水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

トイレの水漏れが臭い・・・この原因って何!?

カテゴリー:トイレの水漏れについて

トイレが水漏れしているのはわかっているけれどなぜか臭いという場合は、排水のための水が漏れているのでなく、もっと深刻な原因が潜んでいます。 トイレの水漏れでもただの水漏れならトイレタンクや排水パーツなど比較的これから水を流す場所からの故障と考えられますが、そうでない臭いのある水漏れは注意が必要です。

そこでここではトイレの水漏れが臭いという場合の原因と対策についてご紹介します。

トイレの水漏れが臭い理由とは

トイレの水漏れが臭い理由とは

トイレが水漏れしていると臭いがきついということがあります。 実はトイレの水漏れにもきれいな水が漏れている場合と汚水が漏れている場合という2種類が存在します。 臭いがするという場合は後者になります。 ここでは、汚水の場合は具体的にどんなケースがあるかをご紹介します。

便器と床の間からじわじわ水が浸みだす

便器と床の間からじわじわ水が浸みだす

このケースは汚水が便器と床の間からちょっとずつ浸み出しているので臭いが出ます。 汚水が出て、そこから少しずつ水が漏れるということは色々な理由があります。

水の色と臭いで判断してみてください。透明なら別の理由があり、明らかに汚水なら以下のような理由が考えられます。

最初に考えられるのが便器のひび割れというケースです。 これは汚水が便器と床の間からちょっとずつ浸み出しているなら、便器そのものから汚水があると考えられます。

その場合は、便器のひび割れにより汚水が出てしまっているということです。 臭いがあるのでつらいでしょうが、どこから出ているのかを確認してみましょう。

できるだけ細かくどの程度の量が漏れているのかもしっかり確認してみます。この「どこか」ということでも対策方法が違うのでチェックしてみましょう。

便器のひび割れの場所がはっきりして、汚水の量はそれほどでもないという場合なら防水パテを使って水漏れを予防することもできます。

お金を掛けたくないという方は防水パテを使う方法もありますが、これは一時的なものなので、継続して維持できるというタイプのものではありません。

これで補修したとしてもまた劣化してすぐ水漏れしてしまうこともあります。

そうなると便器ごと交換することになります。実はこの交換こそが意外とお金がかかるので後回しにしてしまうこともあります。

こうなると自分で修理するというレベルではないので、工事業者に依頼するしかありません。もちろんトイレの便器自体もお手頃なものもあるので、一度早めに見積もりを取ってみましょう。

次にあるのが汚物の水漏れがあるという恐ろしいケースです。 これは汚物と水が一緒に漏れ出すという状況ですが、多くの場合先ほどの便器の劣化と状況が違うことがあります。

それは施工ミスやトラブルといった場合が多いということです。 多くの場合、施工してすぐということでこのようなケースが起こりやすいようです。

このケースで考えられるのが施工不良というケースです。 汚物と水が一緒に漏れるというのは施工不良ということが考えられます。 先ほどの便器割れは経年劣化によるものですが、施工してすぐなら施工不良ということもあります。実は意外と多いトラブルだと言われています。

これは水回りの業者さんでない方、経験不足の職人さんが取り付けて起こることがあります。水回りに関しては水回り専門の業者さんに依頼するのが一番良い方法です。

施工不良ということを示すためにもお水に色が付くようなタイプの洗浄剤や芳香剤があるはずなのでそれを使って確認してみましょう。

一晩おいてみて、水が漏れてくる箇所から同じ色が出ているなら施工不良ということもあります。そんな場合は修理が無料になることもあります。

トイレ床付近から黒っぽい水が浸み出してきた

これもトイレを設置した年数が多いと起きることもあります。 これは設置してからすでにかなり経っていると設置不良や便器のヒビでない限り、別の理由が考えられます。それは排水部のパッキンが劣化した場合です。

これは便器と排水をつないでいるパッキンなどが劣化してしまい、水漏れが起きているというケースです。便器と排水部分を接続しているので水漏れとしても色がついていることがあります。

これは長年のサビや汚れが混じってしまい、水に色がついて漏れるものです。接続部分のパッキンが劣化してしまい水漏れがおきます。

一見パッキンは交換が楽そうに感じます。ネットでも盛んにDIY方法が書かれています。ところが便器と排水部を接続しているパッキンを交換することでこの汚水が解決するものの、実は簡単ではありません。

その理由は、実際に交換する場合、便器を取り外す必要が出来るからです。

もちろん器用な人なら自前でする、ということもありますが、交換するパッキンをまず用意して、便器を取り外してまた付け直すという作業があります。 これは失敗すると大事です。そのために業者さんに依頼する方が多いはずです。

結露がないのに水漏れして臭いがする

設置して数年というのに、結露するような時期でなくても便器が床に設置しているところから水漏れしてくることがあります。

状態は結露に似ているので見逃してしまうこともありますが、場合によっては臭いがする、さほどの温度でないのに結露のような感じで水漏れするなら施工不良という可能性もあります。

これは便器と床の接地面にあるシール材と呼ばれるものの施工が行き届いていないと起こることがあります。

また便器のボルトの締め付けが弱い、施工する時に何かを噛んで多少間が空いて水が漏れる、というケースです。

これはプロだから起きないということはありません。 もちろん便器そのものに何か原因があるということもあります。 これは一度施工してもらった業者さんに連絡できるなら見てもらうとよいかもしれません。

もしはっきりと水漏れが施工の問題だということがわかれば水漏れの原因となっているパッキンや粘土質のシール材を交換してもらうと修理できます。

また施工不良といえない場合もあります。というのも便器と床の接地面にずれが生じるということもあります。 どんなケースで間があくのかわからないので、すべて施工の問題で片付けられないこともあります。

トイレの水漏れが臭い原因をなくすには

トイレの水漏れが臭い原因をなくすには

一時的な問題なら、芳香剤や防水パテといった原因に即した方法で対処します。 また介護が必要な高齢者がいるご自宅、小さいお子さんがいるご家庭では比較的トイレが臭いことがあります。 これはつい漏らしてしまうということで尿の臭いが染みついてしまうということもあります。

特に大人の尿が染みつくとかなり後まで響きます。 このような場合はトイレの壁紙を取り換えることができるなら一時的に臭いを抑えることができます。

ただしトイレだけは多くの場合DIYで修理するという訳にはいきません。 また多少滴るぐらいなら雑巾などでも予防できますが、経年劣化で便器が割れてきたという場合はそれが寿命です。

そしてそれをほっておくと便器から染み出た汚水が今度は床に流れて最悪床が腐るということもあります。実は水漏れ(汚水)といっても住宅を劣化させてしまう元になります。

そんな時は迷わず水回りの修理業者に依頼したほうがよっぽどスッキリします。 毎回トイレに入るたびに苦痛だった臭いがスッキリして、新たな気持ちを迎えることができます。

まとめ

トイレの水漏れが臭い・・・この原因って何!? まとめ

トイレは家族全員が使うところです。できればいつもきれいにしておきたいものです。ところが経年劣化や長年の使用に耐えられずに徐々に壊れていくというケースもあります。 大抵の故障をDIYで直してきたという方でもトイレばかりは専門業者に依頼したほうがよさそうです。

トイレ回りの修理や工事は水回りのプロに依頼して済ませましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください