新宿区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都新宿区

新宿区の方で、洋式トイレのつまりでお悩みの方はいませんか。洋式トイレの水回りがつまりやすい原因の一つが、洋式トイレ内部の構造によると言われています。実は洋式トイレは内部がカーブしており、汚物を水の力で流す仕組みになっています。和式と比較しても構造がかなり違うので、詰まりやすい構造であることは確かです。配管カーブで物が詰まる、汚れ自体が堆積するなどでつまりやすくなります。日常から清掃をして流れやすくする方法をとる必要があります。ただし、トイレットペーパーなどを利用していても、トイレットペーパーは水に溶けますが、使い方が悪いと詰まりの原因になります。トイレ水回りがつまりやすいなどのトラブルがあった場合、早めに専門業者に修理を依頼するのが一番良い解決方法です。自分で無理やり修理しようとするよりも、プロに依頼したほうが早く直せるのでおすすめです。

エリア情報
東京都新宿区

オフィスの水回りがなかなかキレイにならない場合は、相当劣化している可能性があります。多くの人が共同で使う場所ですが、管理会社がしっかり清掃しているならキレイにならないというのは、劣化ということになります。そんな場合は、水の専門業者に年に2度ほど清掃を依頼するとスッキリきれいになります。また、定期的に清掃すると故障もチェックすることができます。管理会社でなく、会社独自で管理が必要な場合は定期的にチェックしてもらうと壊れにくく維持管理できます。オフィスの水回りがなかなかキレイにならないは、自分では直せないことが多いです。さらに、ある日水回りが完全に詰まってしまうこともあります。新宿区の方で心当たりがある場合、トラブルに発展しないためにも水回りの修理専門業者に依頼してみませんか。

エリア情報
東京都新宿区

洗濯機周辺の水回りの水漏れが多くなった場合、どこから水漏れしているのか確認してください。水道蛇口付近なのか、蛇腹などをつなぐパーツ部分なのか、給水ホースの付近なのかによっても変わります。排水ホースからの水漏れというのもよくあるケースで、排水ホースに穴があいていたりホースを洗濯機が潰して踏んでしまっているということもあります。実はホースも消耗品です。本来なら定期的に交換するほうが良いものです。防水パンが付いていると気が付かないことも多いようですが、穴が大きくなる前に交換してしまいましょう。また、周辺の水回りの水漏れが多くなったといった場合は自分では直せないことが多いはずです。新宿区でこれらのことでお悩みなら、修理専門業者に依頼してみませんか。

エリア情報
東京都新宿区

キッチン水回りの悪臭を感じる場合は、いくら掃除しても消えないというケースが多くあるようです。また、排水溝から上ってくる臭いはいくら掃除しても臭いが無くなる事はなく、原因が分からず困っている人もいるようです。ほとんどの排水溝は臭わないはずですが、排水トラップの汚れ・下水の臭いが排水トラップを避けて入り込んでいるというケースが考えられます。そのような場合は、排水トラップを掃除するというのが一番の方法です。それでも取れない場合は専門業者に依頼してみましょう。キッチンの水回りで異臭を感じる場合の対処方法は素人ではわからないことが多いはずです。もしも、新宿区にお住まいの方でキッチン水回りの悪臭でお悩みの場合は、電話一本で駆けつけてくれる水の修理業者に依頼してみましょう。

エリア情報
東京都新宿区

新宿区にお住まいの方で、水回りのパッキン劣化を感じている方はいませんか。水回りのパッキンが劣化してしまうと、水道の蛇口を締めても完全に水が止まらず、常に水道水が出たままになることがあります。たとえ、それが少量の水漏れでも、何時それが悪化するかもしれないと思うと放置はできないはずです。出かけている最中に水漏れが悪化、その結果あたり一面水浸しになってしまうかも知れないと考えると不安になりますよね。そんな場合は、水回り業者に依頼してはいかがでしょうか。水回りのパッキンの劣化は、通常利用による劣化以外にも、その他の要因による劣化の可能性もあります。パッキンを交換したのに、またすぐ同じように劣化してしまっては本末転倒ですよね。そうならないためにも、水回り業者への修理をお勧めいたします。