東京都内のお問い合わせ内容と実績紹介

エリア情報
東京都

シャワーから水漏れが生じたというケースの場合、シャワーヘッドからの残り水が漏れる時は異常ではないので、ほうっておいてもすぐ止むはずです。ただし、シャワーヘッドの水栓や部品に異常や劣化がある場合は、現在は正常に動いていても後々破損の原因になる可能性が高いです。水漏れの場合は、どこから水漏れしているのか「漏水個所の特定」をしっかり行えば、素人でも比較的スムーズに改善することもあります。ただし、専門的な部品交換は専門業者に依頼したほうがトラブルは少ないでしょう。東京都にお住まいの方で、水回りシャワーから水漏れが生じた場合は水回り専門業者に依頼するほうがお得です。放置しているとある日水が完全に止まらなくなることもあるので注意が必要です。

エリア情報
東京都

水回りを掃除しても思うようにキレイにならないという場合は、こんなことが考えられます。例えばお風呂などで髪の毛をそのまま流してしまうと、ゴミなどと絡まりうまく流れません。最近ではお掃除用のワイヤーなども売られていますが、それでも上手に撮れない場合や、逆にやりすぎてパイプを傷つけてしまうこともあります。実は水回りの掃除で大敵なのは水滴を残すことです。水滴を残すとカビ・水垢・サビなどの原因になります。東京都にお住まいの方で、水回りを掃除しても思うようにキレイにならないといった場合は、水回り専門業者に清掃を依頼をしてはいかがでしょうか。我々専門業者は専用の道具を使い、水回りの掃除などもきれいに行います。

エリア情報
東京都

トイレ水回りのタンクが止まらないというトラブルは、意外なことで発生することもあります。例えば、タンク内の節水用に入れているペットボトルが部品にあたってしまい、故障につながったというケースです。この節水という方法が意外とトラブルにつながることが多いようです。もしペットボトルなどを取り外すのが嫌だという場合は、タンクの動きを邪魔しないような位置にペットボトルおくなどすると改善される場合があります。それでも直らない場合はトイレ内部の部品を交換することになります。トイレ水回りのタンクが止まらない場合の対処方法は素人ではわからないことが多いはずでしょう。東京都にご在宅であれば、電話一本で駆けつけてくれる水の修理業者に依頼してみましょう。すぐ原因を追及して、何が悪いのかを判断してくれます。

エリア情報
東京都

水回りのパッキンが劣化した場合は、すぐ取り替えたほうが良い場合があります。どれほど蛇口の栓をきつくし締めてもぽたぽたと水が垂れ続けてしまうと、最終的には水道料金に関係してきます。パッキンは消耗品なので、長いこと使っている水道だととっくに消費期限を越えていた、なんてこともあり得ます。もし、ご自分でパッキンの交換・修理ができないなら、専門の業者に修理を依頼するのが一番早い方法です。水道などの水回りは劣化が年数でなく使い込んだ回数だともいわれっています。そのため、同居人が多ければ多いほど、劣化は早くなります。水回りのパッキンが劣化した場合は、もしかしたらパッキン以前に、水道管などの内部が相当劣化しているのかもしれません。水漏れと一口に言っても原因は色々です。もし、東京都でそのようなお悩みを抱えている人がいましたら、プロである水回りの専門業者に依頼してみませんか。

エリア情報
東京都

東京都で屋外水回りの蛇口からの水漏れにお悩みの方はいませんか。屋外水回りの蛇口から水漏れがあったという場合、理由は蛇口だけではないかもしれません。それはコンクリート製の排水枡などが経年劣化でパイプとの接続部・底面に穴や隙間が空いて、そこから排水が漏れるということもあります。水漏れのサインというのは案外厄介なことがあります。ただし新築でないかぎりは、ある種の劣化を示していることもあるので見逃さないようにしましょう。もし、野外水回りの蛇口から水漏れが起きている場合は、すぐに水修理業者に依頼したほうが状態が把握できます。蛇口の問題なのか、水道管の問題なのか、はたまた公共の水道パイプが原因なのか、様々な可能性が存在します。場合によっては都道府県から補助金が出る可能性もあるため、水修理業者に細かい調査を依頼するようにしましょう。