水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

お風呂の排水管から悪臭が!原因とその解決法

カテゴリー:水道管・排水管の水漏れについて

お風呂の排水溝から悪臭が立ちのぼってきて、悪臭を感じることがあるかもしれません。ひどいときには、ほかの部屋にまで臭いが広がるケースもみられます。お風呂は毎日の生活に欠かせない場所なので、気持ちよく使いたいものです。

このような悪臭の原因の一つはお風呂の汚れですが、住まいが新しくても臭いがすることがあります。どうして悪臭が発生してしまうのでしょうか。

悪臭の原因の一つはやっぱりお風呂の汚れ!

お風呂

お風呂で悪臭がする主な原因として、「お風呂の汚れ」「排水トラップの不具合」「排水溝や排水管の詰まり」の3つのポイントが考えられます。お風呂の排水溝には、ゴミが流れて行かないように、ヘアキャッチャーが設置されているのが一般的です。排水口にたまった髪の毛は、石けんカスやシャンプー、皮脂などをからめとって吸着するため、雑菌の温床になりがちです。

洗髪した後などに、こまめに髪の毛を取り除く癖をつけておくと、大きなトラブルになるのを防げます。100均などで販売している「髪の毛を集めやすくする便利グッズ」などを利用するのも効果的です。

排水溝全体の汚れが、臭いの原因になることもあります。雑菌が繁殖すると、ぬめりを伴った汚れになり悪臭を放ちます。排水溝を手入れする必要がありますが、あまり触りたくないという人も多いでしょう。そんなときには、重曹とクエン酸を使って汚れを浮かせて洗い流す方法が便利です。クエン酸の代わりに、お酢を使うこともできます。

掃除が終わったら、アルミホイルで作ったボールや10円玉を受け皿に入れておくと金属イオンの働きで雑菌の繁殖を防げます。お風呂は高温多湿になりやすい場所なので、カビや雑菌の繁殖を予防するため、できるだけ乾燥させておくことが大切です。浴室暖房乾燥機が付いているなら、乾燥機能を有効に活用しましょう。

排水トラップをチェックしよう!

お風呂の排水溝に付いているヘアキャッチャーを外すと、排水溝のなかに漏斗状の排水トラップがはまっているのが見えるでしょう。この排水トラップは、排水管の悪臭が住宅に入り込むのを防ぐうえで、非常に重要な役割を果たしています。排水トラップにたまる水を封水といい、排水管の臭いや虫の侵入をせきとめているのです。まずは、「排水トラップがあるかどうか」を確認しましょう。過去建てられた住宅では、排水トラップが設置されていない場合もあります。

そのような場合も、排水溝に水がたまっていれば臭いは防げます。排水トラップがあっても、割れるなどして機能しなくなっている場合は、交換しなくてはなりません。また、排水溝が金属製でさびている場合、破損した個所から水が漏れていると封水できないため、排水管の臭いが直接のぼってくるようになります。排水トラップは、回せば外れるしくみになっています。悪臭を防止したいなら、排水トラップも定期的に掃除して、雑菌や髪の毛を除去しておくことが大切です。

排水溝にたまった皮脂や髪の毛は、放置すると硬くなって除去するのが難しくなり、詰まりの原因になります。また、固形物が入るなどして、詰まってしまうこともあります。詰まりが起こったときには、それを取り除かなくてはなりません。放置していると、そこにも汚れがからみつき、詰まりはどんどんひどくなります。市販のパイプクリーナーは、髪の毛や皮脂を分解して詰まりを取り除くのに効果的です。ただし、固形物は取り除けないので、ブラシなどを使って物理的に取り除く必要があるでしょう。

排水管が詰まったら?

どうする?

排水管が詰まったときも、封水がうまく機能しなくなるため、ダイレクトに悪臭が立ちのぼるようになります。軽い詰まりなら、トイレ用のラバーカップで解消できることもあります。しかし、完全に詰まってしまうと素人にできることはあまりありません。大きなトラブルになる前に、排水管のメンテナンスも定期的にやっておきましょう。排水管の掃除にも市販のパイプクリーナーが使えます。商品に書かれた規定の量で奥まで届かないような場合には、大胆に使ってみるのも良いでしょう。

熱湯をかけてしばらく放置した後、お風呂にためた水などを使って一気に流しきります。詰まりに絶大な効果を発揮する業務用の薬剤を使えば、排水管が完全に詰まっていても開通させることが可能です。インターネット経由で購入できるので、いざというときのために準備しておくと安心といえます。ただし、刺激の強い薬剤もあるため、取り扱いには充分注意しましょう。髪の毛や皮脂が固まって硬くなった場合や、固形物が入り込んだ場合は、市販のワイヤーブラシなどを使って少しずつ削るのも一つの方法です。

ワイヤーブラシがない場合は、針金ハンガーを伸ばして排水溝に差し入れ、削ることもできます。しかし、素人でできることは限られており、効率もよくありません。業者に依頼すれば、真空ポンプやトーラー、高圧洗浄などの専用機器を使って一気に洗浄してもらえます。排水溝や排水管のトラブルで困ったときには、早めに専門業者に頼るのが一番確実です。

まとめ

業者

お風呂の悪臭を予防するコツは、こまめな手入れです。しかし、忙しい現代人のなかには、そこまで手が回らないという人も少なくありません。もし、お風呂の悪臭に悩んでいるなら、専門業者に排水溝や排水管の洗浄を依頼するのがおすすめです。特に、排水管が完全に詰まった場合には、素人にできることは限られています。大きなトラブルになる前に、専門業者に相談してみてはいかがでしょうか。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください