水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

キッチンのパイプの破損!自分でできる応急処置

カテゴリー:水道管・排水管の水漏れについて

排水のつまりや水漏れなど、キッチンの水トラブルは意外と多いものです。万が一、慌てずに適切な対処をするためには、キッチンパイプや排水の仕組みについて知っておく必要があります。ここでは、キッチンパイプが破損していることに気がついたときや業者が来るまでの間に、自分でできる応急処置について考えてみましょう。

知っておきたいキッチンパイプの役割!大事な部分だからこそ掃除が大切

キッチンパイプを知ろう

キッチンパイプはシンクから排水管までを結ぶ水の通り道です。「Sトラップ」「Pトラップ」「ワントラップ」など、排水をスムーズにしつつ悪臭を防ぐための仕組みが備わっています。そのため、掃除やメンテナンスが不十分だと水トラブルを招くリスクが高くなるのが特徴です。

例えば、野菜くずや爪楊枝などの異物がキッチンパイプや排水管に流れてしまうと、つまりを引き起こして最悪の場合は床をはがして工事をしなければいけない状態になります。また、菌が繁殖しやすい環境になることで悪臭を引き起こすことも考えられるでしょう。ごみ受けの掃除をこまめに行い、つまりが気になるときにはキャップナットがあれば外して掃除することがポイントです。

ナップキャップを外すときには、たまった汚水で周辺が汚れないように養生や受け皿の準備をしておきましょう。普段から水回りの掃除をしておけば、万が一キッチンパイプから水が漏れているときもいち早く気がつくことができます。洗面台下が収納になっている場合は、物を詰め込みすぎるとキッチンパイプの状態が確認しにくくなるので余裕を持って収納することを心がけましょう。キッチンパイプが破損しているときは、ホームセンターで同じ種類の物を購入して交換することができます。ただし、外すときに特殊な工具が必要な場合もあるので、二度手間にならないように何が必要か事前に確認しておくと良いでしょう。

破損の原因はさまざま!まずは応急処置で水漏れを防ごう

まずは!

キッチンパイプの破損は、経年劣化や衝撃によるものが多い傾向です。新築の住宅は新しいキッチンパイプがついています。しかし、アパートやマンションのように築年数がある程度経過している物件の場合は、キッチンパイプが「いつ設置されたものか」を把握することは難しくなりがちです。さらに、内部がどのようになっているかを確認することは極めて難しいといえるでしょう。

経年劣化や衝撃以外にも、排水のつまりを解消しようとしてキッチンパイプを分解している途中で壊してしまうケースも少なくありません。一見簡単そうな作業でも、実は特殊な工具がなければナットが外れないことも多く、力任せに引っ張って破損を招く人もいます。

理由はどうあれ、キッチンパイプが破損してしまうと水漏れの原因となるので、応急処置をする必要があります。キッチンパイプは排水時に水が通るので、破損に気がついたら水を流さないようにしましょう。壊れている場所が確認できたら、タオルをきつく巻いて水漏れが起こらないようにします。あくまで、その場しのぎの方法であるため、放置せずに自分で新しいパイプに交換するなり業者に頼むなり対策を講じることが大切です。ホームセンターには補修テープも販売されていますが、応急処置を目的としているものが多い傾向のため、亀裂が大きくなる前に新しいパイプに交換する必要があります。

料金システムや作業内容を事前にリサーチ!

ホームセンターで新しいパイプや補修テープを購入して、自分で修理すれば費用を安く抑えることができます。しかし、補修テープは完全に直すための物ではなく、自分でパイプを交換するとしても専用の工具が必要です。安く済ませるつもりがかえって高くなってしまうこともあるので、無理せず業者に依頼するほうがスピーディーな解決を目指せる場合もあるでしょう。キッチンや浴室など、水回りのトラブルに対応してくれる業者はたくさんあります。

いざというときは、「どこの業者を選んだらいいのか」をじっくり比較検討している時間はありません。急いでトラブルを解決したいときでも、費用やサービス内容に満足できる業者に依頼できるように、あらかじめ業者の費用やメリットをリサーチしておくと安心です。水漏れの原因がパッキンや部品の劣化であれば1,000円程度で交換してもらうことができます。しかし、キッチンパイプ自体が破損している場合は、交換と部品代で1万円程度かかる業者が多い傾向です。

また、出張料金や休日・夜間料金が加算されるところもあるので、料金システムにも注目することがポイントといえます。作業内容は一緒でも、キッチンパイプの素材によって料金が異なることも多いので、詳細を業者に問い合わせてみるのも良いでしょう。費用を知りたい場合は、状況や素材などを細かく伝えることで業者側も費用のシミュレーションをしやすくなります。

まとめ

不測の事態が起こると、誰でも少なからず慌ててしまうものです。毎日使うキッチンでトラブルが起こったら、どうしたらいいのかわからず頭を抱えてしまう人もいることでしょう。キッチンパイプが破損したときの応急処置としては、タオルをきつく巻いたり補修テープで亀裂や穴をふさいだりする方法があります。水のトラブル時に慌てないで済むよう事前に利用したい業者をリサーチしておくと安心です。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください