豊島区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都豊島区

キッチン水回りの排水が悪いと、水はけが悪いだけでなく、悪臭のもとになることもあります。また、水栓の水漏れがシンクを伝って、シンク全体が水浸しになるということもあります。水漏れだけでなく、排水に問題があっても問題になります。また、シンクの裏は木製のケースも多く、木が腐ってしまうこともあるので注意が必要です。排水の問題点から水漏れを判断するなら、水の専門業者に依頼するしかありません。部品を交換することで改善することもあります。キッチンの水回りの排水が悪いのは素人では原因不明なこともあります。豊島区でこれらのことでお悩みなら、水の専門修理業者に依頼してみませんか。排水が悪い原因を説明してくれるだけでなく、今後のメンテナンス方法もお教えいたします。また、迅速・丁寧に修理をすることをお約束します。

エリア情報
東京都豊島区

豊島区で、キッチンの排水溝つまりにお悩みの方はいませんか。キッチン水回り排水溝が詰まりやすいという方は、一度使い方を見直してみてください。というのも食材カスが蓄積してしまった場合、それがもとで詰まることがあります。食材のカスがつまると、少しずつ水の流れが悪くなるだけでなく、なんだか流れが悪いと思っていたらある日なんの前兆も無く詰まることもあります。まず、キッチンの排水溝が詰まりやすいと感じたら、排水口用やパイプ用洗剤で洗浄してみてください。それでも治らない水漏れや、排水トラブル・詰まりなどがあったら自分で解決しないでなるべく専門業者に依頼してみるほうがよいでしょう。詰まりやすいというのは、もしかしたら水道管自体が劣化している場合もあります。そうなると、自分で修理するのは厳しく、専門家に任せるしかありませんので注意が必要です。

エリア情報
東京都豊島区

屋外水回りの蛇口から水漏れがあった場合、経年劣化ということが考えられることもあります。しかし、パーツの不具合だけとは判断しかねることもあります。外にあるものなので、内部とは少し状態が違うこともあります。パイプの劣化による水漏れが起こる目安というのは、大体10年と言われています。また、漏れているのがどの場所なのか、古くからあるひねるタイプなのか、比較的新しいタイプなのかによっても修理方法が変わります。屋外の蛇口の水漏れトラブルは、プロの水回り業者に依頼するのが一番良いです。屋外の水回りに関しては屋内と違い施工方法も違うことがあります。もし、豊島区にお住まいの方でなるべく早く修理したいなら無理やり自分で直そうとせずに、一度依頼してみることをおすすめします。

エリア情報
東京都豊島区

水回りのヌメリが取れないというケースの中に多いのが、キッチンの排水口のヌメリです。この排水口にはゴミを受け取るキャッチャーをはじめ、排水口はU字型になっており、臭いを防ぐ排水トラップ、下水に水を流す排水パイプなど意外と複雑です。しかし、長年使っていると、食べかすや油汚れ、水垢等がぬめりとなってこの部品を汚してしまいます。そのため、日ごろからこまめに掃除をする必要があります。もし、日ごろから掃除をしているのに取れない場合は、純粋な汚れ以外の他に別の原因があることもあります。その場合は専門業者さんに修理・調査を依頼するようにしましょう。豊島区にご在住の方であれば、様々な専門家の観点から、あなたにあった対策をお伝えいたします。

エリア情報
東京都豊島区

屋外水回りのパイプが凍結した場合、外の水道管に熱湯をかけたり、ドライヤーで温めようとする方が結構多くいるようです。しかし、これが水道管を破裂させてしまうこともあります。水道管が一旦破裂してしまうと、かなりの出費を要してしまいます。水道管の凍結が起きているという場合は自宅だけではなく、その周辺全ての家でも同じように水トラブルが発生している可能性もあります。こんな時は水道管が凍結しそうだと予測されるなら、前日から少しずつ水をチョロチョロ出しておくことです。水が常に循環することで、水道管の凍結を防げる可能性があります。豊島区にご在宅で、水道管が凍結した場合は、自己判断で対処を行わずに、電話1本で駆けつけてくれる水の修理業者に相談するようにしましょう。