水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

その水漏れはどこから?よくある蛇口の水漏れ箇所

カテゴリー:よくある水漏れトラブル

水道の蛇口をしっかりと締めているにも関わらず、水がポタポタと落ちることがあります。この状態は、たとえ少量とはいえ水道を使用しているのと同じ状態であるため、水道料金がかかってしまいます。

なぜ、しっかりと蛇口を締めているのに、水が漏れてしまうのでしょうか。今回は、蛇口からの水漏れの原因、対処法について解説します。

蛇口の水漏れが起きる場所は、主にこの4つ!

水漏れ

キッチン、バスルームなど住居の各所にある水道の蛇口は、生活用水を提供するため、ほぼ毎日使用する大事な部位です。蛇口から水漏れが発生した場合、使用していないのに水道代がかかってしまうというデメリットだけでなく、少しだから大丈夫だろうと水漏れを放置していると、より一層状態が悪化する可能性もあります。

蛇口の水漏れを発見したら、放っておくのではなく、その原因と対策を考慮しなければいけません。蛇口の水漏れは、大きく分けて蛇口の4つの部分から発生します。その4つの部分とは「接合部分」「吐水口」「配管やパイプの付け根部分」「蛇口の付け根や壁面の設置部分」です。

蛇口には、ひねって水を出すハンドルタイプやレバーを上下させるレバータイプがあります。ハンドルなどの部分と他のパーツの結合部分から、ちょろちょろと水が漏れることがあります。結合部分から水が漏れているということは、それぞれのパーツをつなげているナットやボルト、ビスがゆるんでいる証拠です。

また、蛇口内部のパーツが劣化している可能性があります。蛇口は、内部のパッキンやコマ、外部のバルブなどの部品が組み合わさって形成されているものです。蛇口は、ハンドルやレバーを動かすことによって、内部の部品が水を出したり止めたりする働きをします。毎日のように水道を使用すれば、これらの部品が劣化・磨耗してしまい、蛇口を締めているのに水を止める機能を果たさなくなってしまうのです。

この場合は、それほどひどい状態ではないので、簡単に修理することができます。しかし繰り返しになりますが最初はわずかな量の水漏れでも、放っておくと内部のパッキンなどの劣化がすすみ、わずかな量から大量の水漏れへとなるので早めの対処が必要です。

吐水口から水漏れが発生する場合もまずは部品の状態を確認するようにしましょう。ほとんどの蛇口の吐水口に取り付けられているのが、フィルターという網目状の部品です。水漏れが起きた場合、このフィルター部分が汚れている可能性があります。

もうひとつの原因は、蛇口内部のバルブカートリッジという部品です。この部品が劣化することにより吐水口から水漏れが発生します。吐水口からの水漏れは、この2つの状態をチェックしなければいけません。

配管やパイプからの水漏れは、他の水漏れ同様に、ナットやボルト、ビスのゆるみ、内部パーツのパッキンなどの劣化などが原因として考えられます。また、蛇口の種類によって、配管の付け根付近にフィルターやバルブカードリッジが取り付けられていることもあるでしょう。それらの汚れ、劣化も原因として考えられるので、分解して調べることが必要です。

蛇口の付け根、壁面の設置部分から発生する水漏れは、蛇口と壁面を結合するための、ねじ巻き部分の劣化が原因と考えられます。水漏れをなくすには、ねじ巻き部分の補修が必要です。また、配管の内部でつまりが生じているケースも考えられます。この場合は、給水管などの配管の掃除をしなくてはいけません。掃除によりつまりが解消され、水がうまく流れるようになるでしょう。蛇口の水漏れを発見したら、水漏れしている箇所を確定して「なぜこの箇所で水漏れが起きているか」について原因を追求することが大切です。

蛇口の水漏れ修理は自分でもできる?その手順とは

修理

蛇口の水漏れを発見した場合、自分で水漏れを修理することも可能です。蛇口の修理は、蛇口の各部品を分解しなくてはいけません。まずやるべきことは、修理の際に使用する工具の準備です。ホームセンターなどに行けば蛇口修理に必要な工具は販売されているので、ひと通りそろえましょう。主にマイナスドライバーや精密ドライバー、3mmほどの六角棒レンチ、モンキーレンチの4種類は必要です。精密ドライバーがなければ、キリでも代用品となります。また、蛇口内部の部品が劣化したと予想される場合は、劣化部品と同じ新品の部品をあらかじめ用意しましょう。

作業に入る前にやることは、「どの部分から水漏れが発生しているか」を明確にすることです。水漏れの場所によって作業内容も異なるので、しっかりと水漏れの場所を把握することが大事です。次に行うのが止水栓か元栓を締めて水を止めることです。蛇口の修理は蛇口を分解する作業なので、水を止めなければ作業の妨げになり、水道を使っていないのに水が流れ続け水道代もかかります。まずは、蛇口につながっている止水栓を締めて水を止めることが必要です。止水栓の場所がわからない場合は、元栓を締めましょう。

水道の止水栓か元栓を締めたら、次に行うのが蛇口の分解です。ナットやボトル、ビスやバルブなど外側にある部品を締めなおすことで水漏れが止まる場合もありますが、それ以外の原因の場合は蛇口を分解する必要があります。分解するときに注意する点は、水漏れが起きている箇所だけ分解するということです。水漏れと関係のない部品まで分解してしまうと、もとに戻すとき手間がかかり、また、他の場所で水漏れが起きる新たな原因となるケースがあります。

分解する際は、分解の手順をしっかりと覚えておくことも重要です。手順を覚えておかないと修理が完了したあと、もとに戻すために組み立てることができません。あるいは、間違った手順で組み立ててしまうと、新たな故障やトラブルを引き起こします。分解はデリケートな作業なのでゆっくりと確実に行うことが大切です。

蛇口を分解して劣化している部品を見つけたら、その部品を用意した新品と取り替えます。注意する点は、取り替える部品は、完全に同じものか互換性のあるものでなくてはいけないという点です。互換性のないもので代用した場合、あとになってそれが原因で故障やトラブルを招くことがあります。そのため、事前に品番や製品名、メーカーなどを調べて同じ部品を用意することが重要です。

蛇口など水道に関する各部品は、ホームセンターでそろえることができます。ホームセンターで見つからない場合は、ネットでの購入でもいいでしょう。確実なのが交換する部品を量販店に持っていき店員に直接聞くことです。品番などを店員に伝えて用意してもらうのも確実な方法です。部品はサイズもまったく同じものを用意しましょう。

部品を新品に取り替えたら、蛇口の部品を組み立ててもとに戻す作業です。分解したときと同じ手順で間違いのないように行うことが重要になります。もと通りにしないと蛇口が使えなくなるので、正確に組み立てましょう。すべての作業が完了したら止水栓・元栓を開いて、「蛇口から水がちゃんと出るかどうか」「水漏れが発生していないか」をチェックします。水漏れ修理に失敗したら、しばらく時間が経ってから水漏れが発生することもあります。そのため、水を止めてしばらく時間を置き、様子を見て水漏れがないか確認しましょう。

分解の手順を覚えるのに自信がない場合は、メモをとったり、分解の手順ごとにスマホで写真撮影をしたりするなどの方法をとりましょう。この方法だと、分解と組み立ての作業をスムーズに行うことができます。また、外部のナットやボルト、ビスを締めて水漏れがなおる場合、ナットなどは締めすぎないようにすることが重要です。きつく締めすぎてしまうと配管を圧迫し破損する可能性があります。

頼もしい存在の専門業者!

蛇口の水漏れを修理する作業は、日常生活においてあまり行わない作業なので、自分で行うのは不安な人もいることでしょう。不器用な人の場合、分解して組み立てる手順が正確にいかないと、それが原因で水漏れの悪化、他のトラブルを生むことになります。

蛇口の水漏れを完全に解消する方法は、専門的な知識とスキルを持った専門業者にお願いすることです。水に関するトラブル解決のプロフェッショナルである専門業者に頼めば、確実に水漏れを解決してくれます。

また、専門業者に依頼すれば、自分は何もする必要がないというものメリットです。自分で修理をする場合は、道具から部品まですべて自分で用意しなければいけません。また、「どんな部品を用意すればいいのか」ということまで自分で調べる必要があります。しかし、専門業者に頼めば、自分がやることは水漏れの詳細を伝えるだけで、あとはすべて専門業者が水漏れを解決してくれます。

ただ、業者に依頼する際には支払い方法をあらかじめ確認しておくようにしましょう。水漏れ修理は被害状況によって作業内容が決まるため、現場で見積もりを取ってもらう形が基本となります。想像以上に被害が進んでいた場合、費用は想定していた金額よりも大きくなってしまいます。多めに現金を用意しておくよりも、あらかじめクレジットカードなどに対応している業者を選ぶと支払いも楽で便利です。

その他、専門業者に依頼する際の注意点は、依頼した専門業者が運悪く悪徳業者だった場合です。悪徳業者は、手抜き作業や割高な修理費用の請求をしてくるのが特徴になります。事前に料金体系を明確にしないで、作業終了後に事前に伝えてなかった費用を請求するのが、悪徳業者のやり方です。そのような悪徳な専門業者にあたらないように、事前に専門業者のことをよく調べることが大切になります。料金体系がわかりやすく明確にしている専門業者を選ぶようにしましょう。

多くの専門業者は、無料見積もりや相談を受け付けています。蛇口の水漏れで悩んでいる人は、専門家の元へ気軽に相談することが、水漏れ解消の近道といえるでしょう。

まとめ

蛇口

蛇口の水漏れは、外部のナットやボルトのゆるみ、蛇口内部の各パーツの劣化などが原因で発生するケースが多いです。蛇口の水漏れはいくつかの箇所で起こり、場所によって原因や対処法は異なります。

新品の部品や工具を用意して自分で修理作業をすることも可能ですが、確実な方法は水のトラブル解決の専門家である業者に依頼するのが良いでしょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください