練馬区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都練馬区

水回りのそばにある食洗器の排水が上手くいかないという場合は、実は本体の問題でなく、排水管が詰まっていたという理由もあります。排水口のひどい臭いを部屋に充満させるのなら詰まりが原因だという判断になりますが、中には毎日の汚れが蓄積して詰まっているという場合だとわかりにくいこともあります。そんな場合は、やはりプロの水修理業者さんに依頼して確認するしかありません。もちろん、食洗器の異常だと考えて業者に修理を依頼する可能性もありますが、こればかりは見てもらわないとわからないこともあります。もし、練馬区にお住まいの方で、水回りそばにある食洗器の排水が上手くいかないとお悩みなら、水の専門修理業者に依頼してみましょう。ただし、機械自体の問題の場合は水の専門修理業者では対応できない場合があるため、注意が必要です。

エリア情報
東京都練馬区

練馬区で、キッチンの水回りの排水にお悩みの人はいませんか。キッチン水回りの排水が悪いという場合、何か原因があるはずです。掃除中にスポンジを落としてしまった、フォークや箸などを落としてしまったということがあると排水にトラブルが起きます。キッチンの排水口の掃除をする際、手が滑ってスポンジ中に落とすというのもよくあるトラブルです。またフォークなどは内部の部品に傷をつけて、水漏れが発生させることもあります。そういったものが詰まった場合は、針金や歯ブラシ、柄の長いものでひっかけて早く取りましょう。ただし、それでも解決しないキッチン水回りの排水トラブルや、詰まりといった問題は水回り専門業者に依頼しましょう。特にキッチン周りの排水は、毎日の家事にも影響が出てきます。問題が起きたら即解決、これが大切です。

エリア情報
東京都練馬区

オムツを間違ってトイレに流してしまい、水回りが悪くなった場合は、まず自分で、ラバーカップでとれるかどうか確認してみましょう。もちろん、何事もなく水が流れているなら問題がありませんが、つまりそうなら水は流さないですぐ業者を呼びましょう。やっかいなのは奥のほうで詰まった場合です。これは自分で修理しようと試して悪化した場合も含みます。そうなったら、専門業者に洗浄してもらう処理してもらうのが一番です。もし、トイレに異物を流ししまい、取れはせずともうまく流れるようになった場合でも、奥の方で「つまりの原因」となっている場合があります。練馬区にご在宅のかたで、トイレに異物を流してしまった場合、その異物が目視できないのであればまずは専門業者に依頼しましょう。

エリア情報
東京都練馬区

キッチン水回りのパイプに茶色い付着物がついているという場合は、意図して汚れていないなら、何か油ものなどを流した、または少しお手入れをさぼったということも考えられます。これらのお手入れの上手なコツは、汚れの原因になるところを、その日のうちに落とすことです。目立った汚れは固くしぼったやわらかい布でひと拭きしておきます。また、油ものの器具などを洗う場合はあらかじめ油を新聞や紙でふき取ってから洗うと余計な油が出ないので汚れにくくなります。ぜひ実践してみてください。しかし、キッチン水回りのパイプに茶色い付着物がついていると、素人ではどうしてよいかわからないことが多いでしょう。そんな時は電話一本で駆けつけてくれる水の修理業者にどうすればよいのかお電話ください。練馬区にお住みの方であれば、電話一本で対応に向かいます。

エリア情報
東京都練馬区

マンションの水回りの調子が悪く、特に夜間に水漏れなどが発生したら管理会社ではなく、直接水漏れ業者に連絡するのが良いでしょう。理由としては、管理会社を経由してしまうとそのまま対応が遅れてしまい、結果相手から損害賠償などを請求される可能性があるからです。そして、水漏れ業者に依頼をした場合、必ずその業者に水漏れの原因を書類にして残してもらうようにしてください。なぜかというと、不具合の原因が部品の劣化によるなら、修理費用を後から管理会社やオーナーへ請求出来るからです。また、自分がオーナーでも、夜中の水漏れは放置するととんでもないことになります。マンションの水回りの調子が悪い場合は、もしかしたら内部が経年劣化しているのかもしれません。練馬区で上記のことでお悩みなら、なるべくプロである水回りの専門業者に依頼してみることをおすすめします。電話1本で駆けつけてくれてすぐ修理してくれます。