荒川区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都荒川区

荒川区にお住まいの方で、オフィスの水回りにパーツの腐食を発見した場合、すぐ管理会社に相談してみましょう。理由としては、もしかしたら管理会社と直接契約している業者がいるかもしれません。もし、自分達で管理が必要なら、水の修理業者に連絡しましょう。パーツの腐食だけで交換することで改善するなら良いのですが、中には内部まで浸食していることもあります。そんなことがないように、必ず専門業者さんにチェックしてもらうことが一番良い方法です。また、たいていは腐食があると内部まで傷んでいることがありますのでご注意ください。オフィスの水回りにパーツの腐食などがあったら、早めに専門業者に修理を依頼するのが一番良い解決方法です。自分達ではどうすることもできないのでプロに依頼したほうが早く直せます。

エリア情報
東京都荒川区

荒川区の方で、浴槽のお湯を排水すると、洗い場の水回りから水が逆流する現象で悩んでいる方はいませんか?この原因はずばり、配水管の詰まりです。お風呂の配水管と洗い場は同じ排水管を使っています。また、水が逆流する場合は、排水管接合部の先で詰まっているということも考えられます。特にマンションなどは個別排水の先端は共有排水竪管になっているので、ここが詰まるとその上の階も逆流していることがあります。マンションならすぐ管理会社に伝えてしまったほうが早く修理でき、無用なトラブルも避けられます。また、浴槽のお湯を排水すると、洗い場の水回りから水が逆流することがある場合は自分では直せないことが多いです。そんな時は修理専門業者に依頼してみせんか?確実に修理してくれるだけでなく、上手にメンテナンスもしれくれるのでおススメです。

エリア情報
東京都荒川区

トレイ水回りの使い勝手が悪くなった場合は、どこが使い勝手が悪いのか調べてみてください。例えば水が流れない、流れにくいならタンク内のゴム玉が溶けて隙間から水漏れしているというケースも考えられます。また、このゴム玉というのはトイレタンク内にありますが、このゴム玉はトイレの水漏れを防ぐ役割も持っています。ただし、ゴム玉が劣化すると、水漏れの原因になってしまいます。また、ゴム玉が原因ではない場合もあります。タンク内でサビが侵食している、地震などの影響でタンクの一部が破損しているなどといった原因もあり得ます。特に、壊れてしまってからでは交換するしかできませんが、壊れそうなときであれば修理で間に合う可能性があります。荒川区にお住まいの方で、トイレなどの水回りで困ったら専門の業者に依頼するようにしましょう。

エリア情報
東京都荒川区

築年数が古いマンションのバルブが上手く作動しないという場合、修理を検討するかと思いますが、マンションは戸建住宅などとは修理費用や方法が異なります。実はマンションの場合は、管理規約に従って修理を必要とすることがあります。管理規約などでも専有部は原則交換不可、電圧の変更不可、エレベーターの使用時間など厳格な規定があるところもあります。バルブが作動しない場合、共用部に関係があるなら管理会社に伝えてから修理をするようにしましょう。共同住宅の場合のバルブの修理は気を付けることがたくさんありますので、ご注意ください。築年数が古いマンションのバルブが上手く作動しない場合は経年劣化が原因であることもあります。荒川区在住の方で、上記のことでお悩みの場合、水回りの修理業者に依頼するのがおすすめです。

エリア情報
東京都荒川区

荒川区にお住まいの方で、水回りの蛇口の動きが鈍く悩んでいる方はいませんか。この原因としては、パーツや劣化という問題があります。蛇口は長年使っていると、ハンドルの操作が固くなってきます。この原因としては主にバルブの故障や劣化が非常に多いです。そして、これらの解決策のほとんどがバルブの交換になってしまいます。もし自分で交換するなら止水栓や元栓を閉めて水が出ない状態一旦してから、ハンドルを外し、次にナットを緩め、バルブ取り外して交換します。いうととても簡単なようですが、実際に一般の方が行うと慣れないこともあり、難しいこともあります。水回りの蛇口の動きが鈍いというケースは、素人ではどうしてよいかわからないことが多いと言われています。そんな時は電話1本で駆けつけてくれる水の修理業者にどうすればよいのか確認してみてはいかがでしょうか。