水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

洗面所で水漏れ発生!困ったときにはここをチェック

カテゴリー:洗面所・洗面台の水漏れについて

洗面所で水漏れが発生した場合、さまざまな原因が考えられます。床が水浸しになってしまったとしても、かならずしも原因が床下にあるとは限りません。そこで、洗面所で水漏れしてしまったときにチェックするべきポイントや、よくある原因について紹介します。

まずは水漏れしている場所を見つけよう

洗面台の下のイメージ

水漏れしている場所を特定する前に、まずは洗面台に収納している日用品を、他の部屋に移動しましょう。水漏れの原因は蛇口や水栓など、目につきやすい場所とは限りません。排水管やS字トラップなども見やすいよう、懐中電灯やランタンなども用意しておくと、確認がスムーズに進みます。

準備が整ったら、いったん蛇口を開けて、わざと水を流してみましょう。そうすることで、水漏れしている場所から水がしみ出してくるはずです。水漏れの量が少ないと、少し流しただけでは特定できない可能性があるので、ある程度の量の水を流しましょう。水を流さなくてもわかるほどに大量の水が漏れているようなら、ひとまず止水栓を閉めて水を止めます。

「止水栓の場所がわからない」「ハンドルがかたくて閉じられない場合」は元栓を閉めれば水が止まるでしょう。元栓は水道メーターの付近に設置されていることが多い傾向です。

しかし、一軒家などは地下に埋められている場合もあります。元栓を閉めてしまうと、洗面台だけでなく家中の水がストップしてしまうので、必ず家族に事情を説明し、了解を得てから閉めるようにしましょう。

蛇口やシャワーホーホースから水漏れしている場合

吐水口から水が止まらない、蛇口のつなぎ目から水が漏れているなどのトラブルは、蛇口本体の故障やパッキンの劣化などが考えられます。吐水口がシャワーになっているタイプの蛇口は、シャワーホースの状態も確認しましょう。洗面所のシャワーは出し入れを繰り返すうちに穴があいたり亀裂が入ったりして、水漏れを起こすことが多い傾向です。

床がビショビショになるほど大量に水が漏れているのであれば、シャワーホースが原因である可能性が高いでしょう。パッキンの劣化やナットのゆるみが問題であれば、ナットの締め直しや部品の交換で対応できます。

しかし、シャワーホースが壊れている場合は、蛇口ごと交換しなければいけません。蛇口はホームセンターや通信販売で購入できるので、自分で交換も可能です。ただし、給水管を取り外す必要があるため、自信がない人は専門の業者に依頼すると良いでしょう。

洗面台の下もチェック

水漏れしている配管のイメージ

蛇口に問題がないのに、洗面所の床が湿っている場合は、配管のトラブルが原因と考えて良いでしょう。まずは給水管と止水栓をつなぐナットに異常がないかを確認します。

ナットがゆるんでいるだけなら、締め直すだけで解決しますが、ナットに異常がなければパッキンが劣化している可能性があります。モンキーレンチやウォーターポンププライヤーを使ってナットをゆるめ、内部に取りつけてあるパッキンの状態をチェックしましょう。劣化したパッキンを新しいものと交換し、再びナットを締めれば、止水栓の水漏れは解決します。

また、洗面台の下のS字トラップも、水漏れを起こしやすい部分です。S字トラップの上部と下部には、キャップナットがついています。場合によってはナットが3つついているタイプのS字トラップもありますが、どのナットも水漏れしないよう中にパッキンがつけられています。パッキンが劣化して、ナットがゆるむと水が漏れてしまいがちです。そのため、水漏れを確認したらパッキンを交換してナットを締め直しましょう。

S字トラップの水漏れは、水を流せば目視で判断できるので、比較的わかりやすいです。

排水ホースは水漏れしやすい!

S字トラップと排水管をつなぐ排水ホースは、通常は固定されていますが、排水管にしっかりとおさまっていまないと、床に水がこぼれてしまうことがあります。排水ホースがきちんと排水管に入っているかを確認し、隙間があるなら排水プレートや防臭ゴムで固定しましょう。排水管とホースのつなぎ目に問題がなければ、ホース自体が破損している可能性があります。

懐中電灯を当てながら、ホースに穴や亀裂がないかを念入りに確認しましょう。破損している部分が見つかれば、ビニールテープや補修テープでふさぐことで、一時的に水漏れはしのげます。ただし、この方法はあくまで応急処置です。再び水漏れしてしまう前に、できるだけ早くホースを交換することをおすすめします。

まとめ

水があふれる排水溝

水漏れは原因さえ特定できれば、自分で修理することも難しくありません。ただし、破損したパーツと同じものが手に入らないときや、蛇口や水栓そのものの交換が必要な場合は、すぐには対処できないこともあります。

また、少量の水漏れであれば原因を追究する余裕もありますが、床が浸水してしまうほどひどい水漏れは、一刻も早く処置を施す必要があります。いざというときには専門の業者に連絡することも視野に入れ、落ち着いた対処を心がけましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください