台東区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都台東区

水回りがくもりがかっているという場合は、どこかが老朽化している可能性があります。例として、浴室の蛇口が劣化していると、キッチン下の止水栓からの水漏れや、キッチン下の排水栓からの水漏れなどが発生します。水漏れが起きることで、いつも以上に湿気が高くなり、水回りにくもりが発生するようになります。こんな場合は、どこから水が漏れているのかをまず確認することが大切です。原因が分かったあとは、自分でメンテナンスできればよいのですが、たいていは業者さんに依頼したほうが早く終わる場合が多いです。専門業者は素人では発見しづらい水漏れの原因や、部品の劣化に伴うパイプ破損の可能性なども調査してくれます。台東区にお住まいの方で、水回りのくもりをなるべく早く修理したいなら、一度依頼してみてはいかがでしょうか。

エリア情報
東京都台東区

浴室水回りの蛇口から水が漏れている場合、どんな風に漏れるのでしょうか。例えば浴室の蛇口から水がちょっとずつポタポタと溢れてくる、水道を止めてもまだほんの少し水が染み出てきたら、浴室の蛇口が劣化していると考えても良いでしょう。お風呂の水漏れで多いのがこの蛇口類の劣化です。大抵の場合は水栓の部品類を交換してしまえば直ることもあります。しかし、設置してから10年以上経過しているなら、耐用年数を超えている場合が多いので、交換や調整したほうが良いこともあります。浴室水回りの蛇口から水が漏れていると、いつも以上に水道代が高くなることもあります。台東区の方で、もし「最近水道代が高いな」と思ったら、水回り専門業者に依頼するようにしましょう。

エリア情報
東京都台東区

キッチン水回りのパイプに茶色い付着物がついている場合、その汚れが何によるものなのかを把握しておきましょう。一般的に、茶色い付着物はキッチンシンクのくもりや、排水口のヌメリが原因です。また、料理で使った油を流す・油が気づかずに跳ねていた場合でも、蓄積されると同様のことがおきます。油性汚れは空気に触れるとどんどんベトつき、固くなっていきます。茶色い付着物ならハイターなどを使うことで汚れ落としをすることが可能ですが、こまめに付着しないように洗浄することが大切です。自分で清掃したり、掃除できる場合もありますが、上手にできないこともあり、きれいにできないこともあります。もし、台東区にお住まいの方で上記のことにお悩みであれば、プロの水専門業者に清掃を頼みましょう。キッチン水回りのパイプに茶色い付着物がつくのはお手入れが行き届かないだけではないこともあるため、専門家ならより隅々まできれいにしてもらえます。

エリア情報
東京都台東区

浴室水回りの排水溝の汚れがなかなか取れないという場合があります。また、皮脂が酸化分解されて発生するアルデヒド臭や、排水溝の髪の毛など、タンパク質の腐敗が蓄積して汚れが取れないということもあります。排水溝の汚れなら掃除をしたり、パイプクリーナーを使う、カビならハイターなどで改善することもあります。しかし、排水溝や浴槽下のエプロンと呼ばれる部分にホルムアルデヒドや硫黄などが溜まることで発生する汚れや臭いは、素人ではなかなか落とすことが出来ません。そんなときは、専門の業者に依頼することをお勧めします。また、浴室水回りの排水溝の汚れが取れない場合は、設備の劣化が原因であることもあります。台東区にご在住の方で上記のことでお悩みの場合、専門家に依頼いただくことで様々な対策や改善策をご提供させていただきます。

エリア情報
東京都台東区

台東区にお住まいの方で、マンションの水回りでお悩みの方はいませんか?マンションの水回りの調子が悪い場合はまず管理会社などに連絡しておきましょう。基本的に、水回りの調子が悪い原因が部品の劣化によるものであれば、当然ですが管理会社が修理費用の負担義務があります。これは適切な状態に維持できていないという管理側の責任が発生します。一方で、住人が無理な使い方をしたために破損させるとそれは自己責任になります。管理側でなくて入居者に責任が発生することがありますのでご注意ください。また、マンションの水回りの調子が悪いと、素人ではどうしてよいかわからないことが多いでしょう。自分の家の範囲なのか?それともマンション自体の問題なのか?そんな時は、電話一本で駆けつけてくれる水の修理業者にどうすればよいのか相談してはいかがでしょうか。