大田区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都大田区

大田区の築年数が古い家の、水回りのサビが目立つという場合は要注意です。というのも赤水・サビ水は、鉄製の配管の表面に発生した赤サビが水に溶け出したものです。赤サビが溶けだしているから赤く染まってみえます。また、さびが水回りに出ているのも同様です。水道水の中には塩素が含まれているので、この塩素が酸化剤として鉄製の配管をどんどん錆びさせてしまうというわけです。築年数として1995年以前に建てられていた場合は、こまめにメンテナンスしてもらったほうが良いでしょう。築年数が古い家の水回りのサビが目立つ場合は、設備の劣化が原因で別のトラブルに発展することもあります。そんな時はなるべく水回りの専門業者に依頼してみませんか。すぐチェックして場合によっては修理してくれます。

エリア情報
東京都大田区

浴室の水回りから汚水が逆流するという場合は、排水管の詰まりが原因です。排水管で詰まりが起きていると、水が行き場を無くして、配水管を逆流しまうことになり、排水口から水があふれるようになります。シャワーを使うと、髪の毛や垢、石けんカスも一緒に排水口に流れますが、何かストッパーがあれば髪の毛やゴミは止められます。しかし、ストッパーがなかったり、まめに掃除をしていない場合は、髪の毛などが排水管の内側にこびりついてそれが詰まりになります。つまり、詰まり防ぐには日ごろからメンテナンスをしておくことが大切です。浴室の水回りから汚水が逆流するというケースは本当にこまりますね。大田区でそう言うことでお悩みの場合は、電話一本で駆けつけてくれる水の修理業者に依頼してみましょう。水回りのことは何でも対応してくれるので、あらゆるトラブルに対応してくれます。

エリア情報
東京都大田区

キッチン水回り排水溝が詰まりやすいという場合に考えられる主な原因は、水と油による汚れでしょう。また、調味料の垂れこぼしや生ゴミ、料理の残り汁などが加わると、キッチンの排水溝内部がますます汚れてしまいます。排水溝などに発生する茶色水性汚れは、具体的には油脂などが原因になります。また、排水口にたまったゴミや生ゴミをそのままにしておくと悪臭の原因になるだけではなく、最終的には排水溝を詰まらせてしまいます。そのため、こまめに掃除・洗浄が大切です。それでも水回りの排水溝が詰まるといった場合は、もしかしたら内部が劣化しているのかもしれません。詰まりやすいと一口に言っても原因は色々です。大田区でこれらのことでお悩みであれば、なるべくプロである水回りの専門業者に依頼してみましょう。

エリア情報
東京都大田区

大田区で、築年数が古いマンションの水漏れにお困りの方はいませんか。築年数が古いマンションのパイプが上手く作動しないといったケースは、すぐに水の修理業者に依頼したほうが良い場合があります。というのも、マンションでの水漏れは静かに進行していることも多く、現実に被害が出るまで気が付かないこともあります。そして気づいたときには周辺住民にも大きな損害が発生しているということもあります。各家庭に被害が出てから修理を依頼しても遅い場合が多いため、日ごろのメンテナンスも定期的に行うのも大事です。また、マンションの場合、専属の修理業者と契約している場合もありますが、そうでないのなら町の修理業者に修理の打診をしてはいかがでしょうか?また、実際に修理を依頼せずとも事前に見積もりを貰っておくだけでも、マンション運営費で修理を依頼する際に稟議などを通しやすくなりますので、おすすめです。

エリア情報
東京都大田区

築15年なので、水回り全体のリフォームが必要になったといった場合、戸建てとマンションではだいぶ事情が違います。マンションならマンションに接地する水回り設備は、マンション用の小型タイプを選んで取り付けていることが多いので、リフォーム費用も戸建住宅に比べて安い傾向があります。ただし特注品や大きなサイズの商品を選ぶというデザイン重視のマンションもあり、マンションだからと言って必ずしも戸建住宅以下のリフォーム費用になるとは限らないので注意が必要です。大田区に在住の人で築15年なので、水回り全体のリフォームが必要になった場合は水回り専門の業者に依頼してはいかがでしょうか?様々な経験を持つ水回りのプロが、あなたの希望に添ったリフォームをご提供いたします。