港区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都港区

浴室水回りの水アカがしつこいという場合、専用の洗剤を使う方もいるでしょう。実は水道水には、さまざまな金属イオンが入っているので、水回りを使った後に水気を拭き取らないでおくと水分だけが蒸発してイオンだけが残り、これが水アカの原因になります。本来は水を使った後に水滴を残さないというのが一番良い方法です。しかし、なかなか難しいでしょうから、お風呂などは石鹸を使った後はまずお湯のシャワーで流し、その後冷水で閉めるようにしましょう。そして、気になるところは水気を切っておきましょう。もし、浴室水回りの水アカがしつこい、上手く清掃できない場合は経年劣化が原因であることもあります。港区で上記でお悩みの方は、水回りの修理業者に依頼するのがおすすめです。なるべく早く清掃したいなら一度依頼してみてください。

エリア情報
東京都港区

港区で排水管への亀裂でお悩みの人はいませんか。水回りのパイプの排水管に亀裂が入った場合は、応急処置であるラップテープなどで巻いて交換を待ちましょう。まずは止水栓を止めて水が流れないようにします。配水管から水漏れする原因には、接続部の緩みと配水管の亀裂の2つがあります。そのままにしておくと水漏れの量が増え、大きな破損になることもあります。配水管に亀裂が入った場合には、破損の程度に応じて補修を依頼するようにしましょう。自分で交換するという方もいますが、隙間ができたり施工ミスも発生するのであまりお勧めできません。水回りのパイプの排水管に亀裂が入ったような不具合があったら、早めに専門業者に修理を依頼してみることが良い解決法です。自分で調整・修理するという方もいますが、原因が違うこともあるので専門家への依頼がおすすめです。

エリア情報
東京都港区

トイレや水回りのリフォームを考える場合、これを機会にトイレの位置を変えたいという希望があるかもしれません。トイレの位置を変更するようなリフォームをしたい場合では、移動させる場所や距離によってもできること、できないことがあります。これらは事前に水回り専門の業者に相談しておく必要があります。また、トイレといっても意外と本体価格がするのでそれも覚悟しておく必要があります。トイレ水回りをリフォームを考える時、自分では判断できないことも多いでしょう。そこで水回りの修理専門業者にリフォームの相談をしてみませんか。もし、港区にお住まいであれば、住宅全般リフォームの業者よりもより専門的な知識をもっている専門家にご相談してはいかがでしょうか?

エリア情報
東京都港区

どうしても水回りのカビが取れないという場合、専用のカビ落としの使い方が悪い可能性もあります。もしかすると、専用のカビ落としよりも、お酢やクエン酸を使うことで落ちることもあります。まず、お酢と水を4対1で混ぜてそれをスプレーしてしばらく放置します。その後、歯ブラシや浴槽用のたわしで洗ってください。その際、壁にできたカビにスプレーをしてもすぐに重力で垂れてしまので、ラップ上からおいて放置してみてください。それでも落ちない頑固なカビは、無理に落とそうとせず水回りの専門業者さんに依頼したほうが良い場合もあります。カビが発生するのには必ず何らかの理由が存在します。港区にお住まいの方で、水回りのカビでお悩みの方がいれば、専門業者に依頼することで、カビを落とすだけではなく「なぜこのカビが発生したのか」が分かるため、今後の対策にもつながります。

エリア情報
東京都港区

水回り全体の劣化を感じた時のチェックポイントはまず、お風呂ならタイルのひび割れ、浴槽にも小さいひびが発生していることがあります。またキッチンなら水道回りから水漏れする、詰まりやすくなった、シンクの下がかび臭く、臭いが取れないなどがあります。これらは、かなり劣化している証拠になります。大抵水回りの耐久年数は、10年から15年と言われていますが大事に使ってそれ以上持たせている方も大勢います。ただし、このような不具合が増えてきた場合はリフォームする時期なのかもしれません。水回り全体の劣化を感じた場合は家事に影響がでるだけでなく、不快なにおいがするときがあります。そして徐々に生活にも影響を与えることがあります。港区にお住まいの方で、上記のことでお悩みなら、早く水の修理専門業者にリフォームの相談をすることをお勧めします。