水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください

水漏れはどこから起きている?よくある水道の水漏れ箇所をご紹介

カテゴリー:水道管・排水管の水漏れについて

水漏れは、キッチンや洗面所、お風呂やトイレなど、水道の蛇口がある箇所ならばいつでも起こるリスクがあります。原因はさまざまありますが、蛇口部分の経年劣化や、ホースのつなぎ目の破損、地震によるヒビ割れなど、いろいろな要因で水漏れが起きることが多い傾向です。

今回は、よくある水道の水漏れ箇所の紹介と、その対処法について解説します。

水漏れがおこりやすい場所の代表「キッチン」

キッチン

水漏れは、蛇口のつなぎ目や排水管のひび割れなど、経年劣化によって起きたり、何かが詰まったことによって水が漏れたりすることが多い傾向です。すぐに気づいて対処すれば良いのですが、放っておくと床から水が染み出てきたり、嫌な臭いがしてきたりと水漏れによって大規模な修繕工事を行わなくてはならないケースもあります。そうなる前に、まずはどんな箇所が水漏れを起こしやすいのか事前にチェックしておきましょう。水漏れが起こりやすい場所の代表は「キッチン」です。

キッチンの水漏れ箇所として多いのが「蛇口」。蛇口は細かなパーツで構成されているため、劣化や衝撃などにより破損しやすいです。水道口から水が止まらなかったり、蛇口の根元から水漏れが起こったりします。一般的にキッチンの蛇口の寿命は10年といわれており、それ以上経つと経年劣化により内部のパーツが割れたりヒビが入ったりするのです。水漏れにつながることが多いため、「蛇口を絞めにくい」「絞めたときに変な音がする」などの場合は、水漏れ業者に連絡して部品を交換するなどの対処をしてもらいましょう。

そして、キッチンの水漏れは、床が急に濡れてしまうこともあります。これはシンク下の配水管から水漏れしているケースが多く、食べ残しなどの生ゴミや油が詰まることで起こりやすいです。普段からパイプクリーナーなどで詰まりを予防することが大事ですが、水漏れが起きてしまった場合は配管の交換作業などが必要であり、すぐに業者を呼ばなくてはなりません。床に水漏れがしている場合は家自体を傷めてしまうことになるので、迅速に対応しましょう。

「お風呂、洗面所」の水漏れ対策

お風呂

次に水漏れが起こりやすいのが「お風呂、洗面台」などの水道箇所です。例えば、お風呂のシャワーヘッドから水漏れするといった場合は、シャワーヘッド自体を新しいものに交換すれば直ることもあります。シャワーのホースから水漏れするといった場合も、ホースを交換することで対応できることが多いでしょう。しかし、「お風呂のタイル部分から水が常に漏れている」「お風呂にある水道の根元から水が出ている」といった場合は、自分で修理することは難しいです。

まずは、「どこから水が漏れているのか」を確認し、ユニットバスの場合はメーカー名や型番などを調べて水道業者に連絡しましょう。また、「洗面台の下」も水漏れが起こりやすい箇所です。これは洗面台の接合部分や、パイプのつなぎ目から水漏れが起こることが多いでしょう。状況によってはナットを締め直したり、パッキンを交換したりすることで直ることもあります。

「トイレの水漏れ」の対策

最後に、「トイレの水漏れ」にも注意が必要です。なぜなら、トイレは「タンクからの水漏れ」が多い傾向です。具体的には「流すレバーが戻らず水が流れっぱなし」「トイレ使用後にもチョロチョロ水が流れ出ている」「タンクの結合部分から水漏れがする」といったケースがあります。

多くの場合、タンク内の部品交換をすることで直りますが、そのまま放置しておくと水道代がかさんだり、床下に水がたまったりすることもあるのです。トイレタンクの水漏れは、応急処置としてタンクの裏側や横部分にある「止水栓」を絞めて水道業者に連絡することが賢明でしょう。そして、便器から水漏れを起こすこともあります。これはトイレタンクと便器を結合している部分の不具合が原因だったり、便器自体にヒビが入っていたりすることも考えられます。部品が劣化しており、交換をすることで直るケースが多いのですが、状況によっては便器自体を買い替えなくてはなりません。トイレが水漏れを起こした場合、知らず知らずのうちに被害が拡大し、集合住宅などでは下の階まで水漏れが起きてしまうこともあります。とりあえずタンクの止水栓を絞めて、すぐに業者へ連絡することが大切です。

このほかにも水漏れは、ベランダの蛇口や庭のホースなどから水漏れを起こすこともあります。また、普段は水漏れに気づかなくても、急に「水道料金が上がった」というようなことがあれば要注意です。蛇口など見える箇所からの水漏れではなく、壁の中などの見えにくい配管から水が漏れていることもあります。ほんの数滴の水漏れであっても、長期間に渡って水漏れが起こると水道料金は上がり、家が侵食される原因にもなってしまうでしょう。気になる点があればすぐに業者に連絡をして、水漏れを起こしていないかチェックしてもらいことが大切です。

まとめ

水漏れ

水漏れはいつどこで起こるか分かりません。ただ、水漏れが起きた場合には「蛇口が絞めにくい」「嫌な臭いがする」といったサインもあるため、日ごろから水漏れが起きていないか目や臭いで確かめるようにしましょう。

また、起きてしまった水漏れは専門家である水道業者を呼び、被害が拡大しないようしっかりと対処してもらうことが大切です。

水のトラブルなら水の生活救急車にお任せください