水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

風呂の排水溝詰まりになる原因と直し方・解消方法について

カテゴリー:お風呂・浴室の水漏れについて

お風呂に入っている途中で、突然水が流れなくなってしまった、排水溝から突然水が逆流してきた、排水溝を掃除してみたけど改善しないなど色々なケースがあります。

また、排水溝洗浄剤を使ったにもかかわらず、よく流れないということがあります。 このお風呂の排水溝が詰まる原因について直し方と解消方法について解説します。

自分で修理できない場合、プロの水道業者さんに依頼したらどのくらいかかるのかも含めて解説します。 手順通り行えば自分で詰まりを解消することは意外と簡単なこともあります。 突然の詰まりに対する解消方法もご紹介しますので参考にしてください。

風呂の排水がつまるおもな原因とは

掃除イメージ

お風呂の排水溝が詰まる原因とはなんでしょうか? どこに原因があるのかを知らないと直すこともできません。

お風呂には、浴槽内の排水溝と洗い場の排水溝の2つの流れがあります。 浴槽内は穴が小さく水の流れる勢いも小さいものです。

また、洗い場の排水溝は一度に水が流れます。 浴槽内の排水溝は穴が小さいので髪の毛や垢、石鹸カスが付着すると詰まりを引き起こしやすい場所です。

浴槽内の排水溝は掃除しにくいので、あまり見たことがないという方もいるでしょう。 実はここが石鹸カス、髪の毛、ボディクリームなどの油脂が流れて詰まりを引き起こすことが多い場所です。

突然詰まるイメージがありますが、実は徐々に蓄積して起こることが多い場所です。 排水溝が詰まる大きな原因は主に以下の場合です。

排水管に長年にわたって蓄積した髪の毛や洗剤カス、垢、油汚れ

このような汚れが排水トラップ(排水溝の中にある部品です)の部分や、トラップとつながっている内側に汚れがこびり付いて、これらが蓄積して水が流れる道が狭くなっているケースです。場合によっては逆流することもあります。

排水管の合流で詰まっている

水回りの配管は各々単独になっていて外の排水管でいったん合流する仕組みです。 ところが古いタイプの集合住宅だと、トイレとお風呂の配管が一緒というケースがあり、排水管の合流地点で詰まっていると、どちらも逆流するという現象が起きます。

風呂の排水溝の詰まりの解消方法

排水溝には排水トラップと呼ばれる仕組みがついていますが、これはなぜか水が溜まる仕組みになっています。 その理由は臭いを防ぐためです。

お風呂から流れる水は排水管を通って流れたあと、実際は排水管の中には何もないはずです。 つまりここに水は溜まっていません。

何もない状態の排水管には、菌や下水臭、害虫がいることがあります。これらが上に上がってしまわないように水が張るような仕組みになっています。 つまり上に侵入するのを防ぐ役割です。

排水トラップには、一般の方でも分解出来るパーツになっています。 多くの詰まりは、この排水トラップで起きることが多いので、ここを定期的に掃除すれば詰まりは解消されるはずです。

また、その先には外の排水枡まで流れますが、そこも詰まりが生じているとそこから掃除する必要があります。 これは一般では難しいので業者さんに依頼することになります。

排水管に長年にわたって蓄積した髪の毛や洗剤カス、垢、油汚れを解消する

掃除

これは日ごろからお手入れすれば詰まりはなくなります。

実際は、週に一度程度行うと効果があります。

とてもシンプルな方法ですが、お手入れといっても市販のパイプクリーナーを排水溝に流すだけでできてしまいます。パイプクリーナーなどを流し、熱湯を少しだけ加えて、時間通り放置して流すだけです。

ただし注意がいくつかあります。 排水パイプまでクリーナーが届いていないということもあります。

実は蓄積された汚れの場合は簡単に分解されないということもあります。 そんな状態の場合で水を流しても、目的のパイプまで行き届かないので十分に効果が出ないということもあります。

また市販の洗浄剤では分解できない汚れというのもあります。主な汚れは油脂と髪の毛ですが蓄積されると固くなり、どんどん分解されにくくなります。 また排水トラップを外して本体を洗い、固形物が中にないかも確認してください。

排水管の合流で詰まっている

このようなケースは一般の方が掃除をするレベルでなく、業者さんに依頼することになります。

業者に依頼すると費用はいくらかかる?

金

一般的に水回りの業者さんに清掃や詰まりを直してもらうと、以下のような値段がかかります。

  • 台所・洗面台・お風呂・洗濯機の屋内排水口の詰まり 基本料金5,000円(税抜)
  • 屋外排水管・下水管の詰まり 基本料金5,000円(税抜)

一般的な金額なので業者さんによっても多少変動があります。

また、状況や材料費がかかるような場合はその場で値段が変わることもあります。

最低でも5,000円以上は必要だと考えておけば大丈夫です。 事前に見積もりを依頼することも可能なので、詰まったかな?自分では詰まりが解消できない場合は相談してみてください。

風呂の排水詰まりが起きないような対策・予防策は何がある?

お風呂の詰まりを起きないようにする対策や予防策はずばりお掃除です。 これはマメにするしかありません。

特に以下のことをご紹介しますので、実践してみてください。

排水トラップの掃除

ここが主な詰まりの原因になります。 ゴミや汚れや髪の毛などはこの排水トラップで蓄積され、詰まりを解消するには掃除してみるしかありません。 ここを掃除しただけで詰まりが解消されることが多い箇所です。

まず排水溝にはカバーがしてあるので取り外し、取り外すとヘアキャッチャーがあるはずです。

これはメッシュになっているパーツの事です。髪の毛や固形物が流れないようにカバーしています。

またヘアキャッチャーが無いタイプもあります。 ヘアキャッチャーを取り外すと排水トラップが見えるはずです。

排水トラップの部品は分解出来るので、可能なら取り外してみてください。

掃除していないと、かなりの汚れが付いているはずです。

取れる部品を全部分解して、排水溝にゴミが溜まっていないかどうか確認します。 排水トラップ内での詰まりが原因であれば、大きな汚れの塊が確認できるはずです。 分解した部品はすべて丁寧に洗い、またもとに戻します。

どうしても自分で詰まりを改善したいとき

業者さんが呼べる時間でない、休日になってしまう(休日でも呼べます)など事情があるなら、ワイヤーブラシを使った方法で詰まりを解消することができます。

これはホームセンターなら数千円で購入できます。ひとつ購入しておくと何かと便利です。また、業務用の排水管洗浄剤も販売されています。

市販の洗浄剤と違って、相当威力があるものです。 プロが使うものにかなり近いものも販売されているので、それらを使うのも良いでしょう。

ただし、プロ用に近いということはそれだけ刺激があるということです。 マスク・ゴーグル・手袋は絶対着用してから使用しましょう。 正しい使い方をしないと危険です。

また最近はやっている高圧洗浄機というものもあります。 これは特殊ですが、あればそれも使ってみると案外頑固な汚れは落ちることがあります。 ぜひお試しください。

まとめ

風呂

お風呂のつまりは気が付いたら起きていたというケースが多いはずです。 実は髪の毛や皮脂、石鹸カスが詰まらないように、普段からマメにメンテナンスしておけば、たいていはつまらないはずです。 ところが排水トラップまで考えが及ばない場合は、どうしても放置してしまうでしょう。

そうなると長い間の汚れが溜り、市販の洗浄剤では落とせなくなります。 こうなるとプロの力を借りるしかありません。

ただし、プロなら早くてしかもすぐ詰まりを解消してくれるケースが多いはずです。 また料金も比較的リーズナブルなので利用しても損はないでしょう。

常にきれいにしておくためにも、普段からこまめにお掃除する習慣を付けましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください