水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

キッチンのシンクから排水が逆流してしまう!?原因と対処方法について

カテゴリー:キッチン・台所の水漏れについて

キッチンでよく起こるトラブルの一つに、シンクからの排水の逆流があります。逆流は、何が原因となって起こるのでしょうか。排水が流れないと料理や後片付けをする際に困りますし、あふれ出す量が多ければキッチンが水浸しになってしまう恐れもあります。そこで、今回は原因を紹介したうえで、対処方法についても詳しく解説します。

キッチンの排水が逆流してしまう原因は?

排水の逆流を引き起こすのは排水管の詰まりです。排水管が詰まっていると流した水が排水されなくなるのは当然ですが、被害はそれだけに留まらない場合があります。詰まっていることに気付かずに流し続けると、行き場を失った排水は排水管を戻ってくることになるのです。

詰まり始めのころは排水の勢いが少し弱くなる程度ですが、詰まり具合がひどくなるにつれてスムーズに流れなくなっていきます。流れてくる量が排水できる量を上回ったときが逆流するタイミングです。そして、排水がシンクまでさかのぼってきたときに、症状として認識することになります。詰まっている箇所や流した水の量などにより、逆流の量や勢いには差があります。

キッチンの排水管は複数のパイプがつながれたものです。使い続けているとつなぎ目を中心として、いろいろな汚れがたまっていきます。食材の切れ端や食後の食べ残しなどが流れていき、つなぎ目にひっかかってしまうのです。固形物だけでなく油分や調味料、洗剤の成分なども付着していきます。それらが付着した部分は粘性を持ちやすい傾向です。つなぎ目や詰まっている固形物の粘性が高まると、ますます汚れがひっかかって留まりやすくなってしまいます。

このような悪循環が繰り返されることで、詰まりの症状が進行していきます。つまり、逆流の根本的な原因になるのは、詰まりを引き起こすこれらの要素です。

排水管の詰まりを除去して逆流を解消!

排水の逆流を解消するには、排水管の詰まりを除去する必要があります。キッチンの排水管の導入部分にあたる排水口をチェックしてみましょう。そこが詰まっているのであれば、解消するのは難しい話ではありません。一般的にシンクにある排水口はいくつかのパーツで構成されています。たとえば、プラスチックやゴムのふたがあり、その下にフィルターの役目を果たすバスケットや水がたまるトラップがあるものが多い傾向です。それらは分解できるので、パーツごとに清掃していきしょう。

固形物は手で取り除けますが、粘性のある汚れは簡単には落ちません。漂白剤を吹き付けて置いておいたり、重曹を吹き付けて歯ブラシでこすったりすると取れやすくなります。

排水口が詰まっていない場合は、その奥の清掃を行わなければなりません。排水口から見える部分については、パイプ用のブラシを用いて掃除が可能です。ワイヤーの先にブラシが付いているので、指が届かない奥の方にまでアプローチできます。また、パイプクリーナーを使用するという手もあります。排水口から注いで一定時間をあけてから、水を流すというのが一般的な使い方です。うまくいけば、溶けた汚れも一緒に流れていき逆流が起こらなくなります。

ただし、詰まりが解消されていなければパイプクリーナーの成分と一緒に逆流しかねないので注意が必要です。様子を見ながら行い、難しいと感じたら無理をせずに専門業者に連絡しましょう。

詰まりの予防も逆流対策のポイント!

清掃して水が流れるようになっても、シンクをそれまでと同じように使っているだけでは、また逆流する状態を招いてしまいます。したがって、普段から詰まらないようにケアすることも基本的な対策となります。最も簡単なのは、排水口に網目の細かいネットを取り付けることです。使い捨てのものが100円均一ショップなどで売られており、固形物をほとんどキャッチしてくれるので役に立ちます。

ただし、液状のものは網目を通って流れていくので注意しなければなりません。液状であれば、詰まりの原因にならないと考えるのは間違いです。たとえば、汁ものに含まれる油分などは、流した時点では液状でも配管の中で冷えると固形物になる場合があります。

そのため、食後の片づけをするときは、すぐに洗い流してはいけません。食べ残しを取り除くとともに、油汚れを拭き取っておくことが大切です。流れてしまった可能性がある場合は、固まりにくくするためにお湯を注いでください。ある程度シンクにお湯をためてから一気に注げば、排水管の中でひっかかっている固形物も強い水圧がかかって流れていく可能性もあります。

また、あまり詰まっていなくても、早い段階でパイプクリーナーを使って清掃しておくのも良い方法です。定期的にこのようなケアをしておくと、排水が逆流することを防ぎやすくなります。

まとめ

キッチンは生活に欠かせないものであり、シンクを使えない状態では十分に機能しなくなります。そのため、排水の逆流を引き起こす詰まりを予防することは重要です。

ただし、予防をしても、年月とともに配管にしつこい汚れが蓄積していくのは避けられません。専門業者への相談も視野に入れて、逆流が起こったときの対処をシミュレーションしておきましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください