水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

水漏れが発生した場合の緊急対応マニュアル

カテゴリー:よくある水漏れトラブル

人が快適に暮らしていくために、「水」は欠かせないものです。 お風呂で汚れを洗い落としたり、キッチンで調理をしたり、トイレで汚物を流したり……。 現代の住宅では、室内でも水を便利に使えるようさまざまな工夫がされています。

しかし、システムや使い方に何らかの問題が生じれば、水漏れという深刻な被害をもたらしてしまうこともあるのです。 いつ、どこで起きるかわからないのが水漏れ被害の怖いところ! もしも発生してしまったら、緊急にどのような対応をするべきなのか、しっかり頭に入れておきましょう。

まずは被害を最小限に食い止める

水漏れ被害イメージ

水漏れは、漏れている水を止めない限り、被害は徐々に広がっていってしまいます。 水ジミができるのはもちろん、床から下へと浸水して、家の構造や階下にまで深刻な被害をもたらしてしまうでしょう。 また、水が常にジャージャーと漏れているというケースでは、時間の経過と共に水道代もかさむことになります。 一刻も早く、被害を最小限に抑えるための行動を開始してください。

もし水漏れの状況が水滴がぽたぽたと落ちる程度であれば、タオルやバケツで対応することが可能です。 水を吸い取ったり集めたりして、余計な場所に広がるのを防いでください。

この対応で不十分なときには、水道の元栓を一旦閉めましょう。 この方法をとれば水はほぼ止まります。 水漏れを起こしていても、被害がそれ以上広がることはないでしょう。

とはいえ、水道の元栓を閉めるということは、被害が発生していない場所以外でも、水が使えないということでもあります。 水漏れ被害を食い止めたら、早急に次のステップへと移ることが大切です。

業者に連絡、修理依頼

作業員

水漏れ被害が広がるのをとりあえず食い止めたら、次は問題を根本的に解決するための作業に移りましょう。 とはいえ、水漏れの原因は実にさまざまで、素人の手には負えない問題が多いのも事実です。

「自分でなんとかしようとして、状況を悪化させてしまった」という例もありますから、潔くプロにお願いするのがベストです。 急な水漏れに対応してくれる業者は多数あります。 電話で状況を伝え、見積もりや修理を依頼しましょう。

業者が自宅までやってきて、見積もりや修理を行ってくれます。 事前にいつぐらいに来られそうかを確認しておくと、安心できます。

アパートや賃貸マンションの場合には?

水漏れ被害が起きたのがアパートや賃貸マンションの場合には、自分で業者を手配するよりも管理会社に連絡した方が良いケースもあります。 水漏れの原因は、壁の中の目に見えない部位にあるケースも多いです。 このような場合、トラブルを解決する義務を負うのは、入居者ではなく大家や管理会社です。

自分自身が明らかに間違った使い方をしている場合はともかく、水漏れの原因がわからないなら、まずは管理会社へ連絡してみましょう。 管理会社から、トラブル解決のための手段が提示されます。

ただし水漏れトラブルは、いつ発生するのか予測が難しいものです。 万が一、夜間や管理会社の定休日などで、連絡することが困難な場合には、自分で業者を手配しましょう。 放置すると、問題がどんどん深刻化してしまいます。 業者に修理をしてもらったら、トラブルの原因をはっきりとさせ、領収書をもらってください。 あとで管理会社に状況を説明し、費用を負担してもらいましょう。

冷静に対処するためのコツ

緊急対応マニュアルに則って素早く行動を起こすためには、いくつかのコツがあります。 こちらも頭にいれておくことで、より安心できます。

自分の家の水道の元栓の位置を確認しておく

普段何気なく使っている水道だからこそ、元栓を意識する機会はほとんどありません。 とはいえいざ閉めようと思ったときに、場所がわからなくては困ってしまいます。 一戸建ての場合は、屋外にある地中のボックス内に設置してあります。 賃貸住宅では、玄関近くのパイプに設置されているケースの中にあることが多いです。 事前に確認しておきましょう。

24時間対応可能な業者を調べておく

トラブルは、いつ起きるかわからないものです。 信頼できて、いつでも対応してくれる業者は事前に調べておきましょう。 見積もりを依頼して、「高額でビックリ!」という方は多いものです。 納得できる価格で修理してくれる業者を調べ、電話番号を目立つところに貼っておくのがオススメです。

アパートやマンションなら、階下にも知らせよう

アパートやマンションで水漏れトラブルが発生したら、階下への被害についても意識してください。 トラブルに気付いてすぐに連絡できれば、被害を最小限で食い止められます。 水濡れ被害が広がれば、その分損害賠償金額も大きくなってしまいますから、早急に対応しましょう。

まとめ

マニュアル

緊急対応マニュアルを頭に入れておけば、いざというときの手順にも困らないはずです。 水は人間の生活に欠かせない便利なものだからこそ、トラブルは早めに食い止めて、安心して使えると良いですね。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください