渋谷区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都渋谷区

水回りのパイプの継ぎ目から水が漏れだした場合、ハンドルやバルブの継ぎ目、接地面、配管などパイプといった接合部分から水漏れします。このようなる場合、多くは部品を取り替えると解消されることが多いようです。自分でチェックするならまずは蛇口のどこから水漏れしているのかをしっかり確認し分解してみてみましょう。その際、止水栓を止めて行うと安全に取り替え作業ができるので必ず止めるようにしましょう。また分解したら戻す時は手順通り、元通りに組み立て直すようにしましょう。水回りのパイプの継ぎ目から水が漏れだした場合は素人では原因不明なこともあります。渋谷区で上記のことでお悩みなら、水の専門修理業者に依頼してみませんか。水漏れの原因を説明してくれるだけでなく、今後のメンテナンス方法も教えてくれるはずです。迅速・丁寧に修理してくれるのでおすすめです。

エリア情報
東京都渋谷区

マンションの水回りに異変を感じた、水漏れがあるといったケースの場合、まずは自分がオーナ-なら修理業者に依頼するでしょう。その時、マンションやアパートは特定の水漏れ業者が管理しているというケースもあります。これは、別の業者に修理されるより指定業者に頼む方がスムーズに終わることもあります。また、特別に契約しているということもあるので注意が必要です。それを知らずに、安易に別の修理業者を呼んでトラブルに発展するケースもあります。オーナーであっても管理規定をまずは確認しておきましょう。マンションの水回りに異変を感じた場合は、普段のお手入れが行き届かないだけではない別の原因が存在していることもあります。渋谷区のマンションにお住まいで、上記のことに心当たりがある人は、なるべく早く水の修理専門業者に依頼するようにしましょう。

エリア情報
東京都渋谷区

渋谷区在住の人で、トイレから水が噴き出したといったことが起きた人はいませんか。トイレの水回りから水が噴き出したというケースは、本当に驚いてしまいますね。しかし、このようなトラブルは原因が多種多様なので、普段から気をつけてお手入れをしておくと防げることもあります。そもそも、水が吹き出すという場合は、内部部品が何らかの故障があるか不具合を生じているということです。トイレは一見するとずっと使えるように思えますが、立派な消耗品です。何年も使用を続けることで、徐々に劣化していきます。トイレ水回りから水が噴き出したというトラブルの場合は、自分で悩まずになるべく早く専門業者に依頼するようにしましょう。テープなどで応急処置をして、一見治ったように見えても、それを放置することでさらに悪化する可能性がありますので、自分で直そうとしないようにしましょう。

エリア情報
東京都渋谷区

水回りのパーツがさびてしまった場合、まず一番さびの影響を受けやすいのが水道の蛇口です。さびといってもといっても必ずしも赤さびや黒さびであるわけではありません。蛇口まわりに緑色のカビのような汚れが出ることがあります。それがいわゆる蛇口回りのさびになります。これは緑青と呼ばれるもので、水道の蛇口の成分に銅が含まれて酸化するとできます。取る場合は簡単です。酸性の洗剤を塗り込み、10分くらい置いてから少し硬めのスポンジで磨いてください。かなりキレイに落ちるはずです。ただし、水回りのパーツがさびてしまった場合はたいていは設備全体が経年劣化していることが多いでしょう。渋谷区にお住まいの方で、これらのお悩みの場合は、なるべく早く水の修理専門業者に修理依頼をしてみましょう。

エリア情報
東京都渋谷区

キッチン水回りに市販のパイプ洗浄剤を使ったら、逆に詰まりが悪くなったという例もあります。これは、排水管を清掃する時に専用の排水管洗浄ブラシを使用したり、詰まり解消用の薬剤で洗浄することで、大抵の場合は1度で済みますが、詰まりがひどいと繰り返す方もいます。しかし、一向に解消されないないなら別の原因を考えるべきです。例えば、そもそも配管内部が損傷している、カビやサビなどが原因で水が流れなくなっているなどです。そういった場合、残念ながら知識のない一般人では修理することがなかなか難しくなります。もし、渋谷区にお住まいの方でそのような現象にお悩みの方がいましたら、水回り専門の修理業者への依頼をご検討してはいかがでしょうか。