文京区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都文京区

文京区にお住まいの方で、水垢にお悩みの方はいませんか?水回りに水垢が目立ち、うまく取れない場合はお酢やクエン酸を使ってみましょう。薬局で売っているクエン酸でクエン酸水を作り、スプレー容器に入れましょう。汚れが気になるところに、クエン酸水スプレーを吹き付けてラップで湿布をします。もし相当ひどい汚れなら、3時間ほどおいておきます。その後磨きながら洗い流してみてください。また温度が高めの残り湯にクエン酸を1カップ入れ、洗面器、椅子などをつけておきましょう。寝る前につけて翌日洗うとぴかぴかになります。しかし、上記のことを試しても水回りに水垢が目立ち、うまく取れないといった不具合があったら早めに専門業者に清掃を頼んでみましょう。自分で掃除や清掃をしたいという方もいますが、本当の原因が別の場合もあるのでおすすめです。

エリア情報
東京都文京区

文京区でパイプからの水漏れにお悩みの人はいませんか。水回りのパイプの継ぎ目から水が漏れだしたというケースの中でもシンク下から水漏れしていたりキッチン床が濡れている場合があります。これは蛇口の水漏れが伝っている場合もありますが、 多くはその下の排水溝や排水管など配管やパイプ類の接合部に何等かの問題が生じていることがあります。排水パイプはS字型で湾曲したもの、直線だったり、蛇腹タイプなどがありますが、たいていは接合部分があります。これらのパーツをつなぐ部品を取り換えると直ることがあります。ただし、水回りのパイプの継ぎ目から水が漏れだした問題は水回り専門業者に依頼するほうが圧倒的にお得です。水回りのトラブルは、毎日の家事にも影響します。もちろん素人では原因不明な場合が多いでしょうから、プロに依頼したほうが迅速に修理してくれます。

エリア情報
東京都文京区

トイレや水回りの使い勝手が悪くなったというケースは、水漏れがなぜ起きているのか分からないということが多々あります。トイレの水漏れの原因の一つに、「防露材の劣化」が挙げられます。トイレタンクの内側には防露材というものがあり、これは結露防止の発砲スチロールです。しかし、これが劣化すると発泡スチロールが膨張することで、ほかの部品の邪魔をして水漏れを起こすことがあります。たとえ常に正しく清潔にトイレを使っていようとも、経年劣化で膨張してしまうので注意が必要です。「防露材の劣化」が原因の水漏れであれば、防露材を交換すれば直ります。しかし、トイレや水回りの使い勝手が悪くなった場合、素人では原因不明なことも多いです。もし、文京区でトイレの水回りお困りならば水の専門修理業者に依頼してみませんか。迅速・丁寧に修理してくれるので安心です。

エリア情報
東京都文京区

文京区にご在宅の方で、トイレの水回りでお悩みの方はいませんか。トイレ水回りがつまりやすいと感じた場合、内部のカーブ構造で詰まりやすいだけでなく、日常的に使用している間に便器の水位が上がったり水を流すと異音がする場合は何かつまっていると判断できます。つまり、つまりやすいと感じたなら、いつもと違う違和感がどこかで感じられることになります。もし、故障の予兆があるなら、故障するまえに水の修理業者さんにチェックしてもらうようにしましょう。水の修理業者というと、壊れた後に依頼するところのようなイメージがありますが、壊れる前のメンテナンスや調査などを請け負っています。調査をすることで、結果的に故障を免れて、修理をするよりも安い金額で収まることもあります。ぜひ、ご相談ください。

エリア情報
東京都文京区

水回りのパッキンがカビたという場合、実はパッキンは消耗品なので時期がきたら取り換える必要がでてきます。ひどい場合は全部取り換えということもあります。ゴムパッキンは柔らかいので、少しでも傷がつくと、そこに水分が溜まり、カビが増やしてしまいます。ゴムパッキン用カビ防止剤(市販)を塗り上からキッチンペーパーをかぶせて、さらにその上からカビ防止剤を塗ってラップで密閉し半日放置してください。これで黒いカビもしっかりとれます。また本当はカビが生えない工夫というのも必要です。水回りのパッキンがカビたというケースお手入れが行き届かないだけではないこともあります。原因がわからないだけでなく、不快なにおいがするときがあります。そんなときはなるべく早く水の修理専門業者に依頼してみてください。文京区にお住まいであれば、電話一本でお伺いさせていただきます。