれば、排水管が細いことが原因なのですが、最近ゴポゴポと鳴るようになってしまった場合は、もしかすると排水管の汚れがたまってしまい、一時的に排水管が細くなっていることが原因かもしれません。

排水管は、使っていると汚れが蓄積していきます。定期的にお掃除して、配水管がつまらないようにすることが大事なのです。

また、普段から配水管がつまらないように、詰まりそうなものをダイレクトに流さないということが大事です!

油であれば、油を固める薬品で固めてから、燃えるゴミに出すなど、できるだけ詰まりそうなものを流さないだけでも、排水管の汚れを予防することができます。

一方、水道管のうち、給水管の騒音については、ゴポゴポ音ではなく、ウォーターハンマー現象と呼ばれる、ハンマーで叩いたような音がすることがあります。

簡単に言うと、水道管の中の圧力が急激に変化することで起こる音で、このまま放置してしまうと、水圧の衝撃を受ける様々なもの(給湯器や、洗濯機など)が傷んでしまい、故障してしまいます。

ウォーターハンマー現象を自分で根本的に直すのは難しいのですが、ウォーターハンマー対策のパーツ(水撃防止器)などが販売されているので、取り付けてみることや、水道を出す時に急に栓をひねらないことなどを工夫できます。

また、古い給湯器、洗濯機などはウォーターハンマー現象で故障しやすいので、買い換えるのも一手です。 専門業者に早めに相談して、水道管の中の圧力が急激に変化しないように対策をしましょう。

水道管・排水管からのゴボゴボ騒音の止め方

排水管からのゴポゴポという騒音を止めるには、構造的な問題の場合は、水道管・排水管を取り替えるしか方法がありません。 水道管・排水管が細ければ細いほど、水を流す時に水圧がかかってしまい、ゴポゴポという音がなりやすいです。

水道管・排水管が細いということは、少しの汚れでも水の流れが止まってしまい、ゴポゴポ音の発生原因につながっていきます。

排水管の汚れは、パイプ掃除の薬品を使うか、パイプ掃除グッズなどでもある程度きれいになります。 普段から、40~50度のお湯を流すなどして、油がこびりつかないようにするのも対策になります。

その際、「熱ければ熱いほど良い!」と勘違いをし、沸騰したお湯を流す方がいますが、おすすめせん。 というのも、そもそもお風呂場や洗面所などの排水管は、そのような高温のお湯を流す前提で設計されていません。 そのため、高温のお湯を流すことによって、排水管が傷ついてしまい、そこから水漏れが発生する原因になることもあります。

しかし、こびりついてしまった汚れはどうにもならないので、もし高圧洗浄機を持っている場合は、高圧洗浄機に付属のアタッチメントなどを取り付けるなどして、高圧で汚れを洗い流します。

多量の汚れがこびりついてしまうと、流すに流せなくなってしまうので、家庭用の高圧洗浄機ではなく、専門業者の持っている高圧洗浄機で洗浄したもらった方がいいでしょう。 排水管は、5年に1回程度、高圧洗浄をすると汚れが溜まりすぎずに済みます。

水道管・排水管からのゴボゴボ騒音を予防するには?

ある程度、ゴポゴポ音がするのは、実は異常なことではありません。 洗い桶に水をためて、一気に流すなど、大量の水が、一気に勢いよく流れていくと、どうしてもゴポゴポという音が出てしまうものです。

多少、ゴポゴポいったくらいでは、そこまで気にする必要はないかもしれません。 むしろ、前はゴポゴポ音が小さく、気にならないくらいだったのに、最近いきなり音が大きくなってきたという時は、要注意です。

もしかすると、排水管が細くなっていて、水の流れが悪くなっているせいかもしれません。 また、排水管の汚れはなかなか目につかないものなので、気がついたら相当溜まっているということもありえます。

マンションやアパートなどの場合で、排水管から音がして気になる場合は管理組合に相談しましょう。仕組みとしてどうしようもないということもあれば、実は施工ミスだったということもあります。

排水管の中の汚れは管理業者や契約業者が清掃しているはずですが、それでもゴポゴポと音がなってしまう場合は、排水管内部の機密性が高すぎて、音がなってしまっているという状態も考えられます。

故障ではないし、汚れが原因でもありませんが、通気口をつけることで、排水時のゴポゴポ音が気にならなくなります。 マンションの場合は、まず管理組合や管理人さん、アパートの場合は大家さんや管理会社に連絡してみてください。対策を考えてくれるはずです。

まとめ

排水溝イメージ

排水管に水を流した時に、ゴポゴポという音がきになる場合は、原因を調べてみましょう。

排水管のゴポゴポ音の原因は、大きく2つです。 構造上の問題で、空気の流れの都合でゴポゴポとなってしまっている場合と、構造上の問題ではなく、汚れがたまってしまって一時的に流れが悪くなっているという場合です。

一時的に流れが悪くなっている原因は汚れなので、汚れを除去することが対策になります。 パイプの掃除用の薬品や、グッズでもある程度はきれいになりますし、汚れも落とせますが、できれば業者の持っている高圧洗浄機で汚れを落としたほうがきれいになるのでおすすめです。

構造上の問題の場合は、通気口を作る、通気弁を取り付けるなど、空気の流れや、逃げ道を作ることで、ゴポゴポ音は軽減されることもあります。 マンションやアパート、賃貸物件の場合は勝手に工事をするわけにもいかないので、必ず管理組合、管理業者、大家さんなどに相談してください。

また、ゴポゴポ音は、完全に消えることはないかもしれません。 大量に、一気に水を流すと少なからずゴポゴポ音はするものです。どうしたらいいか、迷った場合は専門業者に相談するようにしましょう!

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください