江戸川区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都江戸川区

江戸川区の人で、水回りのくもりで悩んでいる人はいませんか。水回りがくもりがかっているといった場合は、どこからか水漏れが生じているはずです。例えば、浴槽ならパイプ接続部から水が染み出している、シャワーヘッドから水が漏れている、蛇口が締まっている感じがしないといったケースでしょう。これらはすべて水のトラブルによるものです。放置しておくと水回りに余計な水分を発生させて、くもりがかっているように見えます。また、さらに進むとカビが大量に発生する原因にもなります。もし、水回りがくもりがかっている場合は水漏れしているのかもしれません。こんな場合は水の専門業者に依頼してみるのが一番良い解決方法です。自分で修理するよりもよっぽど早く直せます。電話一本で駆けつけてくれるのも便利です。

エリア情報
東京都江戸川区

雨が降るとベランダの水回りの排水が悪いというのは、排水口自体が劣化しているということもあります。軽度な状態ならパイプクリーナーなどで改善できますが、酷くなると専門的な清掃が必要になることもあるでしょう。排水が悪いと一口に言っても屋外配管が割れている、排水口からの水が漏れている、配管に亀裂が入っているといった色々な原因が考えられます。その原因を究明するなら、水の修理業者に依頼したほうが早くわかることがあります。ベランダの水回りなどのトラブルはプロの水回りの修理業者に依頼するのが一番です。素人目線だと、どうして排水が悪いのかわからないことが多いはずです。江戸川区の人で、なるべく早く修理したいなら一度依頼してみてはいかがでしょうか。

エリア情報
東京都江戸川区

江戸川区の人で、水回りの排水にお悩みの方はいませんか。一見、水回りの流れが順調そうに見えても、排水が十分にできていない状態が続くとどうなるのでしょうか。まず、排水口に流されそのままになっている髪の毛や油に含まれた雑菌が繁殖することになり、ドロヘドロになるだけでなく、そこから悪臭を放つこともあります。排水ができないというのは排水に何か詰まっているのか、排水がどこか傷んでいるのか、何らかの理由があるはずです。もちろん、市販品で洗浄する方法もありますが、それでも流れない場合はプロの水回り修理業者に依頼したほうが早いでしょう。特に、排水に不具合が出ると、なんの前触れもなく突然排水ができなくなり、床下への水漏れなどが起きる原因にもなるので、注意が必要です。

エリア情報
東京都江戸川区

江戸川区の人で、屋外水回りから汚水が逆流してくる、それどころか排水管の詰まりを抜いて貫通させたはずなのに、排水不良が改善されないとお悩みの方はいませんか。つまりがないはずなのに、排水に不具合が発生しているというケースもあります。こんな場合は排水管カメラ調査という方法で調べてくれるプロの水業者さんもいます。水管清掃をしたのに流しの水の流れが遅いなど、何が原因なのかを探ってくれます。ファイバースコープとCCDカメラで、パイプの内部も詳しくわかります。ポンプなどの屋外の水漏れは原因がわからないだけでなく、不快なにおいがすると、周囲のお宅にも迷惑をかけてしまうこともあります。屋外の水回りで汚水の逆流が見られた場合は、素早く水の修理専門業者に修理・調査を依頼するようにしましょう。

エリア情報
東京都江戸川区

屋外水回りの悪臭異臭がひどいというときの原因の多くは、流れそこなった汚れに雑菌が繁殖していることが原因です。そうなると、廃水が流れないというだけでなく悪臭や、ぬめりなど外にあっても放置しておけない問題になります。本来は廃水を詰まらせないということが大前提ですが、自分で調べても詰まりがないと見えるケースもあります。しかし、実際にプロが調査してみたら、水道管が中で劣化・破損しているということも多々あります。こう言ったことは素人ではなかなか判断が付かない部分になるため、江戸川区の屋外回りの悪臭異臭でお困りの方は、プロの水修理業者に依頼してはいかがでしょうか?また、屋外の水漏れから発生する嫌な臭いは不愉快なだけでなく、周囲のお宅にも迷惑をかけるかもしれません。そうならないためにも、早急な対策が必要です。