水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

自分でできる!水道管や排水管が故障したときの応急処置方法

カテゴリー:水道管・排水管の水漏れについて

老朽化などが原因で水道管や排水管が故障してしまい、困ったことがある人も多いでしょう。とりわけ水漏れは修理せずに放置すると水道代の高騰や床上浸水にもつながるため、非常に厄介なトラブルです。

そのような場合に重要なのは業者に依頼して根本的な修理を行うことですが、その前に応急処置を施しておけば、被害を最小限に食い止めることができます。そこで、今回は水道管や排水管の故障の際にするべき応急処置の方法について詳しく解説いたします。

水道管と排水管の違いとは?

洗面台の下の配管イメージ

応急処置をする前に、まず水道管と排水管の違いについて把握しておきましょう。なぜなら、故障しているのが水道管なのか排水管なのかによって、応急処置の方法が異なるからです。水道管は給水管とも呼ばれ、蛇口から直接つながっている配管です。水道管の中には使用前のきれいな水が通っていて、常に高圧状態になっているのが特徴です。

水道管が詰まってしまうということはめったにありませんが、高圧状態になっているため老朽化すると破裂してしまうケースがあります。そうすると大量の水が外にあふれ出してしまうのです。

一方、排水管はトイレやキッチン、お風呂などで使用した水や建物にたまった水を外に流しだすための配管になります。この配管には使用時にのみ水が流れるので、内部に圧力がかかっていないのが特徴です。そのため排水管は水が流れるように勾配をつけて設置されています。排水管の場合には異物が中に詰まってしまったり、汚れが蓄積してしまったりすることが故障の大きな原因です。

応急処置に役立つアイテム

水道管や排水管の応急処置を施す際には専用の修理道具や補修用品があればよいですが、そういったものがなくても身の回りのもので代用することができます。

まずは、バケツを用意しましょう。水漏れであふれてくる水や、水詰まりで溜まった水を受け止めるために使用します。また、作業の際には水が周辺に飛び散っても困らないよう、ビニールシートがあると便利です。

もし、ビニールシートがないという場合には、タオルや新聞紙などで代用しましょう。そのほか、修理の際には、けが予防や汚れ防止のために掃除用のゴム手袋があるとよいでしょう。とりわけ排水管の水詰まりで汚水や異物を取り除かなければならない場合に必要です。最後に、水漏れしている箇所をふさぐのにはタオルが利用できます。応急処置の前にはこれらのものをあらかじめ用意しておきましょう。

水道管が破裂した場合の応急処置

水道管が破裂している場所に手が届く場所の場合には、まず水道メーターの横にある止水栓を回して水の供給自体を止めます。そして水漏れしている場所をタオルできつく巻き、バケツなどで漏れてくる水を受け止めましょう。

タオルが十分に水を吸ってきたら、新しいタオルと交換します。この際に気をつけるべきポイントは、水漏れを自分で修理しようとして水道管を分解すると、さらに被害が広がってしまう危険性があるということです。根本的な修理まで自分でやろうとはせず、業者に依頼しましょう。

また、壁や床下が濡れていたり下水のような臭いがしたりする場合には、どこか家屋内部で水漏れが発生している可能性があります。場所を目視で特定できないような水漏れの場合は、自分で応急処置をすることができません。まずは状況を確認し、業者に相談しましょう。

排水管が詰まってしまった場合の応急処置

排水管のイメージ

排水管が詰まってしまっている場合には、まずその周辺にビニールシートを敷きます。その後バケツや洗面器などの容器で溜まった水を汲み取りましょう。取り出した水は詰まりが解消した後に流しますので、そのまま置いておいてかまいません。汚水がたまってしまっている場合にはビニール手袋を必ず着用するようにしてください。

水かさを下げた後、排水口につまった異物まで手で届くのであれば、そのまま取り除きます。排水管は水詰まりのほかに水漏れしてしまうこともあるでしょう。排水管には常に水が流れているわけではありませんので、水漏れしているかどうかを確認できるのは水を使用したときだけです。

それは逆に言うと、水を使わなければ被害が拡大することはないということです。水漏れの場合には排水管の使用を中止し、業者に連絡しましょう。とりわけトイレやキッチンの場合には汚水が悪臭を伴ったり、油分が流出したりすることもありますので、決して排水管を使わないことが大切です。

まとめ

掃除道具などのイメージ

水漏れや水詰まりのような水周りのトラブルは、身の回りの日用品である程度応急処置を施すことができます。 しかし、被害が拡大しないようにするためには、自分で修理をするのではなくプロの修理業者に任せるのがおすすめです。

水の生活救急車では、365日体制で水トラブルに対応が可能です。ご相談頂ければ、トラブルの原因そのものを究明して根本的な解決を致します。 自分で修理をしようとしても失敗してしまう可能性があるだけでなく被害がよりひどくなってしまうケースもあるので、まずは専門業者に相談してみましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください