水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

浴室から水漏れしている場合の原因と対処方法

カテゴリー:お風呂・浴室の水漏れについて

毎日大量のお湯を使うのが、浴室の特徴です。 水に濡れたまま使う機会が多いからこそ、水漏れの発見が遅れがちという特徴もあります。 浴室から水漏れしてしまう原因には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。 また、水漏れが発生したときには、どのような対処方法を実践するべきなのでしょうか。

いざというときに慌てないためにも、しっかりと頭に入れておきましょう。

浴室からの水漏れ・・・考えられる4つの原因

バスルーム

浴室からの水漏れで、考えられる原因は大きくわけて4つです。 部位別に、なぜ水漏れが起きてしまうのか、詳しく解説していきます。

蛇口からの水漏れ

風呂場には、シャワーやカランなど、お湯やお水を出すための設備が必須です。 しかし浴室での水漏れで、非常に多いのもこの蛇口や水栓からの水漏れです。 よくあるのが、蛇口の付け根やシャワーホース本体の付け根といった、部品の接続部分からの水漏れです。 内部に使われているパッキンが経年劣化したことにより、トラブルが起きるケースが多いです。

給湯器からの水漏れ

お湯を作るために必要な給湯器ですが、水漏れトラブルが起きることもあります。 特に注意が必要なのは、浴室内に設置されている給湯器です。 パッキンや安全弁が劣化すると、お湯をコントロールできずに水漏れしてしまいます。 また、給湯器本体が古くなっている場合は、内部の部品が故障していたり、緩んでいたりする可能性もあります。

床や壁面からの水漏れ

通常、浴室内は内部の水滴が外部へ伝わらないように、床や壁面にきちんとした処理が行われています。 タイルや浴室用のパネルを設置し、その隙間を埋めるのが、シリコンなどのコーキング剤です。 古くなってくると、このつなぎ目の劣化が進み、水が外部へと染み出してしまう可能性があります。 また、床の場合は、ひび割れなどが原因となることもあります。 ごく小さな傷であっても、水は徐々に染み込んでいくため、その様子を住民が目で確認することは難しいでしょう。 気付いたときには、床下や柱に湿気が溜まり、深刻なトラブルを引き起こしていることもあり得ます。 普段の生活の中で、傷や割れ、劣化がないかどうか確認することが重要です。

換気扇からの水漏れ

浴室内では、実は換気扇からの水漏れトラブルも多くあります。 浴室内の換気扇は、内部のしめった空気と外部の空気を入れ替えるために付けられています。 非常に過酷な状況の下で長時間働く設備と言って良いでしょう。 メンテナンスをしなければ、当然劣化が進みます。 換気扇だけでなく、換気口にひびが入れば、そこから内部に雨が溜まり、換気扇からの水漏れになってしまうケースもあります。

自分で対処できる問題もアリ!

水栓

浴室内で水漏れが発生したら、慌てる人も多いことでしょう。 まずは冷静になり、水漏れの原因を探ってみてください。 水漏れしている原因によっては、自分で対処できるケースもあります。

水栓やシャワーからの水漏れで特に多いのが、パッキンの劣化によるものです。 新しいパッキンを購入すれば、自分で簡単に取り換えることができ、水漏れもすぐに解決できるでしょう。 仮にシャワー本体が壊れていても、本体ごと取り替えれば水漏れも同時に解消されます。 メーカーの情報サイトなどで、やり方を学んでから挑戦してみてください。

壁面からの水漏れで、コーキング剤が劣化している場合には、再度コーキングしなおしましょう。 カッターで既存のコーキング剤を丁寧に取り除いた後、周囲を念入りに養生します。 そこに新たなコーキング剤をのせ、ヘラで平らに整えていきます。 養生テープやシートをとりはずし、しっかりと乾燥させれば完了です。

プロにお任せした方が良い問題も

パッキンを交換してもまだ水漏れが続く場合や、給湯器からの水漏れ、ひびが原因となっている場合は、自分で修理・交換を行うのは諦めた方が良いでしょう。 潔くプロに頼んだ方が、スムーズにことを進めていけます。

無理に自分で修理しようとしても、本当に水漏れが直っているのかどうかは、外から見ただけではわからないケースも多いものです。 その点、プロならもっとも良い修理方法を提案してくれるでしょう。 トラブルが発生し、自分で修理するのが無理だと感じたら、できるだけ早く相談しましょう。 早ければ早いほど、浴室以外へのダメージを最小限に留めることができます。

「修理」ではなく「リフォーム」や「交換」もオススメ

浴室リフォームイメージ

プロに相談した結果、修理ではなくリフォームや設備交換を勧められるケースもあるかと思います。 浴室の設備や給湯器にも、寿命はあります。 一般的には10年を超えると不具合が多く報告されるようになり、15年から20年で寿命を迎えると言われています。

時期によっては、リフォームや交換で対応した方が、トータルコストを抑えられる可能性もあります。 突然リフォームや交換を提案されて戸惑ったときには、「なぜそうする必要があるのか」を詳しく説明してもらいましょう。 納得して次のステップへと進めるはずです。

まとめ

修理

たくさんのお湯を使う浴室だからこそ、一度水漏れトラブルが起きると、深刻な事態になってしまうことも考えられます。

大切なのは、異常を早めに察知することです。 そしてできるだけ早く正しい対処法を実践して、水漏れを直すことだと言えるでしょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください