水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

洗面台の水漏れ!放置すると大変なことに!

カテゴリー:洗面所・洗面台の水漏れについて

洗面台や洗面所の水漏れに気づかないままでいると、ある日突然洗面所周りが水浸しになってしまうことがあります。修理を依頼したら高額な請求がきてしまい、そのとき後悔しても遅いのです。水漏れを少しでも見つけたら、原因を調べて早めに対処することが大切です。

万が一、洗面台や洗面所が水漏れしてしまったら、「どのような問題が起こるのか」について詳しくみていきましょう。

洗面台の水漏れトラブル!よくある原因は?

つなぎ目からの水漏れイメージ

洗面台が水漏れするのは、いくつかの原因が考えられます。まず、給水管や排水トラップ部分のつなぎ目の部品がなんらかの理由でゆるんでしまうことです。ボルトがゆるんでしまうとそこから水漏れしてしまいます。

水漏れを発見したら、給水管のどの部分から漏れているのかをチェックして、ボルトやナットなどの部品を閉め直してみましょう。閉め直した後に水を流してみて、水漏れが発生しなくなれば問題ありません。

それでも、水漏れが直らないときは、蛇口や給水管、排水トラップのパッキンが劣化している可能性があります。パッキンが経年劣化することで、その部分から水漏れが少しずつ発生することがあるのです。パッキンを交換するのは、それほどお金はかかりませんし、自分で交換することもできるので試してみる価値はあるでしょう。

ただし、パッキンを交換するときには止水栓を閉めておかないと、水が突然噴出すことがあるので注意しましょう。自分で蛇口、給水管、排水トラップの部品のつなぎ目とパッキンをチェックしてみて、水漏れが確認できないようであれば、水道の専門業者に相談してみることもひとつの方法です。設備自体が故障している場合には、交換が必要になることがあります。自分で交換することが難しいと感じたら、専門業者に頼みましょう。

原因不明!洗面台の下が水漏れしたときは?

洗面台の設備の劣化や故障以外でも、水漏れが発生することがあります。「設備が新しいから大丈夫」と安心していると、洗面台の下が少しずつ水漏れしていることに気づかずに、あとで修理に費用がかかる可能性があるので注意しましょう。考えられる原因としては、地震が起きたときの衝撃で給水管に少しヒビなどが入ることにより、水漏れしてしまうことがあります。

また、振動で排水トラップのボルトがずれてしまい、水漏れすることもあるでしょう。さらに、洗面台の下のキャビネットに洗剤や生活用品を収納している家庭も多い傾向です。しかし、物を詰め込みすぎてしまうと水漏れの原因になる可能性があるでしょう。

また、洗面台のシンク下にはS字トラップという設備があり、詰め込んだ物が当たってしまいS字トラップが動くことによって、ネジが効かなくなることもあります。その結果、S字トラップから水漏れしてしまうので注意しましょう。水漏れの原因がよくわからないときは、このような理由もあることを覚えておくとよいです。

洗面所の床に水漏れした!

洗面所や洗面台周辺の水漏れは、時には床にも広がってしまうことがあります。考えられる原因についてみていきましょう。給水管や排水トラップの問題である可能性もありますが、洗面台のシンクの下にある水受けの部分が水漏れしているかもしれません。シャワーがついている洗面台は、シャンプーなどをするときに便利ですが、よくみるとシャワーヘッドを動かせるように長いホースがついているのではないでしょうか。

シャワーを使うときには、ホースから流れるお湯などが洗面台のシンクに流れ落ちます。床にお湯がこぼれ落ちるのを防止するために受け皿がついているなどの工夫がされている傾向です。しかし、受け皿はいったんたまった水を排出できないために、知らないうちに床下に水漏れしていることがあります。

その他には、排水管からの水漏れを気づかずに放置していることで、竪管が詰まってしまって水が逆流することが考えられるでしょう。たとえば、1階と2階の間のどこかで竪管が詰まることで、2階の排水溝から水が逆流してしまうことがあります。竪管が詰まって許容量を超えてしまうと排水溝から水が逆流して、自分では気づかないうちに「洗面所の床が水浸しになっていた」という問題が起きるのです。

洗面所の床の水漏れで起こるトラブルは?

水浸しになった床

突然洗面所の床に水漏れを発見し、原因がわからないときは、解決方法がわからず困ってしまうでしょう。さらに、水漏れの量が少ないために長い間気づかないと、さまざまなトラブルが発生することがあるので注意が必要です。

まず、床に湿気がたまりカビが繁殖してしまうことで掃除をするのが大変になるでしょう。また、自分の部屋の排水溝からの水の逆流が原因で、賃貸などに住んでいる人は上の階または下の階に住んでいる部屋の水漏れを誘発してしまい、トラブルに発展してしまうことがあります。

高額な修理費がかかることも!

洗面所や洗面台の水漏れを放置してしまうと、突然床が水浸しになったり、床がカビだらけになったり、盛り上がってくることがあります。最悪の場合、洗面所の床を張り替えなければならないでしょう。

さらに、賃貸の場合は他の住人の洗面所に水漏れ被害を与えてしまうと、補償も含め修理費も高額になる可能性があります。被害が自分の部屋だけでも、基本的に床の貼り替えは自己負担しなければなりません。

また、洗面台をいったん取り外して貼り替えをすることで、高額なリフォーム料金が請求される可能性があります。もし、洗面台の給水管や排水トラップの経年劣化による水漏れであれば、大家が費用を負担することが一般的です。しかし、間違った使い方をして水漏れを起こしたときは、住人が費用を負担しなければなりません。不要なトラブルを避けるためには、普段から洗面台や洗面台下の掃除をして、水漏れがないかチェックしてみましょう。

まとめ

洗面台のイメージ

洗面台では顔を洗ったり、衣類を洗ったりして、周囲の床に水が飛び散りやすい場所です。 そのため、水漏れによって床が濡れているのか、そうでないのかの判断がしにくい場合があります。

心当たりがないのに床が水浸しになっていたり、拭いても水浸しのままだったら、どこかから水漏れしている可能性が高いです。 濡れているだけと思わず、水浸しになった場合は水漏れトラブルの可能性が高いので、少しでもおかしいと思ったら調べてみるようにしましょう。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください