水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

原因別の排水管の修理費用について

カテゴリー:水道管・排水管の水漏れについて

排水管トラブルの多くは詰まりや水漏れによるものですが、トラブルが起きたときは一刻も早い修理が必要とされます。 ここでは、排水管修理にかかる費用をトラブル別に分かりやすくまとめました。 いざというときに、早い判断ができるよう、排水管修理の費用相場を知っておきましょう!

排水管のつまりトラブル

お金イメージ

排水管は髪の毛などのゴミや水垢が溜まって詰まりを起こしやすい場所です。排水管が詰まった際に起こるトラブルには、以下のようなことが挙げられます。

  • 水量が極端に弱くなる
  • 水圧による水漏れが起こる
  • 排水溝から水が溢れてくる
  • 異臭がする

日ごろの手入れで排水管をキレイに保つことは可能ですが、長年住んでいる住宅などでは汚れや異物の蓄積により排水管の詰まりが起こる可能性は高いと言えるでしょう。

また、マンションなどの集合住宅では勾配や落差が小さな状態で排水管が設置されています。そのため、集合住宅は戸建てに比べて「排水管の詰まりトラブルが起きやすい」と言えるでしょう。

排水管に詰まった異物を取り除くには、高圧洗浄もしくはトーラー機を使用するのが一般的です。トーラー機とは排水管内部へワイヤーを通して異物を掻き出すための道具で、ワイヤー配管洗浄機とも呼ばれます。

排水管の詰まりトラブルが起きたとき、業者へ修理を依頼したときにかかる費用を以下で確認していきましょう。

<高圧洗浄機を使用する場合>

3m以内の排水管修理なら、19,000円ほどの修理費用が目安です。

(内訳)

  • 基本料金・・・4,000円
  • 作業費・・・15,000円

<トーラー機を使用する場合>

3m以内の排水管修理なら、15,000円ほどの修理費用が目安です。

(内訳)

  • 基本料金・・・4,000円
  • 作業費・・・11,000円

ただし、高圧洗浄機・トーラー機ともに、3mを超える排水管修理の場合は1mあたり2,000円ほどの追加費用が発生する場合があります。

業者によって設定金額が異なるため、排水管の奥深くで詰まっているような場合は事前に追加費用の有無を確認しておきましょう。

排水管の水漏れトラブル

排水溝のイメージ

水漏れはパイプの劣化によりヒビが入った際や、パイプ同士の繋ぎ目が緩くなってしまった場合に起こるトラブルです。

パッキンの交換などで簡単に治せる場合もありますが、パイプがひどく劣化している際は排水管そのものを取り替える必要があります。

詰まりトラブルの修理とは異なり、水漏れは原因調査に時間がかかるため、トラブルが起きた場合は早めの修理依頼を申し込むよう心がけましょう。 水漏れ修理にかかる費用の相場は、以下の通りです。

<調整作業のみの場合>

軽度な水漏れで大がかりな修理を必要としない場合、修理費用は8,000円ほどが目安です。

(内訳)

  • 基本料金・・・4,000円
  • 作業費・・・4,000円

<交換部品が必要な場合>

交換する部品の種類や個数にもよりますが、修理費用は8,000円ほどが目安です。

(内訳)

  • 基本料金・・・4,000円
  • 作業費・・・4,000円

また、水漏れ修理で必要とされる交換部品には以下のようなものがあります。

  • パッキン
  • スピドル
  • スパウト
  • カートリッジ

これらの部品を交換するだけで8,000円ほどの修理費用がかかるとなると一見高そうにも見えますが、個人で修理するよりも確かな補修を見込めるため、時間や手間を考えると決して高くはない金額だと言えます。

そのほか、水漏れの原因がはっきりと分かっていない場合は漏水調査によって別途4,000円の費用が発生する場合があります。

この場合は作業内容や費用が現場での見積もりとなってしまうため事前に金額を聞くことが難しいですが、水漏れによる床や壁の劣化・その後の修繕を考えると、一刻も早い修理依頼を出しておくのが安心です。

排水管の部品交換や取り付けについて

排水管の部品交換

水漏れにはさまざまな原因があり、排水管だけでなく排水栓にも水漏れのリスクが潜んでいます。

たとえば、排水ホースやフレキシブル管の取り付けが甘いことや、劣化することによっても水漏れが起こってしまいます。 以下では、排水管以外の部分から水漏れした際の修理費用をまとめました。

<排水栓から水漏れした場合>

排水栓交換により水漏れ修理が可能で、修理費用は8,000円ほどが目安です。

(内訳)

  • 基本料金・・・4,000円
  • 作業費・・・4,000円

<排水ホースから水漏れした場合>

排水ホース交換により水漏れ修理が可能で、修理費用は12,000円ほどが目安です。

(内訳)

  • 基本料金・・・4,000円
  • 作業費・・・8,000円

<フレキシブル管から水漏れした場合>

フレキシブル管の交換により水漏れ修理が可能で、修理費用は15,000円ほどが目安です。

(内訳)

  • 基本料金・・・4,000円
  • 作業費・・・11,000円

修理費用を削減するには

作業内容や必要な交換部品によって修理費用は大きく異なります。そのため、修理依頼を出す際は状況説明やトラブルが起きている場所を正確に伝えるようにしましょう。

調査の必要がなくなれば調査費用を削減できるだけでなく、スピーディーな修理が可能となります。

よくある排水管トラブルの原因と対策

以下では、よくある排水管トラブルの例をまとめました。 自宅で排水管のトラブルが起こった際に冷静な判断ができるようトラブルの原因と対策を知って、もしものときに備えましょう。

浴槽の水の流れが悪くなった

髪の毛、油分、石鹸、アクセサリーなどの異物が詰まることが大きな原因です。また、経年劣化や自然災害によって下水に何らかのトラブルが起こることでも浴槽の水が流れなくなる場合があります。

異物が詰まっていることが原因の場合は高圧洗浄やトーラー機での修理を行うのが一般的でしょう。 このようなトラブルをなくすには、日ごろからこまめな掃除を行うのが大切です。市販の排水溝ネットを活用するなど、身近なところからできる工夫を行いましょう。

シャワーから水漏れしている

シャワーの水漏れはシャワー部品やホース、混合水栓などの劣化が原因となっている場合がほとんどです。その場合は部品交換をすることで修理できます。 シャワー周辺は洗剤や水垢が残りやすいため、入浴後は水気を拭き取るようにするだけで劣化を防ぎやすくなるでしょう。

キッチンの排水溝が詰まった

異物や油分が固まって排水管を塞いでしまうことが原因です。 修理ではトーラー機を使用するのが一般的ですが、日ごろからこまめな掃除を心がけることで詰まりを未然に防げます。

キッチンの異物や油分は放っておくと悪臭やコバエの発生、パイプの破損に繋がる危険もあるため、定期的な掃除を行いましょう。

キッチンの蛇口から水が漏れている

蛇口の水漏れはお汚水口に汚れが蓄積していることが原因として考えられます。また、パッキンやスピンドルなどの部品が劣化・破損している場合も蛇口からの水漏れが起こります。

多くの場合、部品交換で修理できるので、水漏れしている場所を正確に確認しましょう。 毎日使用する蛇口は長年使用することで劣化が進みます。長年同じ蛇口を使用し続けている場合などは、この機会に新品交換をしておくのが安心です。

トイレが詰まって流れない

一度に大量のトイレットペーパーを流すことや、水に溶けないもの(オムツ、ペットの糞、布製品など)を流すことが原因です。

修理ではトーラー機を使用するのが一般的ですが、詰まりがひどい場合は便器を取り外す必要があります。 トイレに流してはいけないものを家族でよく確認し、適切な使い方を心がけましょう。

トイレの床が濡れている

便器と床の接地部分やウォシュレット、排水管周りなど、水漏れする場所や原因はさまざまです。水漏れしている場所を正確に把握し、必要な交換部品などを確認してみましょう。 トイレは毎日使用することで劣化しやすいため、パイプの繋ぎ目やボルトジョイントなどを定期的に点検しましょう。

まとめ

排水管の修理業者

排水管の修理費用は10,000円前後が相場ですが、水漏れに比べて詰まりのほうが高くついてしまうケースが多いようです。

修理内容によって修理費用は前後しますが、事前に故障場所を確認しておくだけでも修理費用の削減ができそうですね。

最後に、修理費用で大切なポイントをおさらいしましょう!

  • 排水管の詰まりトラブル、修理費用の目安は15,000円~19,000円!
  • 排水管の水漏れトラブル、修理費用の目安は8,000円!
  • 事前に故障場所を確認すれば、調査費用を削減できる!
水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください