水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

覚えておきたいトイレ詰まりの原因になる異物とは

カテゴリー:トイレの水漏れについて

トイレ詰まりを起こす原因は排水管に異物やトイレットペーパーなどが詰まることが一般的です。トイレレバーを引いて突然便器内に水が溢れてきたら焦りますよね。 「ちゃんとトイレットペーパーを使っているのに詰まった」と不思議に思う方も多いでしょう。 ここでは、トイレに流せるものとトイレに流してはいけないものなどを分かりやすく解説していきます。

トイレに流せるものは

紙イメージ

基本的にトイレに流しても良いとされているものは水に溶けやすいトイレットペーパーです。それ以外のものを流してしまうと排水管に引っかかってしまい水の流れを塞いでしまいます。

また、近年では流せるティッシュなどもあり便利な反面、流せるティッシュが原因でトイレを詰まらせてしまうケースも多く報告されているため注意しましょう。

以下では、トイレに流せるものや注意が必要なものをまとめました。

一般的なトイレットペーパー

デパートや薬局などで販売されているトイレットペーパーは水に溶けやすくトイレの排水管を詰まらせる心配がほとんどありません。 しかし、一度に大量のトイレットペーパーを流してしまうと排水管を一瞬で塞いでしまうので、「トイレットペーパーだから大丈夫」と安心するのではなく数回に分けて流すことが大切です。

流せるティッシュ

近年では流せるティッシュなどが市場に出回り注意して流せば大変便利なものとなっています。 「トイレに流しても大丈夫」と記載されているものも多くありますが、トイレットペーパーと比較すると水には溶けにくい性質を持っているため使用には注意しましょう。

トイレ用のお掃除シート

このアイテムは流せるティッシュよりも深刻なトイレ詰まりを引き起こす可能性があります。トイレットペーパーや流せるティッシュよりも一枚当たりの厚さが分厚いため、掃除を終わらせて一度に流すのではなく1枚~2枚に一度は流すように心がけてください。 その意識をするだけでも、トイレ詰まりが起きる可能性を下げられます。

万が一詰まってしまった場合は40度~60度のお湯で溶かすなどして詰まりを解消する方法もあるので、正しい方法を理解した上で試してみましょう。

トイレに流せないもの

流すことを躊躇してしまうようなものを流すとき、「詰まらずに流れれば大丈夫」と無理矢理納得していませんか?

トイレを詰まらせる原因となるものにはさまざまなものがありますが、意外と知られていない「トイレに流せないもの」も実は多くあります。 安易な気持ちで流してしまうと修理費がかかり、個人で詰まりの原因物を取り除こうとして余計に悪化させてしまうケースなどもあります。

専門の業者に依頼すると思いもよらない多額な修理費がかかってしまう可能性もあるため、ここではトイレに流せないものを正しく把握しましょう。以下では、トイレに流せないものをまとめました。

激安で販売されているトイレットペーパー

本来一般的な価格で販売されているトイレットペーパー(日本製品)は水解紙と呼ばれる水に非常に溶けやすい紙で作られています。 激安で売られているものの中には粗悪品などもあり、水解紙ではないものも販売されている可能性があるので注意しましょう。

コストパフォーマンスを高める目的で低価格の商品を使用するよりも、トイレを詰まらせてしまった時の修理費や手間などを考え、適正価格のトイレットペーパーや、日本製品を選んで購入することが大切です。

海外製品のトイレットペーパー

海外製のトイレットペーパーもあまりに安いものだと水解紙を使用していないものがあり注意が必要です。また、詰まってしまった際はお湯でも溶けにくくラバーカップなどで引っ張り出す以外方法がなくなってしまいます。

ラバーカップでも取れない場合は専門の業者に依頼をする必要があり、費用もかさみます。自宅のトイレットペーパーが海外製という方は、一度コップなどに水を入れ、トイレットペーパーがきちんと水に溶けるか確認した上で使用するようにしましょう。

ティッシュペーパー

一般的なティッシュペーパーは水には溶けません。水溶性のトイレットペーパーに対してティッシュペーパーは水溶性ではないためトイレには流さないようにするのが賢明です。

水洗式ではない和式トイレなどはどちらを使っても問題はありませんが、近年ではほとんどの住宅、建物で洋式トイレを採用しているため、日ごろからティッシュペーパーはトイレで使わないように心がけるのが大切です。

ペットの糞

犬

近年では、トイレにも流せるタイプの猫砂が販売されていて需要が高まっています。しかし、猫砂はトイレを詰まらせてしまう原因となるので注意が必要です。

猫砂によって排水管が詰まった場合は排水管の隙間をほぼ全体的に塞いでしまう可能性があり、ただ詰まるだけでなく修理にも時間がかかりやすくなります。

詰まる場所によっては便器を取り外さなければいけない場合もあるため、「トイレに流せる猫砂」だとしても処分の際は燃えるごみで出すように心がけましょう。

嘔吐物

突然の吐き気に慌ててトイレへ駆け込むという方は多いのではないでしょうか?

嘔吐物をトイレへ流すのは一般的なことのようにも感じますが、実は嘔吐物の処理をトイレで行うと詰まりの原因となる場合があるため、推奨されていません。

なぜなら、嘔吐物の中には固形物なども含まれていて水やお湯では溶かすことができない場合があるためです。 小さい固形物が詰まった場合はそれが原因でその後のトイレットペーパーが詰まりやすくなります。

また、嘔吐物には食べ物の油分が含まれているため、排水管内部に油分が付着することで排水機能を低下させてしまう可能性があります。 このようなことから、嘔吐物はトイレで処理するのではなく、ビニール袋などで燃えるごみとして処理するようにしましょう。

料理などで使った油

料理に使った油をトイレに流すことは絶対にしてはいけません。また、台所のシンクに流すこともおすすめできません。料理後に余った油などは適切な処理が必要になり、近年では油を凝固させそのまま燃えるごみに捨てられる商品も販売されています。

また、料理で使った油をトイレに流してしまうと嘔吐物を流したときと同様に、油が排水管内部に付着してしまう可能性があります。料理の油などはトイレに流すことはせず、正しい方法で処理するよう注意してください。

もし異物がトイレに入ったときにすべきこと

万が一トイレに異物を落としてしまった場合、適切な対処方法でないと落としたものによっては奥に入っていき取り除くことが困難になります。

また、便器や排水管を破損させてしまう可能性や便器本体を取り外さなければいけないなどの恐れもあるので、すぐに取り出そうと考えるのではなく専門の業者に依頼するのが安心安全な方法と言えるでしょう。

万が一異物が入ってしまった時は、以下の方法を参考にしてください。

水は絶対に流さないようにする

トイレに異物を落としてしまったら水を流すことは絶対に避け、落ち着いて適切な対処をする必要があります。水を流してしまうと異物が便器の奥に入って取り除くのが困難になるため注意してください。

ゴム手袋を用意する

ゴム手袋

自分で取り除く場合は必ずゴム手袋を着用し、奥に入らないように気を付けながら取り除いてください。 目視できない場合は余計に奥へ入り込んでしまう恐れがあるため、専門の業者に依頼することが賢明です。

ラバーカップを使う

ラバーカップなどで空気圧を利用する方法もありますが、あくまでラバーカップを使うのは「水に溶けるトイレットペーパーなど」が詰まった時だけと覚えておきましょう。異物によっては奥に入り込んでしまう可能性があります。

まとめ

トイレットペーパー

最後に、トイレに流せるものや流せないものについてのポイントや異物を落としてしまった時の対処方法をおさらいしましょう。

  • 流せるティッシュなどは数回に分けて流す
  • トイレに流せるタイプの猫砂でも、ペットの糞は燃えるごみとして処理する
  • 嘔吐物や油ものはトイレに流さない
  • 落とした異物を目視できない場合は専門の業者に依頼する
水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください