足立区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都足立区

下水水回りのマス部分が水漏れしたという状態を後悔してはいけません。排水マス劣化で、排水管から流れてきた水が地下に水漏れするということもあります。この場合は、排水マスを工事してもらうしかありません。劣化して水漏れトラブルを起こしているマスの修理は、意外と時間と修理にかかることがあります。もし排水マスの劣化がしっかり補修されないと、また水漏れにつながり、地中に汚水が浸透している悪臭で気が付くということもあります。この場合はプロに依頼するしかありません。下水水回りのマス部分が水漏れした原因は素人ではわからないだけでなく、不快な状態に発展することもあります。足立区で上記のことでお悩みなら、なるべく早く水の修理専門業者に修理を依頼してみませんか。迅速で丁寧な作業を行いますので、ご安心ください。

エリア情報
東京都足立区

浴室の水回りの水の出が悪いというのは、蛇口に何等かの不具合があることが多いようです。排水管を流れてきた水を、バルブを操作することにより水の流れや量を調整するのがカラン(蛇口)です。蛇口に不具合などが発生してしまうと、水の出が悪くなるだけでなく、色々なトラブルが発生することもあります。最近はバスタブからお湯を直に出すタイプもありますが、それも同様です。また蛇口には、そのほとんどにフィルターが装着されていますが、ここが詰まると水が出てにくくなります。ここを掃除すれば出やすくなりますが、一時的な解決であって根本的な解決にならないこともあります。足立区にお住まいの方で、浴室の水回りの水の出が悪いといった場合は、なるべく水回りの修理業者に依頼してみるのが一番良い解決方法です。

エリア情報
東京都足立区

キッチンの排水口に油を流してしまったといった場合は、後でそれが排水溝のつまりに発展することがあります。特に植物性でなく動物性油を流してしまうと、油自体が水に溶けないため、その汚れが蓄積してしまいます。これが蓄積して一層汚れが付着していきます。スーパーなどで油を固める薬剤が売っているのはこう言うことを防ぐためです。もし、油を流してしまっても、何事もないならしばらくは様子を見ますが、詰まってきたと感じるならパイプクリーナーなどを使ってみてください。また、普段の洗い物は油ものはなるべくふき取ってから洗うようにしましょう。足立区在住の方で、キッチンの排水口に油を流してしまったことが原因で詰まったと思われるときは、水回りの修理業者へ修理の依頼を出しましょう。油が原因であろうとも、なかろうとも適切な処置を致します。

エリア情報
東京都足立区

オムツを間違ってトイレに流し、水回りが悪くなったというケースや、異物を落としたということでトイレを詰まらせてしまう人は多く存在します。これは生活していると仕方のないことかもしれません。意外と知られていないことですが、トイレには基本的にトイレットペーパー以外を流してはいけません。これはペットのフンや、ティッシュなどもそれに該当いたします。これらを流すと、一見すると流れたように見えても実は奥で詰まっていた、ということがあり得ます。もし、これらの異物を流してしまった場合、真っ先にすべきことは「異物が目視できるかできないか」を確認することです。目視できる場合、針金を使うなどで取る方法もありますが、目視できないからと言って水を流すのは絶対にやめましょう。もし、足立区にお住まいの方で、異物をトイレに流してしまった場合は、早急に水の修理専門業者に依頼するようにしましょう。

エリア情報
東京都足立区

最近なぜか水道代が上がった場合は、調子が悪いというよりもどこかで水漏れが発生している可能性があります。これは放置しておくと、数か月後には数万円単位で跳ね上がっていたなんてことがあり得ます。水道代がいつもと違うということに気が付くのは、毎月の引きと落としや支払いを確認するしかありませんが、たいていは相当後になってから不具合に気が付きます。そんな場合は何かが問題なのか、どこから水が漏れているのかをまず確認してみましょう。いくつかの水場を確認し、水漏れが確認できればいいですが、確認できない場合は目視できない箇所で水漏れが起きている可能性があります。足立区にお住まいの方で上記のようなことにお悩みの場合は、専門家に調査を依頼するようにしましょう。様々なノウハウを持った水回りのプロが、あなたのお悩みを解決します。