水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

キッチンの床下の水漏れが重大なトラブルになる!?

カテゴリー:キッチン・台所の水漏れについて

一般家庭においてキッチンといえば、トイレやバスルームなどと同様に水をよく使う代表的な場所です。それだけに、水漏れも起こらないとはいえません。キッチンの水漏れが床下にまで広がってしまったらどんなトラブルを招いてしまうのでしょうか。ここでは、キッチンのトラブルに備えた対策などについて紹介します。

まずはキッチンで水漏れの原因となる場所をおさらい!

蛇口からの水漏れイメージ

キッチンで起こる水漏れといえば、蛇口の周辺やシンクまわりのパイプ連結部に使われているパッキンの劣化が代表的です。他にもシンクそのものに亀裂などが入り、水が流れ込むことで建材の腐敗を伴った水漏れになることもあるでしょう。いずれにしても、キッチンなどの水まわりでは長く使用しているとパッキンやパイプなどから水漏れは起こるのです。

特に、壁や床下に設置された給排水管が破損してしまうと、短時間で床下に大量の水漏れが発生します。このような重大な水漏れにならないように、交換部品は数年ごとに定期メンテナンスしておくと安心です。

初期の水漏れなら修理費用も安くすむ!

排水ホースから床下にある排水口のトラブルは、日ごろから目につきにくい場所なのですぐに気がつかないかもしれません。しかし、キッチン周辺でなんとなく悪臭がしたり、水が漏れる音が聞こえたりするなどトラブルの兆候を感じる場面はあるはずです。シンク下で起きた初期の水漏れであれば、多くは排水口周辺の修理で完了します。

そのため、シンク下のパイプがゴミなどで詰まらないようにし、排水口が詰まって逆流を引き起こすなど重大なトラブルに発展しない工夫が必要なのです。

水漏れが床下まで進んでしまったらどうなるのか?

給排水管のトラブルなどが起きてしまうと水漏れは短時間でも深刻です。床下まで流れ込んだ水が行き場を失いたまってしまうと、やがて水そのものが腐りはじめて生臭い悪臭を放ちはじめます。しかも、床下の湿度が高くなることで、基礎部分や建材などの表面が濡れたままの状態だと、木材なら腐りはじめますし、鉄骨などでも錆びなどが部材をもろくしてしまうでしょう。

さらに、多湿状態が長く続けばカビやシロアリなどの発生を誘発します。マンションやアパートなどで下の階に人が住んでいる場合には、水漏れが原因となり天井やクロスにシミができてしまうことも起こりえます。

カビとシロアリなどの発生は高額な修繕費だけでは終わらない!?

床への水漏れイメージ

多湿状態が原因で起こるカビは、目に触れない壁の裏側や柱、クロスの内側、押し入れやクローゼットなど、簡単に拡大してしまいます。カビが広範囲になると対策コストも軽視することができません。しかも、目に見えないカビが空気中を浮遊することで、人によっては咳に悩まされるなど健康被害へとつながります。

ここまで事態が深刻になってしまうと、最悪はリフォームまで視野に入れた大掛かりな修繕が必要になるでしょう。特に、カビやダニは子どもや高齢者などアレルギーを持った抵抗力が弱い人ほど症状に悩まされます。一方、シロアリの発生で、木材に限らずコンクリートであっても建材をかじり、破損させることで建物の耐久性を急速に奪うことがあげられます。

しかも、完全に駆除するには専門的な経験が必要になる他、床下に潜り込んでの作業となればだれにでも簡単にはできそうにありません。殺虫剤などを直接噴射しても目の前のシロアリなら殺すことはできますが建材内部に隠れているシロアリまでは殺せないので、住みついてしまうと完全に駆除することがとても大変です。

それだけではなかった?水漏れ被害の恐ろしさ

床下にまで発展した水漏れトラブルも、修理が完了すれば個人的には解決したと思うかもしれません。しかし、戸建て住宅であれば床下からのカビ臭さや残ってしまった悪臭が気になることもあるでしょう。実際、建材のすき間に発生したカビや臭いを拭いても取り除くことはほとんど無理で、独特の臭いがその後の生活を不快なものに変えてしまいます。すぐに引っ越しできればいいですが、自宅であればそれも簡単ではありません。

また、水に触れた電気ケーブルは漏電を招くこともあります。電気は水の中を流れやすい性質も持っていて、金属部分に電気が流れているととても危険です。通常、屋内の電気ケーブルは絶縁体で被覆されていますが、ケーブルのジョイント部分やコンセント部分など、むき出しとなった場所がたくさんあります。特に、天井にシミができて入れば、照明器具に漏電が発生しても不思議はありません。

マンションやアパートの場合、近隣住民とのトラブルを招くこともあるでしょう。たとえば、階下の住人などの室内や家財道具を水漏れが原因となって損傷させれば、賠償責任にまで発展することもないとはいえません。水漏れは横と下に広がりやすい性質があるので、高層マンションであれば、なおさら被害の範囲も拡大してしまうのです。そこで、万が一に備えて火災保険に加入しましょう。その際に、水漏れトラブルのどこまでが補償範囲となるのかしっかりと確認しましょう。普段は目に触れない壁内部の給排水管からの水漏れは避けようがありません。しかし、異変に気がついたときは被害を拡大させない対策が必要です。特に、水漏れは長く放置すると被害も拡大されるので、水の元栓をすぐに閉め、原因の確認と手配が欠かせません。

まとめ

修理業者イメージ

キッチンに限らず、水漏れの被害が床下まで広がると大きな問題に発展しかねません。 少しでも水漏れの疑いがある場合は、早めに対策を講じる必要があります。 床下まで広がってしまった場合も、徹底的に修理を行わなければ、ある日突然他の部分に不具合が生じてくることもあります。 自己判断だけで対処せず、進行してしまった水漏れは業者にも相談し、対処するようにしましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください