水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

蛇口が壊れた?蛇口の故障を疑う前に初めに確認すべきこと

カテゴリー:よくある水漏れトラブル

毎日使っている水道の蛇口が、ある日突然おかしくなったことはありませんか。閉めても水がポタポタと垂れたり、蛇口周辺部分から水が漏れてしまったり、そんなときはあわてて業者を呼ぼうと思うかもしれません。

しかし、蛇口の故障は意外にも自分で直せることもあります。今回は、蛇口の故障を疑う前に、初めに確認すべきポイントについて詳しく紹介します。

蛇口は分解できれば直せる!?まずは原因を突き止めよう

蛇口を分解

「水道の蛇口が壊れた」ということは日常生活においてあまり多くないかもしれません。しかし、水道のトラブルは突然やってきます。例えば、「蛇口を閉めても水がポタポタと落ちる」といったケースは、多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。まず、蛇口をひねって水が出るケースの場合、蛇口の内側にあるパッキンが劣化して水が落ちるというケースが多い傾向です。また、シングルレバー式と呼ばれるレバーを上下にする蛇口のタイプでも同様の原因が多いでしょう。このような場合は、水が出ないように止水栓を閉めてから蛇口の持ち手部分を分解します。

スパナなどを使えば取っ手部分が取り外せることも多く、その後は内部にあるバルブ部分を取り外します。バルブが汚れているようなら、バルブをきれいにすることにより水漏れが改善されることもあるでしょう。掃除しても水漏れが改善しない場合は、バルブ部分の部品交換が必要です。各蛇口メーカーに問い合わせれば、必要部品を購入することもできるでしょう。持ち手部分の場所を分解できれば、部品交換は簡単に対応できることも多いです。しかし、「なかなか自分で分解することができない」「原因が分からない」といった場合は、無理せず修理業者に頼むようにしましょう。

蛇口周辺からの水漏れはどうすれば?

蛇口周辺からの水漏れ

また、蛇口周辺から水が漏れてしまうこともあります。ここでは、キッチンで多く見られるシングルレバー式の蛇口を例に見ていきましょう。まず、シングルレバー式の蛇口は、「ハンドルのすぐ下」「設置個所の根元」「つなぎ目部分」といった箇所から水漏れを起こしてしまうこともあります。ハンドルのすぐ下から水が漏れている場合、蛇口からポタポタ水が落ちる原因と同じで、内部にあるバルブの劣化によるものが多い傾向です。この場合はハンドル部分を分解し、内部のバブルを新しいものに交換することで直ることが多いでしょう。

そして、蛇口が設置されている根元部分からの水漏れは、蛇口の根元内部にある「スパウト」や「パッキン」というゴム部分の劣化や汚れによることがあります。ここは外からの汚れが蓄積されていると水漏れを起こすこともあるため、まずは蛇口周辺をしっかりと清掃しましょう。それでも水漏れが改善されない場合は、蛇口を分解してスパウトやパッキンの交換が必要です。最後に、蛇口のハンドルにあるつなぎ目部分から水漏れをしている場合、蛇口内部にあるパッキンやカートリッジが劣化していたり、故障が原因だったりします。

外部の黒カビが蓄積してゴムのゆがみを引き起こしているケースもあるため、まずは歯ブラシなどで水漏れ部分の汚れをこそぎ落としましょう。それでも改善しない場合は分解が必要です。ただし、どのパーツが原因を起こしているか分からないため、つなぎ目からの水漏れは業者を呼んだほうがよいケースもあります。また、水道の故障を疑う事例のポイントは「水の出が悪くなる」ということです。蛇口をたくさんひねっても、出る水の量が少ないといったケースは注意しましょう。

水の出が悪くなる原因は?

水の出が悪くなるのは、蛇口の先端部分にある排水口が詰まっていることが多い傾向です。多くの蛇口には排水口にキャップのようなフィルターが設置されています。フィルターに鉄サビなどが蓄積され水の出が悪くなることもあるので、排水口のフィルターを取り外し、歯ブラシなどで清掃してみましょう。そして、水の出が悪いだけでなく、「蛇口から水が全く出なくなった」というケースもあります。この場合は蛇口の排水口に何かが詰まっていることが多い傾向です。水垢や鉄サビが蓄積され、詰まりを引き起こしていることもあるので、まずは蛇口先端部分を歯ブラシやつまようじなどで清掃しましょう。

そのままこすっても良いですが、お風呂の洗剤などを使って掃除したほうが、サビや水垢を落としやすいです。また、小さな子どもがいる家庭では、蛇口に細かいものを詰めて水が出なくなるといったトラブルもあります。その場合は蛇口を外し、「どこに何が詰まっているのか」をチェックすることが必要です。

いずれにせよ、水が出ないときは「止水栓」を締めてから作業しましょう。詰まりが直ったとたん水があふれ出てしまうこともあるので危険です。止水栓の多くは、水道メーターにつながる配管上に設置されていることが一般的といえます。止水栓の多くは、「蛇口のように手で回して止める」「マイナスドライバーを使って止める」といった方法が特徴です。

まとめ

まとめ

蛇口故障の多くは、内部にあるバルブやパッキンの劣化などによるものです。そのため、蛇口を分解して適切に処理すれば、自分で蛇口の故障を直すこともできるでしょう。しかし、蛇口によってはなかなか分解できなかったり、故障の原因が分からなかったりすることもあります。

蛇口の故障は日常生活に大きな影響を与えるものです。自分で対応できないときは無理をせず、水道業者を呼んで迅速に対応してもらいましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください