水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

お風呂の水漏れを解決!蛇口は自分で修理できる?

カテゴリー:お風呂・浴室の水漏れについて

お風呂の水漏れは原因さえわかれば、自分で修理できる場合があります。しかし、的確に対処するためには、蛇口の種類や構造について、ある程度の知識が必要です。そこで、お風呂で水漏れが起こる原因や修理の手順、必要な道具などを紹介します。

まずは蛇口の種類を確認!

お風呂のイメージ

水漏れを修理する前に、まずは水栓の種類を確認しましょう。お風呂の蛇口には、壁付タイプと台付タイプがあります。壁付タイプとは、壁面の給水口に水栓を直接取りつけているタイプの蛇口です。一方、台付タイプは浴槽のフチなど、台の上に蛇口が取りつけられています。また、給水口にも穴がひとつしかないタイプと、穴が2つあるタイプがあるので確認しましょう。

さらに、水栓にもいくつか種類があり、たいていは「サーモスタット混合水栓」「シングルレバー混合水栓」「ツーハンドル混合水栓」「単水栓」のいずれかに分類されます。サーモスタット混合水栓は、側面に取りつけてあるハンドルで、水温を調節できるタイプの水栓です。シングルレバー混合水栓は、ひとつのレバーで水温と水量を同時に調節できます。

お風呂だけでなく、キッチンなどでもよく使われるタイプの水栓です。ツーハンドル混合水栓は、お湯の出るハンドルと水の出るハンドルが独立しており、お湯と水を混ぜることで水温を調節できます。築年数の古い家やホテルで使われることの多い水栓です。お湯か水のどちらかしか出ない水栓を単水栓と呼びます。水温を調節する機能はなく、お風呂のほかにも洗濯機置き場や屋外でよく使われるタイプです。

どこから水漏れしている?

蛇口のタイプを確認したら、水漏れをしている部分と原因を特定しましょう。サーモスタット混合栓の場合、蛇口の付け根や吐水口から水漏れを起こすことが多い傾向です。原因はパッキンの劣化や、蛇口本体の故障などが考えられます。シングルレバー混合水栓によく見られるのは、レバーの下部や取水パイプの取付部からの水漏れです。

特に、シングルレバーは可動域が広く、上下左右に動かしているうちにレバーの下部に隙間が生じ、水漏れしてしまうことがあります。また、水栓の内部には、バルブカートリッジという部品が使われています。シングルレバー混合水栓の水漏れは、このバルブカートリッジの不良が原因である場合が多く、部品を交換することで改善します。

ツーハンドル混合水栓や単水栓に多いのが、ハンドルの下部やパイプの根元、蛇口の付け根から水漏れするケースです。ハンドルの内部や蛇口の付け根にはパッキンが内蔵されており、経年劣化により摩耗したり、破損したりすることがあります。パッキンはホームセンターなどで手に入るので、交換は比較的簡単にできます。また、蛇口本体の劣化により、わずかな穴や隙間が生じ、水漏れしてしまうこともあります。そのような場合は蛇口そのものの交換が必要です。

修理に必要な道具は?

自分で蛇口の修理や交換をする際は、ドライバーやモンキーレンチ、ウォーターポンププライヤーなどの道具が必要です。ただし、水栓のタイプによっては、専用の工具を使わなければならないことがあります。作業を始める前に水栓の型式やメーカーをチェックし、取り扱い説明書やメーカーのホームページを参考に、交換の手順や工具を確認しましょう。

必要な工具が手元にない場合は、ホームセンターや工具店でひと通りそろえることができます。専用の工具は市販されていない可能性があるので、メーカーから取り寄せたり、通信販売を利用したりするのがおすすめです。

蛇口を修理するステップ

お風呂の蛇口のイメージ

蛇口を分解する前に、止水栓を閉めて水が出ないようにします。止水栓の場所がわからない場合や、ハンドルがかたくて回らない場合は、水道の元栓を閉めましょう。元栓は水道メーターの付近にあるのが一般的ですが、地下に埋められていることもあります。元栓を閉めるとお風呂だけでなく、家中の水が止まってしまうので、必ず家族に了解を得ましょう。

作業が終わったら、止水栓や元栓を戻すのを忘れないよう気をつけてください。パッキンやバルブカートリッジを交換する際は、レバーやハンドルをある程度分解する必要があります。ネジ穴が目立たないようキャップが取りつけられている場合もあるので、よく見て外しましょう。

また、レバーやカートリッジを外す際、力任せに引き抜こうとすると、水栓ごと破損してしまうおそれがあります。無理なく動かせるまで、ネジやナットをゆるめてから分解しましょう。パーツを交換したら、今度は元通りに組み立て直さなければいけません。戻す順番がわからなくなったり、前後したりしないよう、写真をとりながら作業を進めると安心です。

まとめ

修理業者のイメージ

原因を特定できない場合や、自分で修理をする自信がないときには、無理をせず専門の業者に依頼しましょう。 水の生活救急車では365日対応が可能で、緊急の場合もすぐに駆けつけます。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください