水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

嘔吐・砂利・髪の毛など原因別の洗面所のつまり解消方法

カテゴリー:洗面所・洗面台の水漏れについて

毎日の身づくろいや帰宅後のうがい・手洗いなどで滞在時間が長いのが洗面所です。 ここは毎日キレイにしているという主婦も多い中、掃除をしていても詰まる頻度が高いなどと悩みが尽きない場所でもあります。

ここでは、洗面所のつまりの原因に着目し、それぞれの原因に応じたつまり解消法に関してまとめました、普段のハウスキーピングで洗面所のつまりが一挙に解決する技ばかりを集めています。

なぜ洗面所がつまるのか

洗面所イメージ

まずは、洗面所の排水口からつながるパイプを見てみましょう。台所の排水パイプや風呂場の排水口と比べると、排水口が小さくかつパイプの口径も細いことが分かりますね。

では、一日の生活動線から洗面所を使う頻度を洗いだしてみましょう。起床後の洗顔・歯磨き、髪をとかす、ひげそりと言った身づくろいから、うがい・手洗いなどこまめに誰かしらが足を止めている場所です。

時折、雑巾を洗った水を流すことや、風呂場の掃除をした後でスポンジを洗う場所としても使っているのはないでしょうか。

洗面所を使うたび、髪の毛やホコリ、土や砂などが排水口へと流れていきます。キャッチタイプのゴミ受けがついていても、細かいごみは排水口をくぐりぬけパイプへ流れていきます。 先述のとおり、パイプの細さ・S字トラップが急になっていることが相まって、重さがあるホコリや砂、長い髪の毛などはトラップ部に蓄積されてしまいます。この蓄積が重なった結果、洗面所が詰まるのです。

この他に考えられることは、石鹸カスの蓄積によるヘドロ汚れによるパイプの閉塞です。 ヘドロ汚れは、掃除の手が行き届かないところで蓄積していきます。毎日掃除をしているのに、排水口がつまるのは、こういったことが考えられます。

砂利が原因のつまりの解消方法

砂利

S字トラップ部に砂利等が蓄積されていることが考えられます。 砂利は、水流で下水へ流れ落ちることが難しい場合があるため、定期的に閉塞を取り除く必要があります。

止水栓を締め、水の流れを止めてから、洗面所の排水パイプを外しましょう。 工具が必要になりますが、モンキーレンチなど家庭にある工具で簡単に外すことができます。

水漏れが懸念されるため、パイプの下には必ずバケツを据え付けて置きましょう。 排水パイプのS字トラップ部を外した後は、別の場所でパイプの内部の汚れを落とします。パイプ用ブラシや、袋に強力磁石を入れてパイプの中に入れると、金属汚れなどを取り除くことができます。

汚れをスッキリ取り除いた後は、元通りにS字トラップ部を取りつけます。水漏れがないか確認するために、洗面所の水をゆっくり流して確認して作業は終了です。

洗面所は手の汚れを落とす場所でもあるため、砂利はどうしても流れてしまいます。 ゴミキャッチ部を細かくする・ゴミキャッチ部に強力磁石をセットしておくなどの予防策がありますが、一番効果的なのは、パイプを外して洗うことに尽きるでしょう。

髪の毛が原因のつまりの解消方法

髪の毛を排水口に流してしまうことで起こるつまりもポピュラーです。 ゴミキャッチ部をこまめに掃除していても、髪の毛は細いためどうしてパイプへ流出してしまいます。

髪の毛のつまり解消の場合、塩素系パイプ洗浄剤を使って「溶かしてつまりを解消する」方法がおすすめです。 パイプ洗浄剤を排水口へ流し込み、30分つけ置きした後にゆっくり水を流して汚れを押しだします。簡単な作業でつまりはほぼ解消します。 塩素系パイプ洗浄剤は、パイプにたまったヘドロ汚れにも効果的です。

排水口からのニオイを解消したいという時にも有効ですので、月に1度程度排水口に塩素系パイプ洗浄剤を注ぐ解消法を用いると良いでしょう。

ただし、髪の毛のつまりがひどく、排水が逆流してきたという場合は、この方法は有効手段とは言えません。

「砂利が原因のつまりの解消方法の手順に合わせて、S字トラップを外し、パイプを分解して掃除をすることをおすすめします。

家庭用パイプ洗浄剤とは

商品名「パイプスルー」や「パイプユニッシュ」と呼ばれる製品がスーパーなどで販売されています。粘度が高い液体で、パイプの内側表面にしっかり張りついて汚れを分解する働きを持っています。

短時間でつまりを解消し、臭いも少なくなりますし、1本数百円程度で販売されています。 1本で数回使える分量が販売されているので、家庭に常備しておくことをおすすめします。

業務用のパイプ洗浄剤もおすすめ

家庭用の塩素系パイプ洗浄剤を使ってこまめに掃除をすることで、髪の毛のつまりは予防することができます。軽微なつまりであれば短時間で解消することも可能です。

ただし、排水口から水が逆流するほどのつまりであれば、業務用のパイプ洗浄剤を利用することも一案です。業務用のパイプ洗浄剤(商品名:PPスルーF)は、ホームセンターで購入することができます。

PPスルーFは粉末です。吸い込まないようにマスクを着用して扱いましょう。 粉末を100グラムほど排水口の周りに振りかけ、40度~60度のぬるま湯を注ぎ入れ一晩放置します。その後シャワーのお湯などを勢いよく流し、緩んだつまり汚れを下水へ流します。

PPスルーFは、洗面所のつまりだけではなく、トイレやお風呂場などのつまりにも効果的です。

家庭用の塩素系パイプ洗浄剤では解消できなかったニオイや、つまりに対処可能ですので常備しておくことをおすすめします。 ただし、業務用ですので使い過ぎるとパイプを傷める結果にもつながりますので、あくまでも「緊急対処」として用いることがベストです。

嘔吐が原因のつまりの解消方法

嘔吐

トイレに間に合わなかった、歯磨き途中でえづいてしまい洗面台に吐き戻してしまうこともあります。吐瀉物は固形が中心ですし、細い排水口ですので水を流す前にまずは取り除くことを考えましょう。

ゴミキャッチ部を外さず、雑巾などを使って吐瀉物を取り除きます。最後にゴミキャッチを外して固形物を取り除けば、つまりを起こすことなくキレイにできることでしょう。

万一、水を流してしまった結果つまりが発生した場合、まずは水を止めます。少し時間をおいて、パイプ用ブラシなどでつまりがどこにあるのか確認してみましょう。

つつくなどの行為でつまりが解消できれば、水をゆっくり流すことである程度のつまりはなくなります。 もし、パイプ用ブラシが届かない場所でつまりが発生していることが分かった場合は、ラバーカップ(プランジャー)を用いて空気圧で固形物の詰まりを取り除いてみましょう。

ラバーカップを排水口に当てて何度か吸引を試みることで固形物を取り除くことができます。 また、この方法で解決できない場合は、先に挙げた「PPスルーF」を使って固形物を溶かすことも一案です。 時間がかかるかもしれませんが、何度か根気よく続けると良い結果が得られます。

まとめ

詰まる水道

洗面所の排水口には汚れの原因となるものを流さないことが一番ですが、髪の毛のほか、土・砂汚れや石鹸カス、繊維くずなど避けては通れない汚れは必ず流れてしまいます。 こまめにゴミキャッチにたまった汚れは取り除くことを励行します。

また、月に一度程度の頻度で塩素系パイプ洗浄剤を使って、つまり防止の対策をとることで突然の排水溝のつまりを防ぐことができます。

万一、つまりがなかなか直らない、パイプを分解して掃除をしても解決できないという場合は、業務用パイプ洗浄剤を使うことも一案です。 洗面所の排水口のつまりはセルフで解決することができるので、あきらめずに対処していきましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください